完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエットには運動が良いと思っていたけど、実はダイエットには逆効果?

2022.03.28

こんにちは♪( ´θ`)ノ

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

『ダイエット=運動』と思っている人も多いかと思いますが、

運動を行っても運動方法が間違っていたらあまり効果が期待出来なかったり、

かえって体重の増加に繋がってしまったりと、効率よくダイエットが

行えなくなってしまう場合があります。

 

今日はなぜ運動が効率よく行えなくなってしまうのか、運動を行うなら

どんな運動が良いのか?

運動を行いながら効率よく出来るダイエット方法について載せてていきたい

と思います。

 

〜目次〜

 

  • 運動がダイエットに逆効果と言われてしまう理由について
  • 身体を引き締めるには筋トレが良い?
  • 身体を引き締める方法
  • 運動を行ってはいけないというわけではない
  • まとめ

 

運動がダイエットに逆効果と言われてしまう理由について

 

ダイエットを経験している人で『ダイエットに運動は非効率的だ』という

言葉を耳にしたことがある人も多いかと思います。

運動がなぜダイエットに非効率だと言われてしまっているのか、その理由に

ついて載せていきたいと思います。

 

① 継続出来ない

 

ダイエットは1日・2日と頑張ったからとすぐに結果が出てくるものでは

ありません。

もしすぐに結果が出たとしても、それは正しいダイエット方法ではないため

リバウンドや痩せにくい体質を作ってしまう原因の1つとなります。

 

② リバウンドしやすい

 

痩せるためには摂取カロリーよりも消費カロリーを増やさなければいけません。

運動をすれば消費カロリーが増えるため、何もしないよりかは痩せやすくなります。

しかし、目標まで体重が落とせた時に食事量は変わらずに運動を辞めてしまえば

今まで動いていた分の消費カロリーが無くなってしまうため、太りやすく

なってしまいます。

 

③ 運動でカロリーを消費することは大変

 

個人差はありますが、1kgの脂肪を落とすのに約7200kcalの消費が

必要になります。

毎日汗ばむくらいの運動を30分行ったとしても約100kalの消費にしかならない

と言われているので、1kgの脂肪を落とすのに約3ヶ月はかかってしまうのです。

他にも例えるとすると富士山を往復2周することで1kgの脂肪がやっと消費

出来るようになるため、運動で脂肪を落とすことはなかなか難しいと言われています。

 

④ ついつい食べ過ぎてしまう

 

運動をした後はご飯が美味しく感じることもありついつい食べ過ぎてしまったり、

今日はいっぱい運動して頑張ったからと甘いものを多く食べたりしていませんか?

せっかく身体を動かしてカロリーを消費したのにその分を食事で摂ってしまったら

運動をした意味があまり無くなってしまいます。

 

 

身体を引き締めるには筋トレが良い?

 

身体を引き締めたいから運動を行っているという人も多い

かと思いますが、身体を引き締めるには筋トレの方がオススメです。

 

痩せたいなと思うようになるきっかけは様々だと思いますが、

その中でもお腹周りを気にしている人が多いのではないでしょうか?

 

例えば、お腹を引き締めるためには腹筋が良いと言われていますが、普通の腹筋

だけだと腹直筋しか鍛えられないため、くびれを作るにはちょっと

物足りない筋トレとなります。

 

くびれを作るには腹斜筋を鍛えなければならないので、腹筋をして身体を

起こした後に身体を捻ることで腹斜筋を鍛え、引き締められることで

綺麗なウエストを作れるようになります。

 

有酸素運動も無駄にはならないですが、身体を引き締めるには有酸素運動よりも

筋トレがオススメです。

 

 

身体を引き締める方法

 

では、身体を引き締めるためにはどんな筋トレが効果的なのでしょうか?

 

① お腹

 

先ほども載せましたが、お腹を引き締めてくびれを作るには腹筋だけでは

難しいと言われています。

くびれを作るためにオススメな筋トレ方法とは?

最も簡単な方法としては『ドローイング』という方法があります。

 

★ ドローイング

ドローイングは立ってても座っていても行える簡単な方法になります。

姿勢を真っ直ぐにして肩が力まないように意識

  ↓

お腹に空気溜め込むように息を吸う

  ↓

息を止めた状態をキープ

  ↓

膨らませたお腹が凹むように空気を思い切り吐き出す

  ↓

空気を全部出し切ったらお腹を凹ませた状態をキープ

 

一通り行う時間は20〜30秒くらいを目安に行ってみると良いでしょう。

ポイントとしては、

・お腹の筋肉を意識して行う

・連続で行う

・姿勢を正す

などを意識してドローイングを行うとよいでしょう。

 

☆ ツイストクランチ

ドローイングだとちょっと物足りない・・という人にオススメな筋トレは

ツイストクランチです。

やり方は

仰向けに横になり、両手は頭の後ろ

  ↓

膝を90度に曲げ、つま先の先端を上げる

  ↓

右肘と左膝がくっつくように腹筋を使い上体を起こす

  ↓

また元の体制に戻り、次は左肘と右膝をくっつけるように上体を起こす

  ↓

左右どちらも交互にゆっくりと行う

 

勢いで行ってしまうと筋肉への負担が少ないのでゆっくりと時間をかけて

行う方が負荷がかかり、筋トレには効果が期待出来ます。

 

普通に腹筋をし、一回一回上体を起こした時に身体を捻るだけでも良いと

言われているので、それでも良い筋トレ方法になるかと思います。

 

② 下半身

 

太ももが太く、それがコンプレックスになっている人も居るかと思いますが、

下半身が気になる人には『足パカ』がオススメです。

足パカは私も毎日行っている簡単な運動方法になります。

 

★ 足パカ

仰向けになり股関節を90度に曲げて足を天井に向けて伸ばす

  ↓

足を外側に開脚するように開く

  ↓

ゆっくり閉じる

  ↓

繰り返し行う

 

☆ 横向き足パカ

右肩を下にして横になり

  ↓

左足を右足の前に立てる

  ↓

右足を天井に向けてゆっくりと上げる

  ↓

足を元の位置に戻す時は足は床につけないで浮かせた状態

  ↓

ある程度回数が終わったら反対側の足も行う

 

私は全部50回ずつ行っていますが、始めは慣れていない分回数を重ねる

ことが大変かと思うので自分が出来る範囲で20回・30回と回数を

増やしていけることが理想となります。

 

足パカを行う時に内転筋(足の内側の筋肉)がしっかりと使われている

ことを意識すると良いでしょう。

 

★ マッサージ

マッサージを行うことで足のむくみも取れるのでオススメです。

やり方

お尻を少し叩いて上半身にも血液や老廃物が流れるようにする

  ↓

膝裏を指で押して揉む

  ↓

足首から膝に向けてマッサージ

  ↓

膝からお尻(股関節)に向けてマッサージ

  ↓

左右どちらの足からでもよいので両足行う

 

マッサージも足パカもやっている時間がない!という人は、お尻を

叩くだけでもよいので行ってみてください。

 

③ 二の腕

 

二の腕の振袖をどうにかしたいと悩まれている人も多いかと思います。

簡単な改善方法とは?

何も道具を使わない方法とペットボトルにお水を入れて筋トレを

行う方法があります。

 

★ 道具を使わない方法

後ろ向きで手をパイバイと手を振るだけです。

足を肩幅に広げ、身体を少し前に倒す

  ↓

胸を張って肩甲骨を引き寄せ、後ろに手をもっていく

  ↓

腕はなるべく後ろに上げたまま、肩の付け根からゆっくり捻る

(無理のない程度に限界まで捻ることが重要)

  ↓

左右交互に捻る

 

ポイントとしては、腕はなるべく後ろの位置をキープし、肩に力が入り過ぎない

ように意識することが大切です。

 

☆ ペットボトルを使う方法

ペットボトルは持ちやすい500mlに水を入れて使用すると良いかと思います。

椅子を準備し、椅子の真横、座面に対して垂直に立つ

  ↓

足は腰幅に開き、膝を少し曲げる

  ↓

ペットボトルを右手で持つ場合、左手で椅子に手を付き

身体は腰よりも肩が少し高いくらいの位置

  ↓

ペットボトルを持っている手を身体と並行になるように上げる

(小指は天井、親指は床を向くように)

  ↓

小指側は天井を向いているのでそのまま腕を上げる

(肘を曲げないように)

  ↓

またゆっくり身体と腕が並行になる位置に戻し繰り返す

  ↓

左右どちらも1セット10回を3セット

 

どの方法もキツいなと感じたら回数を減らして行ったり、少し時間を

短くするなど工夫して、自分が毎日継続出来るように行うことが大切です。

 

 

運動を行ってはいけないというわけではない

 

ダイエットには運動は非効率だといましたが、ダイエット中に運動を

行ってはいけないというわけではありません。

運動を行えば消費カロリーも増え、代謝も良くなり痩せやすい体質を

作ることが出来ます。

 

運動だけで痩せようとするのではなく、食生活や生活習慣の改善

とても重要になります。

しかし、食生活を改善したからと1日中家でゴロゴロして過ごすのではなく、

多少は身体を動かすことを意識するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

ダイエットは運動して痩せるのではなく、食生活や生活習慣の根本を

改善してダイエットを行うことが綺麗に痩せるためのポイントとなります。

 

運動=辛いというイメージを持っている人が多く、継続出来ない人や

ダイエットをして痩せよう!!という気持ちが持てない人も多いかと思うので

自分で無理のない運動を取り入れることも大切になります。

 

運動も正しい方法で行わなければ違う部分に筋肉がついてしまったり、

水分を摂りすぎてしまうことが原因で体調不良・むくみ・痩せにくい体質を

作ってしまう原因にもなるので、正しい方法で運動を行いましょう。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・どんなダイエットをしても痩せられない

・すぐにリバウンドしてしまう

・食生活や生活習慣などの根本を改善したい

・運動が苦手or嫌い

などダイエットでお困りのことがありましたらご相談ください。

 

他にも、めまい・動悸・息切れ・不安症・不眠症・不妊症・生理痛・

生理不順・子宮筋腫・貧血・関節痛・神経痛・花粉症・風邪・冷え症・

むくみ・更年期障害・ほてり・肩こり・糖尿病・高血圧・低血圧

など、体調不良でお困りの人もお電話やホームページの問い合わせにて

ご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:日曜日・木曜日

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 3F

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−341−4823

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:木曜日

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−718−6801

 

定休日が異なりますのでご予約の際はお気をつけください。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2022 (16)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)