完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエットをして痩せると皮膚がたるんで痩せてしまう?

2024.07.03

こんにちは( ・∇・)

 

例えばの話になってしまいますが、130kg体重がある人が70kgまで体重を減量

したとして、気になることといえば痩せたあとに皮膚がたるんでしまうのではないか

ということです。

せっかく痩せても太っていた時の皮膚がたるんでしまうとショックを受けてしまいます。

ダイエットを行う際に、年齢や自分が落とす体重によっては皮膚のたるみが

とても気になる人も多いかと思います。

 

そこで、今日のブログはダイエットと皮膚のたるみ・その対策出来ることについて

載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • ある程度痩せるとなぜ皮膚がたるんでしまうのか?
  • 皮膚をたるませない食生活とは
  • マッサージでたるみ改善
  • 運動を取り入れながらダイエット
  • まとめ

 

ある程度痩せるとなぜ皮膚がたるんでしまうのか?

 

頑張ってダイエットに成功したとしても、皮膚がたるんでしまうと

見た目も悪くなってしまうこともあるため、気にしてダイエットを行う人が

多いのではないでしょうか?

 

痩せて皮膚がたるんでしまう原因とは・・・?

 

① 急激な体重の減少

 

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の2つがあり、皮膚のたるみには皮下脂肪が

関係してきます。

皮下脂肪が多ければ多いほど、身体の表面の皮膚は伸びてしまいます。

 

そこで、無理なダイエットなどにより、体重が急激に減少し皮下脂肪が

急に少なくなることで皮膚は支えを失いたるみの原因となってしまうのです。

 

② 筋肉量の低下

 

ダイエットで一番初めに行うことといえば、運動や食生活の改善と思い浮かべる人が

多いでしょう。

食事に関しては、食事量を極端に減らしたりしてしまうと身体の水分量や筋肉量が

一時的に落ちてしまいます。

筋肉量が減ってしまうと皮膚を支える筋肉も減ってしまいたるんでしまったり、

皮膚の下に隙間が出来てたるみの原因となります。

 

③ 栄養不足

 

無理な食事制限によるダイエットによって、栄養が不足してしまい肌のハリや潤いが

失われてしまうことでたるみの原因となってしまうのです。

 

④ 肌の新陳代謝が低下

 

肌にはターンオーバーと言って、新しい肌が生まれ、古くなった皮膚が剥がれ落ちる

サイクルがあります。

無理なダイエットなどが原因で、新陳代謝が低下してしまうことで皮膚のハリや潤いが

失われたるみとなってしまいます。

 

 

皮膚をたるませない食生活とは

 

どんな食生活を送れば皮膚がたるみにくいダイエットが行えるのでしょうか?

 

① 極端に食事量を減らさない

 

ダイエットを行うのに一番やってはいけないことが、食事量を極端に減らすことです。

食事量を極端に減らすということは、栄養が不足しやすい食生活になります。

早く結果を出して卒業したいという気持ちはわかりますが、食事を減らしてしまう

ことによって肌荒れやリバウンド・過食・健康面でも悪影響を与えて、デメリット

ばかりになるので食事は摂るようにしてください。

 

② 良質なタンパク質

 

タンパク質は『爪・髪・皮膚・筋肉・内臓・血液・ホルモンなど』身体を構成する

のに必要な栄養素となります。

皮膚は肌の弾力やハリの効果が得られます。

良質なタンパク質とは

・肉類

・魚介類

・大豆

・卵

などの食材を言います。

 

和食を中心とした食事を意識すると質の良いタンパク質が得やすくなるかと

思います。

 

 コラーゲン

 

コラーゲンは肌の弾力やハリを保つために必要な栄養素となり、

・豚肉

・鳥手羽

・湯葉

・高野豆腐

・鶏がらスープ

・カレイ

・ゼラチン

などの食材に含まれています。

 

③ ビタミンC

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を手助けしてくれる効果があり、肌の弾力を

保つ機能が向上すると言われています。

 

④ 大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンとは美容ホルモンとも言われ、女性ホルモンであるエストロゲン

と同様な働きが期待出来ます。

表皮細胞を活性化し、角質の機能も活性化させるため、肌の潤いやバリア機能を

向上させるのです。

もちろん、肌のハリや弾力にも良いと言われています。

 

 

どの食材もその栄養素ばかり摂取するのではなく、どれもバランス良く

食べることが一番重要となります。

 

 

マッサージでたるみ改善

 

たるみの改善にはマッサージを取り入れることでも改善しやすくなると

言われています。

そのたるみを改善させるマッサージの方法をいくつか載せていきたいと思います。

 

 顔

 

洋服でも隠すことが出来ず、皆さんが一番気になる顔のたるみのマッサージ方法は

『頭皮をマッサージ』です。

顔のたるみを改善したいのになぜ頭皮・・・?と思っている人も多いかと思いますが、

顔と頭皮は繋がっているため、頭皮のマッサージを行うことで顔のたるみも

改善しやすくなると言われています。

 

やり方は簡単です!

指の腹を使って両手で頭を掴み、頭頂に向けて手を動かすだけ

上下に動かすことを30~1分ほど繰り返し行うようにしてください。

 

注意点としては、あまり強く動かさないようにすることです。

 

顔のマッサージを行う場合は、正しい方法で行わなければたるみを

悪化させてしまったり、シミの原因にもなってしまうので注意が必要です。

 

② お腹

 

次に気になる部位はお腹という人も多いでしょう。

手をグーにして下から上へ往復10回くらいを目安に行ってください。

 

③ 二の腕

 

二の腕は肘から脇・肩へ向けてマッサージを行うようにしてくだい。

指の腹で往復10回くらいを目安に行ってみてください。

 

④ 

 

脚は足首から膝・膝から股関節やお尻に向けてマッサージを行うようにしてください。

手はグーでも指の腹でもどちらでも大丈夫です。これも往復10回くらいを目安に

行っていくと良いでしょう。

脚は歩いたり座ったりと良く使う身体の部位となるので、多めにマッサージしていくと

良いかと思います。

 

脚のマッサージを行う前にお尻を叩いておくことや膝裏を押しておくと上半身への

血流やリンパの流れが良くなるので試してみてください。

 

 

マッサージは身体の末端から身体の中心にかけてマッサージを行うようにしてください。

マッサージを行う時の注意点として、マッサージオイルやクリームを使用して

マッサージをするようにしてください。

何も塗らないでマッサージを行ってしまうと肌の摩擦により、肌に負担を

かけてしまう原因にもなってしまいます。

マッサージを行う良いタイミングとしては身体が温まっているお風呂の後が

理想です。

 

 

運動を取り入れながらダイエット

 

マッサージだと少し物足りないなと感じる人は日常生活に運動を取り入れてみると

良いかと思います。

たるみを改善させる運動方法とは?

 

① 身体をひねる腹筋

 

普通に腹筋を行うのも良いですが、それよりも身体を引き締めるのに良い

運動は『身体をひねる腹筋』です。

普通の腹筋だけだと腹直筋だけしか鍛えられません。身体をひねることに

よって外腹斜筋と内腹斜筋も鍛えられ、ウエストにも効果があると言われています。

 

② 仰向け自転車漕ぎ

 

文字通り仰向けで自転車を漕ぐような動きの運動です。

身体の部位は太もも(前・後)・ふくらはぎ・お腹と下半身だけでなく

お腹にも効く運動方法になります。

 

やり方は

仰向けに横になって膝を90度曲げる

 ↓

両手を頭の後ろに組む

 ↓

自転車を漕ぐように足を動かす

 

1分から始めてみて、慣れてきたら徐々に時間を伸ばしていくと良いでしょう。

 

③ 二の腕

 

ダンベルを使った二の腕の引き締め運動を紹介します。

自宅にダンベルが無かったら空いたペットボトルにお水を入れて行うと変わりに

なるかと思います。

 

仰向けになって横になり、膝を立てます

  ↓

両手でペットボトルを持って、肘を曲げずに床に向かって腕をおろす

(腕をおろす時は息を吐く)

  ↓

腕を上げる時は息を吸いながら上げる

  ↓

繰り返し10回行う

 

ゆっくり行った方が負荷がかかるのでゆっくり行うようにしてください。

 

どの運動に対しても最初は少ない回数から始めていただいた方が

継続しやすいかと思いますので、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくように

挑戦してみてください。

 

 

まとめ

 

今日はダイエット後のたるみについて載せてきました。

急激な体重減少のダイエットを行ってしまうと身体のたるみとなってしまう

リスクが高くなってしまうため、ダイエットは健康に痩せるためにもリバウンド防止

のためにも正しいダイエットを行うようにしてください。

 

たるみが気になる人だけでなくダイエットを行っている人にも参考になる内容

かと思いますので、ぜひ試してみてください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

・脂肪をしっかりと落としたい

・運動が苦手or嫌い

・どんなダイエットを行なっても痩せられない

・リバウンドがないダイエット

など、ダイエットに関してお困りのことがありましたらご相談ください。

 

他にも、貧血・耳鳴り・むくみ・冷え・のぼせ・疲労・ドライアイ・不眠症・

不妊症・生理痛・生理不順・肥満・糖尿病・体力低下・便秘・下痢・アトピー・

皮膚の赤み・乾燥肌・胃腸虚弱・多汗症・喘息・痰・副鼻腔炎・後鼻漏・花粉症

などの体調不良でお悩みの人もご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:木曜日・日曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北根岸線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京浜急行電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−341−4823

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:木曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市中区花咲町1−19ー3

セルアージュ横濱桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北根岸線 桜木町駅新南口より徒歩2分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

※ 鶴見店・桜木町店共に営業時間に変わりはありませんが、定休日が

  異なりますのでご予約の際にはご注意ください。

  ご予約の方法は各店舗へ直接お電話していただくか、ホームページの

  お問い合わせメールにてご予約をお願いいたします。

  また、メールでのご予約の場合、返信にお時間をいただくことが

  ありますので、お急ぎの人はお電話でのご予約をオススメいたします。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2024 (19)
  • [+]2023 (36)
  • [+]2022 (39)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)