完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

甘い物は食後すぐに食べましょう

2019.05.23

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

皆様はいつ甘いものを食べていますか?

3時のおやつとして食べている方も

多いのではないでしょうか。

 

実はこれは逆です!

間食として食べると太りやすく

食後すぐに食べるのは太りにくい

ということです。

 

どういうことなのかご説明していきます。

 

間食として食べるのが常識だったけど

食事で血糖値が上がっているところに

甘い物の血糖もプラスされてしまうと言われていました。

血糖が余ってしまい、これが脂肪に変わってしまうので

甘い物は食後には避けた方が良いとされていました。

 

実は間食のスイーツは危険

お腹が空いている時に甘い物を食べると

血糖値が急激に上がり内臓は消化活動を

やめてしまうので

余計なものを溜め込んでしまうことになります。

さらに急激に上がった血糖値を下げるために

インスリンを大量に分泌するのですが

インスリンには血糖値を下げる時に

糖分を脂肪に変えてしまう働きがあります。

 

空腹時甘い物を食べる

血糖値が上がる

インスリンを分泌する

糖分を脂肪に変える

 

という悪循環が生まれてしまいます。

 

甘い物は食後すぐに食べると太りにくい

食後は血糖値の上昇も緩やかなので

脂肪の蓄える働きも抑えることができます。

また、お腹がある程度満たされている方が

甘い物も少量で済むというメリットもあります。

 

普段の食事も野菜やキノコから食べよう

よく言われている「ベジファースト」というダイエット法。

食事の最初に野菜やキノコを食べることで

後から食べる糖の吸収スピードが穏やかになり

血糖値が急上昇するのを抑えられます。

これは食物繊維の作用で抑えられるので

食物繊維が多いものを食べましょう。

 

甘い物を食べる時は温かい飲み物と一緒に

温かい飲み物は冷たい飲み物よりも

胃に満足感を与えてくれるので

食欲を落ち着かせたいときにオススメです。

 

食欲を我慢しすぎてはいけない

ダイエットするぞ!と意気込んで食欲を我慢しすぎるのも

実は良くないです。

空腹時間が長すぎると筋肉を分解してしまう働きを持つ

コルチゾールというホルモンが分泌されます。

これにより脂肪が燃えにくい身体になってしまうのです。

 

 

間食がなかなかやめられないという方は

食後すぐに食べるように習慣づけるようにしましょう!

 

では、また更新します★

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)