完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

日常のNGな日課を見直して痩せよう!

2019.11.11

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

今日ダイエットと睡眠の関係について

お話していきたいと思います。

質の良い睡眠でダイエット成功につなげるには、

質の良くない睡眠に導いてしまう日常生活の行動には

どんなものがあるのか、

ご紹介します(^▽^)/

 

質の良い睡眠が太りにくい体を作る理由

 

①成長ホルモンがしっかり分泌される

質の良い睡眠は入眠~3時間までに

深く眠れるかが肝です。

深く眠れると脳の疲労物質がクレンジングされることで

成長ホルモンがしっかり分泌されます。

成長ホルモンは1日で破壊された細胞の修復、代謝促進、

新たな細胞作りの役目があり

そのほかにも脂肪燃焼を促進する力も上がることで

ダイエット効果にも繋がります。

 

②食欲を抑えられる

深く眠れることで食欲をコントロールする役目のホルモン

レプチンの分泌量が多くなります。

眠りが浅くなり浅く睡眠時間が短くなると

この逆である食欲増進のホルモン

グレリンの分泌量が勝り満腹中枢に刺激が入りにくくなり

ドカ食いを引き起こす元となります。

深い眠りは疲れをとるだけではなく

食欲を抑える役目まであるのです。

 

質の良い睡眠を取れるようにするには?

 

①朝に太陽光を浴びる

朝に太陽光を浴びるのは睡眠ホルモンのメラトニンを

つくる元となるからです。

メラトニンには体内時計の役目があり

夜のなると分泌量が増えて眠気が促進され

太陽光を浴びると分泌が抑制されます。

それが難しい場合には通勤路で日差しの

よくあたる場所を歩くなど工夫しましょう。

 

②カフェインを飲むのは14時までにする

カフェインの覚醒作用は飲んだ後

6~8時間の持続があります。

14時に飲むと22時まで影響することで

深い眠りの妨げになるのです。

14時以降のブレイクはノンカフェインのハーブティー

またはどうしてもという場合は

カフェインレスコーヒーに変えてみましょう。

 

睡眠の質を下げる夜のNG習慣

 

①就寝前の寝酒

寝酒は名前とは全く逆です。

寝酒を飲むとすぐに眠れてもそのあとは

アルコールの影響で交感神経が優位になり

途中覚醒や利尿作用で夜中のお手洗いの原因にもなり

かえって睡眠の質を下げます。

 

②シャワーで済ます

日中に酷使した筋肉や神経の緊張は

シャワーだけでは取れません。

体の緊張は交感神経が優位になり

眠りが浅くなります。

深く眠る前には体が緩んだ状態であってこそです。

夜は37~39℃の少しぬるい湯船に浸かるようにしましょう。

 

③帰り道でコンビニに寄る、寝る前のスマホ

ブルーライトは脳に刺激が入り

目が冴えてしまう原因にもなります。

スマホの他、テレビやパソコンなどの電子機器は

就寝1時間前までに済ませましょう。

また、コンビニのライトはLEDがほとんどです。

もし、部屋の電気がLEDなら

就寝1時間前からオフにして

小さな豆電球にすることをオススメします。

 

質の良い睡眠は日常生活を少し変えるだけで

変わります。

枕やパジャマなどを良い物にしても

質の良い睡眠を取るための習慣を変えなければ

効果を感じることはありません。

 

まずは自分にNGな日課がある場合は

それを見直して質を良くする方法を取り入れるようにすると

さらに効果的でしょう。

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)