完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

揚げ物をなるべく低カロリーにする方法

2019.03.20

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

ダイエット中に揚げ物を控えている人は

とても多いと思いますが

どうしても食べたい時はありませんか?

 

ダイエット中に揚げ物は確かに食べない方が

良いのですが、我慢できないという時に

少しでもカロリーカットするために

その工夫点をご紹介します♪

 

 

▼ なぜ揚げ物は高カロリーなのか?

揚げ物が高カロリーになるのは

その食材が油を吸収するためです。

衣が厚くなればなるほど

油を吸う量が多くなります。

 

揚げ方を吸収率が高い順に並べてみると・・

 

1位 フリッター

2位 天ぷら

3位 フライ

4位 唐揚げ

5位 素揚げ

 

フリッターが一番油を吸収する揚げ物です。

これを見ると分かるように

衣が厚いほど油の吸収率が高くて

カロリーも高いです。

 

 

▼ カロリーオフの方法

 

①少ない油でも十分揚がる

カロリーを低くするには油の方は

減らした方がベターです!

焼くときよりも少し多め、

食材が少し浸るくらいの油を

フライパンに入れる「揚げ焼き」を

うまく利用しましょう!

 

②油の温度が低い時に食材を投入しない

油の温度が低すぎると

吸収する油の量が多くなってしまいます。

中まで火が通ってないと困るから・・と

油の温度を低くしすぎてしまうと

余計な油を吸収してしまうのです。。

また、温度が低すぎると

揚げたあとの油切れも良くありません!

一度にたくさんの量を揚げると

油の温度が下がってしまうので少しずつ入れましょう。

 

③パン粉は薄くつける

衣はたくさんの油を吸収します。

できるだけ衣は薄い方が良いです!

衣の量を減らすためには

材料の水気を十分にとっておきましょう★

衣は薄いほど油の吸収率は減りますので

フライに使うパン粉も細かいものを選びましょう。

また、生パン粉よりも乾燥パン粉の方が良いです!

 

④脂肪の吸収を妨げる食材と食べる

揚げ物は脂肪になりやすく

消化もしづらい食べ物です。

それを回避するためには

脂肪をの吸収を妨げる食材や

代謝を活発にする食べ物と一緒に食べると良いです。

オクラや山芋、里芋などは

食物繊維が豊富で脂肪の吸収を妨げてくれます。

一緒に食べるのが理想です♪

 

辛味成分やクエン酸は代謝を

活発にしてくれる働きがあります。

からしやわさび、しょうが、ねぎ、

さらに梅干しやレモンなどと一緒に

食べるようにしましょう!!

 

 

カロリーの高い順に鶏、豚、牛の部位です↓

 

★鶏肉

1位 もも肉(皮あり)

2位 むね肉(皮あり)

3位 もも肉(皮なし)

4位 むね肉(皮なし)

5位 手羽

6位 ささみ

 

★豚肉

1位 バラ肉

2位 ひき肉

3位 ロース

4位 もも肉

5位 ヒレ

 

★牛肉

1位 バラ肉

2位 サーロイン

3位 肩ロース

4位 ひき肉

5位 もも肉

6位 ヒレ

 

 

揚げ物は食べないのが一番良いのですが

我慢できないという時はご参考にしてみてください♡

 

今日はとても気温が高くて良い天気で

気持ち良いですが

体温調節には気を付けてください♪

 

 

Twitter ⇒ @KANPORO1

 

KANPORO1 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (81)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)