完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

ダイエットに最低限の糖質が必要な理由

2019.12.02

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

 

ラーメンや丼ものは多くの日本人が好むメニューですよね。

ただ、これらの食事から摂取する糖質量は

かなりのものになってしまうため

「炭水化物=ダイエットの敵」と考えてしまう人も

少なくありません。

「糖質制限ダイエット」なる言葉がそのことを

端的に表しています。

 

しかし、極端な炭水化物断ちはダイエットには

実は不向きなのです。

今日は炭水化物と体重の関係性について

ご紹介していきます!

 

体重を落とそうとすればご飯やパン、

じゃがいも、パスタなどの炭水化物を

避けるべきと言われてきました。

ですが、炭水化物はダイエットに必要で

避けるべきではないのです。

炭水化物を含む食事は脂肪燃焼に役立ち

十分な炭水化物を摂取しないと代謝率が悪くなるため

体重が落ちにくくなります。

 

炭水化物の摂取を少なくしているのに体重が減らないのは

明らかに炭水化物の総摂取量が少なすぎるということを

示しています。

特に規則的に運動をしている場合には当てはまります。

 

脂肪過多の人は低炭水化物ダイエットによって

持続的に脂肪を減らせますが

だからといって炭水化物の摂取を完全に

やめるべきではありません。

中にはダイエットに適した炭水化物もあるため

適切な食物から適度な炭水化物を摂取するのが良いです。

 

特にお米はに含まれる炭水化物は細かく砕けて

ブドウ糖を発生させて血流に入っていきます。

そして筋肉と脳の主要なエネルギー源として使われるので

身体を動かすのに必要な燃料に当たります。

この燃料が不足していると常に甘い物を欲するようになり

過食につながってしまいます。

ダイエットのための炭水化物断ちのせいで

体重が増加してしまっては元も子もないです。

 

1日のうちで最も活動的なタイミングの足しになるように

うまく炭水化物を摂取するよう心掛けてみましょう。

 

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)