完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

綺麗に痩せたいと思って行っていたことが実は逆効果で太ってしまう原因の1つだった!?

2024.05.08

こんにちは♪( ´θ`)ノ

 

ダイエットを行っているはずなのになぜか体重がどんどん増えていってしまう。

という経験をしたという人も多いでしょう。

ダイエットをしているのに体重が増えてしまえばやる気も下がってしまい、

痩せることを諦めてしまう人も居るかと思います。

ダイエットは人に無理やりやらされるよりも、自分がしっかりと目標を持って

取り組んだ方が成功する人が多くなります。

なのでやる気がある時に一生懸命取り組むことが大切になります。

 

今日はダイエットを行っているのになぜ体重が増えてしまうのかその原因に

ついてと健康的にダイエットを行う方法などについて載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • ダイエットが失敗してしまう原因
  • ダイエット中にやってはいけないこと
  • 失敗しないダイエット方法
  • 間食を我慢する方法
  • まとめ

 

ダイエットが失敗してしまう原因

 

ダイエットを行っているはずなのに体重がなぜ増えてしまうのでしょうか?

体重が増えてしまうという人は、自分自身が行っているダイエット方法が

間違っていたり、自分には合っていない(続けることが辛い・苦しい)ダイエット

かもしれません。

 

① 食事を抜くダイエット

 

みなさんがダイエットをイメージすると食事の改善をしなければいけないと

思い浮かべる人が多いでしょう。

ダイエットに関して、食事を気をつけなければならないというのは正解ですが、

その食事の改善する内容によって健康的に痩せていくのか、かえって太りやすく

させてしまうのか変わってきます。

 

ただ食事内容を少なくすればよいというわけでもありません。

食べなければ痩せることは出来ますが、一時的に水分量や筋肉量が落ちるだけ

なので食事を元に戻せばあっという間に体重も戻ってリバウンドしてしまいます。

 

健康的に痩せるには栄養も必要になるため、きちんと食事も摂らなければいけません。

 

② 激しい運動

 

ダイエットと言えば、食事ともう一つ運動と想像する人も多いかと思います。

運動は消費カロリーを増やし、痩せやすくはなりますが辛い・苦しいといった

マイナスのイメージを持っている人も多いかと思います。

ダイエット期間中に運動を行っていても食事の改善をしていなかった場合、

目標体重まで減量が出来て運動を辞めた時、運動していた分のカロリーが

無くなってしまうため体重は元に戻ってリバウンドしやすい環境になります。

 

運動を行うことが悪いというわけではありませんが、運動で脂肪を落とすことは

凄く大変なことで2・3日ですぐに結果が出るものではありません。

継続していくことが大切となります。

 

③ 間食をしてしまっている

 

脂肪を落とすには空腹時を作ることが大切です。

空腹時ということは血糖値が低い状態の時に脂肪が落ちやすくなるため、

間食をしてしまうと血糖値が上昇し、痩せるタイミングが無くなってしまうのです。

 

空腹時を作り、間食をしてないつもりでも実はある行動が間食になっている

ことがあります。

その行動とは

・ジュース(糖質を含むもの)

・飴

・ガム

など、自分が間食にならないと思っている物が実は間食となっていて、

太りやすい原因を作ってしまっていることがあります。

 

ダイエット中の間食は100kcal以内であれば良いと言われていることもありますが、

出来る限り間食を無くした方がダイエットは効率良く行えるでしょう。

 

④ 消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多い

 

単純に消費しているカロリーよりも口にしている摂取カロリーの方が

高ければ体重は増えやすくなってしまいます。

自分が気付いていないだけで、意外と摂取カロリーが多い食事が多いのかも

しれません。

 

 

ダイエット中にやってはいけないこと

 

ダイエット中にやってはいけないこととは、健康的に痩せたいと思って

やっていたことがかえって太らせてしまう原因となることがあります。

では、どんなダイエット方法が体重を増やしてしまう原因だったのでしょうか?

 

① 体重が落ちないからと、さらに食事量を極端に減らす

 

ダイエットで大切なことは食事の改善が一番大切です。

食事を減らすことで体重は落ちますが、一時的に身体の水分量や筋肉量が

落ちるだけなので、一番落としたい脂肪に変化はあまり見られないかと思います。

 

体重が落ちないからと食事量をさらに減らしてしまえば栄養もどんどん無くなって

しまいます。

栄養が不足すると吸収率が上がり、さらに太りやすい体質に変わってしまい

ダイエットが効率良く行えなくなるだけでなく、健康面でも様々な悪影響を

与えてしまうため、体調不良の原因にもなってしまいます。

 

② 数字だけを気にするダイエット

 

一番ダイエットが成功しているのかがわかる方法は、体重の数字を気にする

ことですが、数字ばかりを気にしたダイエットを行っていると昨日よりも

少し体重が増えただけで落ち込んでしまいやる気の低下へと繋がってしまいます。

 

もちろん、毎日体重計に乗ることは体重を増やさないようにするのに

とても大切なことになりますが、数字ばかりを気にし過ぎずに体型なども

意識するようにすると良いかもしれません。

 

③ 目標体重を無理に設定しないこと

 

目標を持ってダイエットを行うことは自分へのやる気に繋がり、ダイエットが

成功する近道となります。

しかし、早く痩せたいからと1ヶ月でー◯◯kgといった無理な体重設定をしてしまうと

1日1日がプレッシャーとなってしまい、継続が難しくなってしまうだけでなく

無理なダイエットをしてしまう人も出てきてしまうため、無理のない目標設定

が大切になります。

 

④ 無理な運動

 

運動は無理に行う必要はありません。

自分が身体を動かしストレス発散出来る人や目標があり、身体を引き締めている人

運動が好きで苦にならないのであれば続けていただいた方が良いかと思います。

しかし、ダイエットのために無理に運動を取り入れているのであれば辛い・苦しい

などからダイエットの継続が難しくなったり、怪我やかえって体調不良の原因にも

なってしまいます。

 

 

失敗しないダイエット方法

 

どんなダイエットを行えば、無理なく継続的に失敗しないダイエットが

出来るのでしょうか?

 

① バランスの良い食事

 

ダイエットで一番重要なことはバランスが整っている食事かどうかです。

先ほども言った通り、食事量を減らせば体重は落ちやすくはなりますが、

一時的に水分量や筋肉量が落ちているだけで、一番落としたい脂肪に変化は

あまり見られないという人が多いのではないでしょうか?

 

脂肪をしっかりと落としていくためには栄養も必要になりますが、食べながら

痩せることは難しいと悩まれている人も多いでしょう。

何を食べて良いかわからないという人は、『和食』を中心とした食事を摂ること

を心がけてみてください。

 

② 1日食べ過ぎたからとダイエットは諦めない

 

1日食べ過ぎてしまう日があったとしても、その日でダイエットは無理だと

諦めるのではなく、その日の夕食や翌日の食事内容を意識し体重が増えないように

ダイエットを継続することが大切になります。

 

③ 食べたものを書き出す

 

1日の中で何を食べたか自分で把握するためにも、食べたものを

書き出してみると自分が思っているよりもカロリーを摂っていたり、

食べ過ぎていることに気付けることがあります。

他にも

・自分でカロリー計算

・食事のバランスの確認

・何を食べたら翌日に体重が落ちにくい又は、減りやすくなる

ダイエットの最終的な目標として健康的に体重を落とし、リバウンドが

無いように自分で体重をコントロールすることが大切になります。

 

④ よく噛んで食事をする

 

食事をする時に意識してほしいことは、一口食べ物を口に入れた時はしっかりと

よく噛んだ後に食べ物を飲み込むことです。

そんなのダイエットを行っていたら当たり前だよ!!と思う人もいると思いますが、

しっかりと噛んで食べるという行動は意識していないと早食いの原因にもなって

しまいます。

 

⑤  なるべく遅い時間の夕食は避ける

 

夕食の後は、運動もする機会も無く寝るだけになるため、食事量は

もともと一番少なくて良い食事のタイミングとなります。

 

18時〜19時ごろまでには夕食を摂ると良いと言われていますが、

お仕事や家事・勉強などでどうしても遅い時間の食事になってしまう

という人も多いかと思います。

どうしても夕食が遅くなってしまうという人は、特に食事の内容や

食事量に十分に注意しましょう。

 

 

間食を我慢する方法

 

食事と同様に気をつけなければいけないことは『間食』です。

脂肪が落ちるタイミングとは、血糖値が低い状態のことで『空腹時』です。

食べる時と食べない時のメリハリをつけることがダイエット成功の近道の

1つでもあります。

 

いきなり間食を辞められる人は素晴らしいことですが、やっぱり間食を

辞めてしまうことでストレスを感じるという人もいるでしょう。

そこで、間食をストレスなく我慢出来るいくつかの方法を紹介していきたい

と思います。

 

① 自分の好きなこと(趣味)に時間を使う

 

自分の好きなことをして、食べ物から意識を逸らすことでいつの間にか

空腹時を忘れられるという人も多く居ます。

また、自分の好きなことをしているのでストレスも感じにくくなるかと思います。

・音楽を聴く

・ゲームをする

・運動をする

・掃除をする

・誰かと話す

なんでも良いので食べ物から意識をそらすことで。空腹時を紛らわすことが出来ます。

 

今まで毎日のように間食をしているという人は、いきなり間食を0にすることは

難しいかと思いますので、少しずつ間食を減らせるように努力してみてください。

 

② 歯を磨く

 

食事をした後に行う歯磨きですが、歯を磨いたあとに食べ物を食べる習慣が無い

ということや、味が変に感じるなど間食を防ぐ方法の一つとして使われます。

 

③ 間食になるようなお菓子を家に置かない

 

自宅の手の届く範囲で間食になるようなお菓子は家の中に置かないこと

が間食防止になります。

家の中にお菓子が置いていれば食べたくなった時にすぐに食べてしまいますが、

家にお菓子が無ければわざわざ外に買い物に行かなければならないため、

外に買いに行くことが面倒で間食を止めることが出来ます。

 

 

まとめ

 

ダイエットをしてるのになぜか体重が増えてしまう原因や、その改善方法に

ついて載せてきました。

 

このダイエットが痩せるという情報があっても、人それぞれそのダイエットが

合っているのか合っていないのかが重要になります。

自分に合ったダイエットを行わなければ継続はもちろん、健康的に痩せることも

難しくなってしまいます。

 

今まで痩せたいとダイエットを頑張ったけど痩せられなかったと悩まれている人は

今日のブログを参考にしたり、ダイエット専門店にご相談いただければと

思います。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・どんなダイエットを行っても痩せない

・痩せる前にダイエットを諦めてしまう

・運動はなるべくしたくない

・健康的に綺麗痩せたい

など、ダイエットでお困りの人はご相談ください。

 

他にも、免疫力の低下・体力低下・咳・ドライアイ・疲労・貧血・耳鳴り・

生理痛・生理不順・不妊症・めまい・乾燥・むくみ・ほてり・手足の痺れ・

アトピー・アレルギー・関節痛・痛風・冷え症・胃腸の不調・認知症・便秘

などの体調不良でお困りの人もご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:木曜日・日曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北根岸線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京浜急行電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:日曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横濱桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北根岸線 桜木町駅南口より徒歩2分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

 

※ 鶴見店・桜木町店共に営業時間に変わりはありませんが、

  定休日が異なっていますので、ご予約の際にはご注意ください。

  また、ご予約の方法は各店舗へ直接お電話していただいてご予約を取って

  いただくか、ホームページのお問い合わせメールにてご予約をお願いいたします。

  メールでのご予約の場合、返信にお時間をいただくことがありますので

  お急ぎの人はお電話でのご予約がオススメです。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2024 (14)
  • [+]2023 (36)
  • [+]2022 (39)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)