完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

MCTオイルとダイエットの関係について

2023.08.21

こんにちは( ´ ▽ ` )

 

料理を作るのに必要になってくる調味料はたくさんありますが、

その中でも油(オイル)に気を遣っている人も多いのではないでしょうか?

油を摂り過ぎてしまえば当然のように体重が増えてしまいます。

摂取カロリーを少なくし、ダイエットを効率良く行うために食材に

気を使われる人も多いかと思います。

 

今日は、最近よく耳にする『MCTオイル』について載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • MCTオイルとは?
  • MCTオイルの効果
  • MCTオイルと他のオイルの違い
  • MCTオイルがダイエットに良いと言われている理由
  • MCTオイルを使う時の注意点
  • まとめ

 

MCTオイルとは?

 

MCTオイルとはどういったオイルになるのでしょうか?

MCTオイルは中鎖脂肪酸油と言われ、ココナッツやパームフルーツなどの

ヤシ科植物の種子に含まれる天然成分で作られているものを言います。

 

 

MCTオイルの効果

 

MCTオイルの効果とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

① ダイエット効果

 

MCTオイルは食べた物が素早くエネルギーとして使われるため、

脂肪として身体に蓄積されにくくなります。

また、体脂肪を燃焼しやすくさせるケトン体の生成をサポートする

働きがあるため、ダイエット効果があると言われています。

 

② 運動後の疲労回復

 

糖質や脂質が太る原因だからといって、全く摂らなくなってしまうと

栄養バランスが乱れてしまったり、疲れやすくなってしまったりと

ダイエットだけでなく身体にも悪影響を与えてしまうため、糖質や脂質も

生きていくのには必要な栄養素となります。

 

速筋は、瞬発的に大きな力を使う際は糖質を主にエネルギー源

遅筋は、持久的に力を使う際には脂質を主にエネルギー源として使われます。

 

MCTオイルを摂取することによってエネルギーが不足することなく運動が

スムーズに行えるようになることや、運動後の回復力が上がると言われている

のです。

 

③ 脳の機能の向上

 

MCTオイルはケトン体(脂肪合成や脂肪分解の過程で発生するもの)を生成させる

働きがあると言われていて、ケトン体が生成されることによって脳にエネルギーを

与え、脳の機能が向上することによって、記憶力・集中力などの機能も向上しやすく

なると言われています。

 

④ 胃腸への負担が少ない

 

MCTオイルは長鎖脂肪酸と比べ、消化・分解・吸収の時間が短くなるため

食べ物が胃や腸に残っている時間も短くなり、胃腸への負担も少なくなると

言われています。

 

 

MCTオイルと他のオイルとの違い

MCTオイルと普段口にしているオイルとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

脂肪酸の長さの違い

 

みなさんが使用するオリーブオイルやラード・キャノーラ油などの一般的に使用する

油は長鎖脂肪酸(LTC)と言われ、脂肪酸の長さが長いものが特徴となります。

MCTオイルは中鎖脂肪酸なので長鎖脂肪酸と比べ、脂肪酸の長さは約半分となっています。

 

脂肪酸の長さが約半分になることで、代謝の経路が異なり消化・吸収・分解する

スピードも速くなるということになります。

 

 

MCTオイルがダイエットに良いと言われている理由

 

MCTオイルがなぜダイエットしている人にオススメなオイルになるのか?

 

① 消化・分解・吸収がスムーズ

 

長鎖脂肪酸と比べ短鎖脂肪酸は代謝経路が異なるため、

消化・分解・吸収がスムーズに行われます。

MCTは水に溶けやすい性質であることと、小腸から門脈を経由して直接肝臓に

送られ消化されるので、すばやくエネルギーとして分解することが出来ます。

 

 脂肪として蓄積されにくくなる

 

消化・吸収・分解のスピードが速くなれば体内に残っている時間が少なくなり、

脂肪として蓄積されにくくなってきます。

 

また、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と比べ、分解の速さが約4倍異なってくることや

分解のピークの時間も中鎖脂肪酸が3時間、長鎖脂肪酸が5時間というのも

ダイエットに関係してきます。

 

③ 急激な血糖値の上昇を抑える

 

空腹時に糖質や脂質を摂ると血糖値が急激に上昇します。

血糖値が急激に上昇したものは急激に下がりやすくなります。

血糖値が急激に下がったことで人は空腹感を感じやすくなってしまため、

間食や食べ過ぎにも繋がってしまいます。

 

MCTオイルは血糖値の急激な上昇を抑える働きがあるため、血糖値が緩やかになり

腹持ちがよくなると言われています。

 

 

MCTオイルを使う時の注意点

 

MCTオイルを使うにあたって注意しなければならないことがいくつか

あります。

 

① 加熱しない

 

MCTオイルは他の油と違って発火点が低く、他の油よりも低い温度で発火・発煙の

可能性が高くなり、危険が伴います。

MCTオイルを使用する際には加熱をせずに『生(サラダ・味噌汁などの飲み物)』で

使用することをオススメします。

 

② 摂取量に注意

 

MCTオイルを過剰に摂取してしまうと腹痛やお腹が緩くなってしまう原因

になってしまうと言われているため、摂取量には注意が必要です。

 

また、ダイエットに良いからと全く太らない油というわけではありません。

MCTオイルは一日に30gを目安に小分けにして摂り、初めて摂るという人は

30gから始めるのではなく、もっとい一日量を少なくし徐々に量を増やして

摂ることをオススメします。

 

③  MCTオイルだけ使えば良いというわけではない

 

身体やダイエットに良いからとMCTオイルだけしか使わないというわけではなく、

他の油にも栄養や身体やダイエットに良い効果もあるので、

・オリーブオイル

・ごま油

・こめ油

・なたね油

・アマニ油

などの油をバランス良く摂りつつ、多く油を摂り過ぎないようにしてください。

 

 

まとめ

 

今日はMCTオイルについて載せてきました。

MCTオイル以外の油が悪いというわけではないので、他の油もその時

の料理に応じて使い方を分けることが良いと言われています。

 

どんな食べ物も食べ過ぎは太ってしまう原因になりますので、

十分に注意してください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・脂肪をガッツリ落としたい人

・健康的に痩せたい人

・どんなダイエットを行っても痩せられない

・痩せてもリバウンドしてしまう

・食生活や生活習慣を改善したい

など、ダイエットに関してお悩みのことがありましたらご相談ください。

 

他にも、不眠症・不妊症・生理痛・生理不順・肩こり・ストレス・目の疲れ・

胃腸虚弱・免疫力の低下・喘息・咳・後鼻漏・冷え・むくみ・腰痛・肌荒れ・

ほてり・多汗症・便秘・気力低下・めまい・高血圧・コレステロール値・頻尿

などの症状でお困りの人もご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:木曜日・日曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京浜東北線 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:日曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市中区花咲町1−19ー3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

 

※ 営業時間は鶴見店と桜木町店共に変わりはありませんが、定休日が

  異なりますのでご予約の際にはご注意ください。

  ご予約の方法は各店舗へ直接お電話していただくか、ホームページの

  ご予約受付のメールにてお願いいたします。

  メールでのお問い合わせの場合、返信にお時間をいただくことがありますので

  お急ぎの人はお電話でのご予約をお願いいたします。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2024 (9)
  • [+]2023 (36)
  • [+]2022 (39)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)