鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年09月24日

いつも食べてる栄養の無い野菜とは? カテゴリー:

健康やダイエットには野菜を多く摂らなければいけないと感じている人は多いでしょう。

野菜不足だなと感じると皆さんはどのよう対処していますか?

 

手軽に食べられる、コンビニやスーパーのカット野菜を買って食べていませんか?

コンビニやスーパーで見るカット野菜は工場で薬品漬けされており、

栄養素などはほとんど残っていないようです。

 

詳しい記事があったためご覧ください。↓↓

 

『じつは体に悪い19の食習慣』

<カット野菜は、野菜を切った後、次亜塩素酸ナトリウムという消毒液やプールの消毒に使う塩素水に何度も繰り返し漬けて殺菌します。

においを嗅いだだけで、食べたら危ないとわかるはずですが、そのにおいを消すために、何度も水で洗浄します。

野菜に含まれている栄養素は水溶性のものが多いですから、

殺菌剤液に漬けたり洗浄したりする間に流れ出てしまい、ほとんど何も残っていません。あえて言えば食物繊維くらいでしょうか。>

 

また… 

カット野菜に添えられてある、ドレッシングには、保存料や化学調味料などの添加物が大量に使われています。

添加物そのものは、単体なら安全だといわれていますが、複数の添加物が反応すると人体にどのような影響をもたらすのかは定かではないようです。

 

家で、野菜を切りタッパーなどに入れておくと色が変色してきますよね。

これが自然な状態です。

 

いつまでもシャキシャキ、色鮮やかなのはやはりおかしな話ですね。

 

レタスやキュウリなど色の薄い野菜に含まれるミネラルやビタミンの量は少ないです。

 

緑黄色野菜である人参・カボチャ・トマト・ピーマン・ホウレンソウなどの濃い野菜を摂るようにしましょう。

 

 

まずは野菜を自分でカットして食べる習慣をつけましょう。

 

日々心がけることが重要ですね。

 

 

 

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 


ページ上部へ