完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

ダイエット中のストレスからくる食べ過ぎ防止対策

2019.06.27

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

 

そんなにお腹が空いているわけではないのに

ついつい食べ過ぎてしまって後悔したことは

誰でもあることですよね。

食べ過ぎをした後は満足するどころか後悔するばかり。

ストレスが溜まってそれがまた食べ過ぎの原因になるという

悪循環を繰り返していませんか?

 

どうすれば食べ過ぎや暴飲暴食を防げるのか

対処法をご紹介します。

 

 

★単品ダイエットにしない

 

テレビや雑誌などで「〇〇がダイエットに良い」と紹介されると

それだけでひたすら食べる人もいますが

一時的に体重が落ちても太りやすい身体を作っているだけです。

人は様々な種類の食べ物を食べることができれば

少量でも満足できます。

単品ダイエットはストレスが溜まるだけで

その後の食べ過ぎ=リバウンドに繋がります。

〇〇しか食べないという無理なダイエットは絶対にやめましょう。

 

★食事を抜かない

 

単品ダイエットよりもさらに危険なのは

早く痩せたいと食事を抜いてしまう人です。

空腹の時間を作ることはダイエットにおいて重要なのですが

あまりにも長時間空きすぎると空腹のあまり

いったん食べ物を口にするともう止まらない!ということに

なりかねません。

早く痩せるために食事を抜くのはドカ食いの原因になります。

身体には良くないので食べる時は食べて

メリハリをしっかりつけましょう。

 

★少なくても満足できる工夫をする

 

ダイエット中だからこれしか食べられない。

ということがストレスになってある日突然

ドカ食いしてしまう人もいますよね。

ご飯は少なくても食べ応えのある満足できる工夫が必要です。

例えば、おからやこんにゃくでかさましをしたり

小さな器に盛るようにしたりなど

「こんなに食べられてる!」と思えるような

見た目にも満足できる工夫をしてみましょう。

そうするとストレスもたまりにくく食べ過ぎ防止ができます。

 

★タンパク質、良質な脂質を摂る

 

ドカ食いをしてしまうのは心が満足していないからです。

毎日サラダだけのような食事をしていたら

当然物足りないですよね。

よっぽどのベジタリアンなら別ですが

そうでない人はやっぱり肉や魚などのタンパク質を摂らないと

満足感が得られません。

また、ダイエットというと油物を一切食べないという

極端なことをしてしまう人がいますが

身体の働きを維持するためにも適度な脂質を摂ることは

とても大事なことです。

良質なタンパク質や脂質を完全にカットしてはいけません。

少量でも満足するには肉や魚、炒め物などを

上手に取り入れていくことです。

 

★温かいものを食べる、飲む

 

同じ量でも温かいものと冷たいものでは

温かいものの方がお腹が満足しやすいです。

お腹が空いたら白湯を飲んだりご飯を食べる時に

味噌汁やスープから飲んだり

お腹を温めることを意識しておくと食べ過ぎを防げます。

 

 

ダイエット中のストレスからくる食べ過ぎ防止に

参考にしてみてください!

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (279)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (269)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)