完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

トランス脂肪酸の多い食材と身体への悪影響

2018.05.05

こんにちは(^O^) 松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。   今日はダイエットや健康面でも悪影響を与えてしまうトランス脂肪酸について載せていきたいと思います。 まず、トランス脂肪酸とは油脂に含まれる栄養素の1つで、大きく分けて『天然のトランス脂肪酸』『人工のトランス脂肪酸』に分けられます。   天然のトランス脂肪酸は食品に含まれる脂肪酸の量が少ないため、身体に悪影響を与える可能性は少ないと言われています。 一方、人工のトランス脂肪酸は油脂中の不純物を取り除くのに化学反応を起こしてしまっているため、身体にも悪影響を与えてしまうのです。   トランス脂肪酸は身体にどのような悪影響を与えてしまうのかというと  

中性脂肪が増えやすくなる

動脈硬化などの命に関わる病気のリスク

アレルギーの原因

記憶力の低下

  などが考えられるので、トランス脂肪酸の摂りすぎは良くないことがわかります。   トランス脂肪酸が多い食材は何があるのでしょうか・・・? 特にトランス脂肪酸が含まれている食材は『マーガリン』『フライドポテト』になります。他にも  

レトルト食品

インスタント

冷凍食品

ポテトチップス

菓子パン

マーガリンやバターが多く使われるお菓子

  など上記以外にも食材や食品にたくさんトランス脂肪酸が含まれています。 食事に気をつけていても知らないうちにトランス脂肪酸を摂っているかも知れません。なので外出や上記のような食事が多い人は少しでもトランス脂肪酸の摂取を控えるために自炊が良いでしょう。   自炊をすることで味の濃さや塩分・食事のバランスを自分で整えることが出来るのでダイエットを卒業した後のリバウンドを防げるでしょう。   ダイエットで何をして良いかわからない人は松山漢方相談薬局までご相談ください。      他にも体調不良で何かお困りの人はお電話でご予約してご相談ください。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)