完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

ぽっこりお腹の原因

2019.02.06

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です★

 

ダイエットするにあたって大事なのが

太ってしまった原因を知ることです。

今日は特に悩んでいる人が多い

「ぽっこりお腹」になってしまう原因について

見ていきます。

 

 

▼ 中年以降の男性は内臓脂肪に肉がつきやすい

40歳前後では老化の影響が

ぽっこりお腹の原因につながることがあります。

老化によって体の様々な細胞や器官が衰えてしまい

基礎代謝が低下してしまいます。

基礎代謝が落ちると

摂取カロリーを消費することができず

余ったエネルギーが内臓脂肪として

お腹に蓄積されてしまいます。

 

 

▼ 筋肉量が減ったことにより内臓が下がるため

お腹太りは必ずしも脂肪によるものだけとは限りません。

筋肉量が適正であればインナーマッスルという

体の深層の筋肉が関節や器官を正しい位置に

保ってくれます。

しかし、運動不足などにより

インナーマッスルの筋肉量が減少し

機能が低下してしまうと

胃や腸といった内臓も下垂してしまうことがあります。

その結果、お腹が張り出してしまい

ぽっこりしてしまうのです。

 

それに加えて内臓機能が低下してしまうと

消化吸収がスムーズにできなくなり

脂肪が蓄積されやすくなってしまうので注意が必要です。

 

 

▼ ストレスによるお腹太り

ストレスが溜まると食べることによって

ストレスを解消させるという人が多いと思います。

ストレスを溜めすぎてしまうと

ドーパミンというホルモンが過剰分泌されることがあります。

ドーパミンには食欲を増大される働きがあり

これがストレスが溜まったときに

過食に走りやすくするメカニズムとなっています。

運動や趣味などでリフレッシュされるなど

日ごろからストレスを溜めすぎない工夫が大切です。

 

 

▼ 暴飲暴食

上記のように、ストレスは暴飲暴食を促します。

もちろんストレスがなくても普段から暴飲暴食を

行っている方は注意が必要です。

暴飲暴食をすると一時的に大量のカロリーを摂取するため

消費しきれず脂肪として溜め込んでしまいやすいです。

 

 

▼ 出産後のお腹太り

妊娠中から出産直後は体を安静にさせているため

基礎代謝が低下してしまいます。

また、女性ホルモンであるエストロゲンが減少するだけでなく

骨盤が横に広がってしまうことで

さらに代謝が低下しやすくなります。

だからといって出産後に急に運動をするのは危険なので

出産後は食事量をコントロールしながら

焦らずにゆっくりとダイエットを始めていきましょう。

 

 

このように、原因によってダイエットの取り組み方が

変わってくるのがわかると思います。

当てはまるものはありましたか?

 

お腹だけとは限らず

まずは原因を知りましょう!

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っております。

 

ダイエットしているのになかなか痩せないという方は

ダイエットのやり方に何か問題があるかもしれません。

 

当局では週に1回の定期的なカウンセリングや

体調チェックも行っているので

一人ひとりに合ったサポートができます。

 

ダイエットでお悩みの方も

もちろんそれ以外の体調でお悩みの方も

お気軽にご相談ください☆

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

Twitter ▶ KANPORO1

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店☎045-718-6801

桜木町店☎045-341-4823

 

                                                                 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)