鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年08月16日

白砂糖は危険? カテゴリー:

「食後に甘いものは欠かせない。」

「鞄に甘いお菓子はストックしてある。」

「同じカロリーを取るなら甘いもの食べたい。」

「お菓子は大好き。」

「コーラなど炭酸やジュースは大好き。」

 

 

青澤神菜さんの写真

日常生活で甘いものってたくさん出回っているため、よく口にしますよね。

体にとって白砂糖は危険な食べ物です。それはなぜでしょう。

 

①黒砂糖を精製化して悪魔の白砂糖を作っている。

白砂糖とは:黒砂糖から、苛性ソーダを使用しアルカリに溶けるものを取り除き、次に硫酸を加えて酸に溶けるものを取り除きく。

最後にアルカリと酸を中和させたものです。

食品に使用すべきものではない危険な劇薬を使用しているのです。



精製化された白砂糖はどのようなものなのか!!

 

白砂糖を消化するにあたって、繊維質・ビタミン・ミネラルなどが必要となるため、栄養のある食材を摂ったとしても、その食品の栄養は無いものに等しいのです。

 

さらに・さらに・さらに、最も多く消費されるのがカルシウムです!!

 

体内で分解される際、ビタミンB1が必要となり、ビタミンB1の摂取量が少ないと欠乏症を起こし、鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、記憶障害と様々な疾患のリスクにつながります。

 

もともと現代人はビタミン・ミネラル不足しているため、さらなる栄養不足となります。

補足:ビタミンB1を多く含む食品:豚肉・小麦胚芽・玄米などの穀類・落花生・大豆などの豆類・うなぎなど

 

 

②中毒になりやすい。

白砂糖を摂取→脳のアヘン剤受容体を刺激→脳の神経伝達物質であるドーパミンを大量に分泌

→血糖が急激に増える→脳の中でセロトニンという快楽物質が放出→幸せな気持ちになる。

 

砂糖はカロリーが低いにも関わらずホットケーキ・アイスクリーム・ケーキなど甘いものが欲しくなりカロリーがプラスされ、体重が増える事に繋がってしまうのです。

 

ダイエットの敵になりますね!!

 


③キレやすい子供になる。

お米に比べ、白砂糖は血糖値を急上昇させます。それによりインスリンの量が多くでるため、正常値よりも低い血糖値になってしまう場合があります。

 

血糖値が低くなると、 いらいらや神経過敏、無気力、めまい、頭痛、眠気などの症状が現れ、再び甘いものを欲してくるのです。

子供も清涼飲料水(加糖ブドウ糖液が入っている)をたくさん飲むような食生活が続くと、血糖値の調節機能うまくいかず、低血糖によるいらいらや神経過敏になりやすくなるのです。

 

 

白砂糖は体の中で活性酸素が作られるようになり、細胞がどんどん酸化するため、老化の原因ともなります。

白砂糖を避け、「ミネラルが豊富」である黒砂糖・和三盆・蜂蜜・きび砂糖を摂るようにしましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 

 


ページ上部へ