完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

梅干しは焼いて食べるべし★

2019.04.07

 

 

皆様こんにちは(●´ω`●)♪

スタッフの美憂です★

 

今日は、簡単にできる「焼き梅干しダイエット」

ご紹介します(^▽^)/

ダイエットのサポートや

アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

焼き梅干しとは名前の通り

梅干しを加熱して食べるだけというダイエットです。

焼く工程がありますが

普通に食べるのとは何が違うのでしょうか?

早速見ていきましょう(^▽^)/

 

 

▼ やり方

・食事制限はしなくて良い

・焼き梅干しを1日3粒食べる

 

これだけです!

1日3粒というのは1度の食事で3粒ではなく

朝、昼、晩とわけて食べることがポイントです。

 

 

▼ 使う梅干し

基本、どの梅干しでも焼き梅干しを作ることはできます。

ただ、ダイエット目的で梅干しを食べるなら

減塩タイプがオススメです。

塩分が濃かったり、糖分の多い蜂蜜漬けの梅干しだと

ダイエットには不向きになってしまいます。

梅干しを買う際は塩分量などを気にしてみてください。

 

 

▼ 焼き梅干しがダイエットに良い理由

主な成分は以下の3つです。

・クエン酸

・バニリン

・ムメフラール

一つずつ説明していきます。

 

① クエン酸

クエン酸は酸っぱい成分★

クエン酸には血流の流れを良くする効果があり

代謝が良くなります。

代謝が良くなると痩せやすい体質になるので

ダイエットに効果的だと言えます。

 

② バニリン

バニリンとは、私たち人間が口にする食材の中で

梅干し以外ほぼ含まれていない成分です!!

このバニリンこそがダイエットに効果的で

小腸で吸収されたバニリンは

脂肪細胞を刺激します。

刺激された脂肪が燃焼し小さくなるので

体重が減ることに繋がります。

 

そして、梅干しを加熱することによって

このバニリンは20%アップします。

一度加熱したバニリンは減ることはないので

作り置きもできます(^▽^)/

 

③ ムメフラール

生梅や梅干しには含まれていない成分で

梅干しを加熱することによって

糖の一部とクエン酸が科学反応を起こし

結合することで生まれる成分のことです。

 

ムメフラールの一番の効果は「血流改善」です★

血流を改善する効果のある食材は

玉ねぎなど他の食材もありますが

ムメフラールの場合それらとはレベルが違い

血流改善の特効薬なんて言われています。

 

ムメフラール効果で改善された血流は弾力を持ち

形が柔軟になるので血流の流れが速くなります。

結果、体内の老廃物を素早く除去することが可能になります。

 

また、体の代謝を促進して基礎代謝を高め

ダイエット効果を促したり、疲労回復にも効果的。

同時に代謝が上がることによって

肌の代謝も促進することができて

美肌やアンチエイジングといった効果にも

つなげることができます!

 

バニリン同様、ムメフラールも焼き梅干しが

冷めてしまっても無くなることがないので

作り置きが可能です(^▽^)/

 

 

▼ 焼き梅干しの作り方

*フライパンで焼く。

→梅干しをフライパンで油をひかず素焼きで加熱。

 弱火でじっくりと焼く。

 

*電子レンジを使う。

→500wで1分加熱するだけ!

 オーブントースターやグリルで焼くのも良いですが

 電子レンジが一番簡単です。

 火も使わないので焦げる心配もありません!

 

 

いかがでしたか?

梅干しは加熱することで酸味が和らぎ食べやすくもなります。

栄養面もプラスされるので酸味が苦手な方や

お子さんでも食べやすいかと思います。

 

そもそも梅干し自体、美容、健康効果絶大で

焼くとさらにダイエット効果もプラスされるので

最強の食材と言えます。。★

 

一番はじめに食事制限なし、食べるだけでと言いましたが

あくまでもバランスの良い食事を

心がけてくださいね♪

例えば、「フライドチキンと梅干しで痩せよう」

ということではありませんのでご注意ください!

 

では、また更新します♪

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

横浜桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

 

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (46)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)