完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエットの天敵!!セルライトが出来てしまう原因や改善方法とは?

2023.06.12

こんにちは♪( ´▽`)

 

今日のブログはセルライトについて載せていきたいと思います。

セルライトは痩せたら無くなるんでしょ?と簡単に考えている人も多いかと

思いますが、セルライトを無くすのはそんなに簡単なことではありません。

 

セルライトになってしまう原因や改善方法・予防方法などについて載せていきたい

と思います。

 

  • セルライトとは?
  • セルライトが出来てしまう原因
  • セルライトが身体に与える悪影響
  • セルライトを作りにくくする習慣
  • まとめ

 

セルライトとは?

 

そもそもセルライトとは、どういうものなのでしょうか?

セルライトとは、皮膚の下の脂肪細胞に老廃物が蓄積されて

大きくなってしまったもので、皮膚の表面が凹凸に見えてしまうのです。

英語では、オレンジの皮に似ていることからオレンジピールスキン

とも呼ばれているそうです。

 

主に、お尻の付け根・お腹・太ももの裏など、贅肉と言われる部分には

セルライトが付きやすいと言われています。

 

 

セルライトが出来てしまう原因

 

セルライトがどういうものか、なんとなくでもわかっていただけたかと思います。

では、そのセルライトがどうして出来てしまうのか、その原因について

載せていきたいと思います。

 

① 血行不良

 

血液の流れが悪い人は身体が冷えて代謝が落ち、痩せにくい体質になって

しまうというのは良く耳にするかと思います。

身体が冷えてしまうということは、脂肪や老廃物も蓄積されやすくなって

セルライトが悪化してしまう可能性があります。

 

 運動不足

 

単純に運動不足が原因でセルライトが出来やすくなります。

運動不足になってしまうと代謝が低くなってしまい、血流やリンパの

流れが悪くなってしまうことも原因ですが、他にも筋肉量が

減ってしまうことでセルライトが身体に蓄積されやすくなってしまうのです。

 

③ 年齢

 

歳を重ねることに、代謝や筋肉量は落ちてきてしまいます。

そのことが原因で皮膚がたるみ、血管やリンパを圧迫しセルライトを

作りやすい状態にしてしまいます。

 

④ 不規則な生活や睡眠不足

 

不規則な生活や睡眠不足を送っていると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経である交感神経・副交感神経のうち、交感神経が優位になって

しまいます。

その結果、身体が緊張し血管が収縮してしまうことで血流が悪くなり

セルライトが蓄積されやすくなってしまうのです。

 

 ホルモンバランスの乱れ

 

女性は特に、妊娠や生理をきっかけにホルモンバランスが変化し、

セルライトが作られやすくなってしまう原因でもあります。

また、ピルを服用している人もホルモンバランスが乱れやすいため

セルライトを作りやすい体質となってしまいます。

 

⑥ 喫煙

 

タバコを吸うことでセルライトに関係があるのか?と疑問に思った人も

多いかと思いますが、タバコを吸うとニコチンの効果によって血管が収縮し、

血流を悪くさせてしまうことでセルライトが出来やすくなってしまうと

言われています。

 

 

セルライトが身体に与える悪影響

 

セルライトが身体にあるだけだったらそんなに気にしなくて良いのでは?

と思ってしまう人も多いかと思いますが、セルライトが身体に蓄積されている

だけでどのような影響があるのでしょうか?

 

セルライトは脂肪が集まった物になるため、そのまま放置しておくと

・太りやすい体質を作る

・代謝を下げる

・血流を悪くする

・リンパの流れを悪くする

・冷え

・むくみ

・腰痛

・肩こり

など、太りやすい体質になってダイエットが効率よく行えなくなってしまうだけでなく

健康面でも様々な影響を与えてしまいます。

 

 

セルライトを作りにくくする習慣

 

セルライトを作りたくなければどんな習慣を意識すれば良いのでしょうか?

 

① 適度な運動

 

ジムやジョギング・ウォーキングを無理に毎日行うようにしなさい!!というわけでなく

日常生活の中で適度な運動は必要になります。

適度な運動とは、

・エレベーターやエスカレーターを使用しないで階段を使用する

・姿勢は常に正しくするように意識

・片足に重心を寄せて立つのではなく、両足に重心を乗せる

・駅やバス停1駅分歩く

・電車の中は座らない

・自宅で身の回りにリモコンやゴミ箱を置かない

・掃除を行う

など、些細なことでも大丈夫なのでなるべく身体を動かすことを意識する

ようにすると良いでしょう。

 

② 同じ姿勢を長時間とらない

 

長時間同じ姿勢が続いていると猫背になってしまい、姿勢が悪い時間が長く

なってしまいます。

姿勢が悪いと身体が歪みやすくなってしまい、ぽっこりお腹の原因にもなり、

血流が悪くなってしまうことで、さらに太りやすい体質を作る原因にもなって

しまいます。

 

デスクワークのお仕事をしている人は1時間に1回は立つように行動する

ことが理想となります。

 

③ 食事のバランス

 

ダイエットを行うにあたって、運動よりも食事のバランスなどの食生活が

とても大切になります。

野菜は太らないからと野菜だけに偏ってしまったり、お魚が苦手だからと

おかずはお肉がメインになってしまわないように食事のバランスが摂れる

ような献立を考えるようにするのが良いかと思います。

 

何を食べるか悩んでるのであれば、和食を意識した食事にするようにしてみて

ください。

 

④ 睡眠をしっかりと摂る

 

睡眠時間や質の良い睡眠が摂れていないと食べ物の消化も悪くなってしまい、

食べ物が消化されないことでそのまま脂肪へと変わってしまいます。

 

また、生活リズムが乱れてしまったり、過食の原因・血流が悪くなってしまう

ことから、太りやすい体質を作ってしまうのです。

 

⑤ 身体を温める

 

身体が冷えてしまったら血流やリンパの流れが悪くなってしまい、

セルライトが出来やすい身体となってしまいます。

代謝が落ちてしまうと脂肪が燃焼しにくくなってしまうことや、身体の

中の老廃物が排出されにくくなります。

 

痩せやすい体質を作るためにも身体を冷やさないように意識してみてください。

これからの暑い時期は冷房で身体が冷えやすくなってしまうので、

羽織る物を常に持っていると良いかと思います。

 

⑥ マッサージやストレッチ

 

マッサージやストレッチを行うことで固まっている筋肉を柔らかくすることで

血流やリンパの流れを良くします。

マッサージを行うことでセルライトを潰すことは難しいですが、セルライトに

効果がないわけでもないし、痩せやすい体質を作りやすくするので

ダイエット効果は期待出来ます。

 

 

まとめ

 

今日のブログはセルライトについて載せました。

何気ない日常生活が実はセルライトを付きやすくしてしまう行動であったかも

しれません。

今からでも生活習慣や食生活を振り返ってみて、少しずつ習慣を改善する

ような努力をしてみると良いでしょう。

 

上記のような習慣を意識したからと、絶対にセルライトを改善・予防出来るわけ

ではありません。

あくまでもセルライトを作りにくくする習慣の工夫になります。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

・脂肪が落ちない

・ダイエットは続かない

・間食がやめられない

・痩せてもリバウンドしてしまう

・食生活や生活習慣を改善したい

など、ダイエットでお困りのことがありましたら相談ください。

 

他にも、ニキビ・アトピー・アレルギー・膀胱炎・冷え症・神経痛・リウマチ・

脱毛・軟調・不妊症・生理痛・生理不順・喘息・鼻炎・食欲不振・口臭・口内炎・

手足の痺れ・動悸・眼精疲労・不眠症・腰痛・肩こり・偏頭痛・あざが出来やすい

などの体調不良でお悩みの人もご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:日曜日・木曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:木曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール101

〜JR京浜東北線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

 

※ 鶴見店・桜木町店共に営業時間は同じになりますが、定休日が異なります

  のでご予約の際にはお気をつけください。

  ご予約方法は直接各店舗へお電話していただくか、ホームページのお問い合わせ

  にてご予約をお願いします。

  ホームページのメールのお問い合わせの場合は返信にお時間をいただく場合が

  ありますので、お急ぎの人はお電話でお願いします。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2024 (10)
  • [+]2023 (36)
  • [+]2022 (39)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)