完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

捨てるなんて勿体無い!!普段捨ててしまっている食材が実は身体に良い?

2021.06.19

こんにちは・:*+.\(( °ω° ))/.:+

KANPORO松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

コロナの影響で以前と比べて外食がかなり減った・・・

という人も多いのではないでしょうか?

 

外食は自分でご飯の支度をすることが無いので手軽になるとは思いますが。

どうしても塩分や添加物などが多くなってしまうため、むくみや体調不良の原因と

なってしまいます。

 

今は外食をしないで自炊している人も多いかと思いますが、大根やカブの葉っぱなど

捨ててしまっている人も多いのでは無いでしょうか?

 

実は普段捨ててしまっている食材には栄養価が高いものも多く、捨ててしまうのは

勿体無い食材が多いのです。

 

今日は普段捨ててしまっている食材が実はダイエットに良いと言われる理由に

ついて載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • サツマイモの皮に含まれる栄養とその効果
  • 大根の葉っぱに含まれる栄養とその効果
  • 玉ねぎの皮に含まれる栄養とその効果
  • かぼちゃの皮・タネ・ワタに含まれる栄養とその効果
  • ベジブロスとは?

 

サツマイモの皮に含まれる栄養とその効果

 

捨ててしまいがちなサツマイモの皮ですが、どんな栄養があるのでしょうか?

 

① 食物繊維

 

サツマイモの実にも食物繊維は含まれていますが、皮が含まれた状態で食べること

でさらに食物繊維を摂取することが出来ます。

食物繊維は便の材料にもなることや、腸内環境を整えることで、便を排出

しやすくする効果があると言われていることから便秘の解消に繋がります。

 

また、食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えてくれる働きがあるため、

血糖値の急激な上昇を抑えることで、太りにくい習慣を作ることが出来ます。

 

② クロロゲン酸

 

クロロゲン酸はサツマイモの近くに多く含まれていて、アクの成分になります。

クロロゲン酸の効果は2つ

 

★  抗酸化作用

 

抗酸化作用は身体の老化の原因となる酸化を防ぐことが出来ます。

私たちは生きていくのに呼吸・皮膚呼吸を行っていますが、呼吸をすることで

身体の中に酸素を取り込み、それが酸化することで老化の原因となります。

取り込んだ酸素の一部は活性酸素となり、身体の中のウイルスや細菌をやっつけて

くれる働きもあるのですが、活性酸素が増加してしまうと健康な細胞も攻撃して

しまうとも言われています。

 

活性酸素を増やさないように抗酸化作用のある食材を摂り、老化を防ぎます。

 

☆ 免疫力の維持

 

免疫力が下がってしまう原因の1つとして上記の『活性酸素』が関わってきます。

免疫力の低下は風邪が引きやすくなってしまうだけでなく、他にも身体に様々な

悪影響を与えてしまいます。

 

サツマイモの皮に含まれるクロロゲン酸を摂ることで、免疫力の低下を防ぎ

免疫力を維持することが出来ます。

 

③ アントシアニン

 

あまり耳にしない言葉だと思われる『アントシアニン』はポイフェノールの

一種と言われています。

 

・毛細血管の強化や保護

・血液循環の向上

・水晶体や角膜に含まれるコラーゲンの安定

・眼精疲労の改善

 

などに効果があることから、視力の改善にも繋がると言われています。

また、クロロゲン酸と同様に抗酸化作用も含まれています。

 

 

捨ててしまいがちなサツマイモの皮ですが、健康に良い栄養が豊富に含まれている

ので、是非皮を捨てずに食べるようにしてみてください。

 

 

大根の葉っぱに含まれる栄養とその効果

 

大根は根・茎・葉3つに分けられ、大体の人は葉の部分を捨ててしまっている

人も多いのではないでしょうか?

捨ててしまいがちな葉の部分にもたくさんの栄養が含まれているため、

捨てずに食べてほしい食材になります。

大根の葉っぱにはどんな栄養が含まれているのでしょうか?

 

① ビタミンA

 

★ 美肌効果

 

・皮膚や粘膜の新陳代謝を向上させる効果

・肌の基礎代謝を上げるため、シワやシミを防ぐ効果

・肌のターンオーバーの促進効果

 

などが期待させれているため、美白・美肌効果に繋がります。

 

☆ 目の健康維持

 

ビタミンAは目の角膜や結膜を保護する働きがあり、目の健康維持を

保つ効果があると言われています。

目が乾燥しやすい時や、目の調子があまり良くない時には積極的に

摂ってみると良いかもしれません

 

★ 免疫力の向上

 

粘膜を強化することで身体に害のある細菌やウイルスをやっつける

ことで、身体の免疫力の向上に繋がると言われています。

 

② ビタミンC

 

ビタミンCは免疫力を高めることで有名な栄養素となりますが、他にも

・抗酸化作用

・美肌効果

・ストレスの軽減

・貧血

など、様々な効果があると言われています。

 

③ 鉄分

 

鉄分は主に血液を作る働きがあり、ダイエットには関係ないと思われがち

ですが、貧血などで血が足りていない人は痩せにくいとも言われています。

女性は生理の関係から積極的に摂った方が良い栄養素となります。

 

④ カリウム

 

よく耳にするカリウムですが、身体の中にある余分な水分を外へ排出しやすく

するため、むくみや冷え症などの予防や改善にも繋がります。

むくみや冷え症が少しでも改善することで、痩せやすい体質を作るため

ダイエット効果も期待されています。

 

 

大根の皮にもたくさんの栄養が含まれているので、捨てないで

食べるようにしてみてください。

 

 

玉ねぎの皮に含まれる栄養とその効果

 

特に捨ててしまいがちな玉ねぎの皮ですが、健康に良いと言われる栄養が

含まれています。

玉ねぎの皮に豊富に含まれている栄養は『ケルセチン』と呼ばれるポリフェノールの

一種となるもので、ケルセチンの効果とは・・・?

 

 血流改善

 

活性酸素が赤血球に影響を与えてしまい、赤血球の働きが悪くなってしまいます。

ケルセチンは活性酸素が赤血球に与える影響を防ぐ働きがあるため、赤血球の

働きを向上することで血流の改善や、血液がサラサラに繋がります。

 

② むくみや冷え症の改善

 

血流が悪いと老廃物が溜まりやすく、むくみや冷え症などの原因の1つとして

考えられます。

玉ねぎの皮に含まれるケルセチンを摂ることで、血流改善に繋がるため

むくみや冷え症の改善になると言われています。

 

③ 抗炎症作用

 

抗炎症作用は関節痛の痛みを緩和・軽減する効果があると言われています。

 

④ 動脈硬化の予防

 

動脈硬化とは血液の流れが悪くなってしまうことで、コレステロールや

中性脂肪も溜まりやすくなり、血液が固まりやすい状態になります。

ポリフェノールの一種でもあるケルセチンを摂ることで、動脈硬化の

予防にもなると言われています。

 

⑤ 脂肪の軽減

 

ケルセチンには脂肪分解酵素を活発にさせる働きがあるため、脂肪を

落としやすくするので、ダイエット効果も期待出来ます。

 

 

調理をして食べるというよりは、玉ねぎの皮を煮てお茶にして飲む

ことをオススメします。

 

 

かぼちゃの皮・タネ・ワタに含まれる栄養とその効果

 

かぼちゃのタネやワタに関しては、捨ててしまう人も多いかと思います。

しかし、捨ててしまいがちなかぼちゃのタネやワタ・皮には栄養がたくさん

含まれているので、その効果について載せていきます。

 

① ビタミンA

 

大根の葉っぱに含まれる栄養素もビタミンAで同じような内容になってしまう

ので、かぼちゃのタネやワタでは簡単に説明していきます。

 

・免疫力の向上

・美肌効果

・目の健康維持

 

となります。

 

② 食物繊維

 

かぼちゃのワタには食物繊維が含まれています。

食物繊維のことも上記に載せてあるため、簡単に載せていきます。

食物繊維は腸内環境を整える働きがあるため、痩せやすい体質を作ることや

便を排出しやすくするします。

 

③ ビタミンE・B1・B2

 

ビタミンE・B1・B2などのビタミンには代謝酵素の働きを活発にする働きがあります。

代謝酵素とは、身体の代謝に必要な酵素となります。

 

代謝酵素が活発に働くことで

・新陳代謝の促進

・自然治癒力の向上

・免疫力の向上

・血流の改善

などダイエットだけでなく健康面でも様々な効果が期待されます。

 

食べ物から摂れる栄養になるので捨てずに工夫して食べられたらより

良いかと思います。

 

 

ベジブロスとは?

 

捨てる野菜をどのように工夫すれば良いのか、いちいち調べるのが面倒だ!!と

感じている人も多いかと思います。

そういう人にオススメなのが『ベジブロス』です。

 

ベジブロスとは、野菜の捨ててしまう部分である野菜の芯や皮・ヘタなどを水で煮込んで

作る出し汁のことになります。

 

ベジプロスの使い道として

・スープ

・ポタージュ

・鍋

・煮物

・カレー

・ロールキャベツ

など、工夫すれば様々な料理に使うことが出来ます。

 

いつもだったら捨ててしまう野菜が無駄なく、健康面でもダイエットにも

良い物になります。

作り方もお水・捨ててしまう野菜・お酒を入れて煮るだけになるので

手間もかからずに簡単に出来るかと思います。

 

注意点として、ベジブロスに使う野菜はしっかりと水で汚れを落としてから

使うようにしてください。

また、苦い野菜やアクの出る野菜はベジブロスに不向きな野菜とも言われています。

好みの問題もありますが初めて作る場合は少量にすると良いかもしれません。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・なかなか痩せられない人

・リバウンドを繰り返してしまう人

・運動が嫌いor苦手な人

・食生活や生活習慣を改善したい人

・脂肪を落としたい人

ダイエットでお困りのことがありましたらご相談ください。

 

その他にも、生理不順・生理痛・便秘・鼻炎・アレルギー・アトピー・

頻尿・心身症・不眠症・不妊症・喘息・めまい・疲れ・冷え症・更年期障害・

蕁麻疹・頭痛・腰痛・関節痛・自律神経失調症・胃もたれ・逆流性食道炎などで

お困りの人もお電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 3F

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (28)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)