完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

鍋料理が必ず太らないは間違い

2019.11.25

 

 

皆様こんにちは!

スタッフの美憂です。

 

寒い日が増えてきて

鍋料理が身に染みる季節になってきましたね。

鍋と言ったらヘルシーで罪悪感なくモリモリ食べられるところも

魅力の一つです。

ところが、鍋料理率が高いのに

ダイエットに役立つどころか逆に太った気がする。

なんてことも。

鍋を食べる時にはいくつか気を付けなければいけないことがあります。

 

今日は、鍋料理を食べる時に

どんなことに気を付ければ良いのか

ご紹介していきます。

 

ごまダレ派はポン酢に変える

 

鍋の中で肉の脂を落としたものの

そのあとにつけるこってりした油分たっぷりのごまダレで

カロリーを摂ってしまっては勿体ないです。

濃厚で美味しいのですが

ほとんどの市販のごまダレは100gあたり

約300kcalと意外に高カロリーなのです。

ダイエットを意識するならさっぱり低カロリーな

ポン酢にするのが正解です。

 

キノコと根菜を多めに

 

グツグツと食材を煮るため

白菜や春菊などの葉物類はクタクタになります。

噛み応えにはあまり期待できません。

これでは量もたくさん食べてしまいます。

噛み応えのあってかつ低カロリーなキノコ類や根菜を

取り入れてみましょう。

 

満腹感が得やすくなることに加えて

良い出汁が出て鍋の旨味がアップします。

食物繊維によって腸内環境を整えたり

体を温めて免疫力を高めたりする効果にも期待できます。

 

春雨は糸こんにゃくで代用

 

春雨はでんぷんを原料として使われていて

炭水化物であることをご存知でしょうか?

それゆえ、カロリーもそれなりです。

鍋にツルっとした食感が欠かせないという人には

ほぼノンカロリーな糸こんにゃくで代用してみてください。

 

脂たっぷりの〆ご飯は我慢

 

鍋で太る理由の一つとして最後の〆のご飯の存在があります。

具材をグツグツ煮たことにより出汁に溶けだした脂たっぷりの雑炊。

味は抜群に美味しいのですが

カロリーを考えたら控えたいところです。。

 

 

冬は飲酒の機会も増えて体重の維持が難しくなる季節です。

鍋を上手に取り入れてスタイルキープに役立てちゃいましょう。

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (74)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)