完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

飲み会で太る?

2014.08.15

「ダイエット中でも飲み会に行かなければならない・ダイエット中でも飲み会に行きたい」方へのアドバイスです。

飲み会ではついつい食べ過ぎてしまうということはありませんか?

お酒を飲みながら話していると、口さみしくなってついつい食べてしまいますよね。

おつまみは味が濃く、食べるうちに喉が渇き、またお酒を飲みいつのまにか食べ過ぎ・飲み過ぎとなってしまうのです。

 

お酒により食欲が増強する訳は以下の図です。

 

 

さらに

飲酒→緊張のほぐれ→気持ちが大きくなりダイエットの決心が緩む→勢いで食べる。

夜に飲む→カロリーが消費されずに蓄積→太る。

肝臓の機能も「解毒」に集中→食事の分解に時間がかかる。

ではどうすれば良いのか?

 

解決方法

①飲み過ぎて、気が大きくなる前に野菜のメニューを多めに注文する。カロリーの低いものを選ぶ。

理性がしっかりしている時に、サラダやおひたしなどを注文し先に食べるようにしましょう。

②お酒は「小」を1杯ずつ注文する。

大瓶が目の前にあるとついつい飲んでしまいます。少ないお酒を味わって飲みましょう

③お酒飲む際はお水も摂取しましょう。


利尿作用の強いお酒は、体内の水分を失います。お水も一緒に摂取し、アルコールの分解を促進させましょう。

 

④同席者とシェアをしましょう。 

飲酒後は肝臓がアルコールを分解する為に血糖を多く消費します。血糖値が低くなることで、空腹感を感じるため、シメが欲しくなります。

決して空腹ではないため、シメのラーメンやお茶漬け等は食べないようにしましょう。もし食べるのであれば皆でシェアしながら食べるよにしましょう。

 

⑤食べ過ぎてしまったあとの対応方法。

前回のブログをチェック→食べすぎたらどうなる?

 

皆さん飲み会の予定がある時は気をつけてみてください(*^_^*)

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)