完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

朝食には味噌汁を・・・そこでオススメな具材って何?

2019.07.12

こんにちは(-。-)y-゜゜゜

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

朝食だけに限らずダイエットや健康にもオススメなのは『洋食より和食』と言いますが、今日は和食の定番である味噌汁のダイエット効果とオススメの具材について載せていきたいと思います。

 

まず、味噌汁がダイエットに良いと言われている理由として・・・

体温が上がることで代謝も上がる

 

味噌汁を飲むことで体温が上がりやすくなると言われています。

体温が1℃上がるだけでも代謝が13%も上がるため、血行が良くなることで酵素の働きが活発になり、新陳代謝も上がるため、ダイエット効果や美肌効果も期待出来ます。

 

便秘解消

 

味噌には乳酸菌だけでなくサポニン・大豆ペプチドが多く含まれています。

その栄養素が腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きがあることから腸内環境を改善しやすくします。腸内環境が整うことで身体の中の老廃物が外へ排出しやすくなり痩せやすい体質を作ることが出来ます。

 

ダイエットでお味噌汁の具のオススメは・・・

あさり

 

あさりには鉄分が豊富に含まれいていて、貧血予防や疲労回復効果があると言われています。

また、タウリンという成分が血液をサラサラにし中性脂肪値を低下させる働きがあるのでダイエット効果が期待出来ます。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎにはケルセチンとアリシンが含まれていて、ケルセチンはポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、血管中の中に血栓を作るのを防ぎます。

アリシンは血管を広げる働きがあるため、身体が温まり血行を良くすることで代謝が上がり痩せやすい体質を作ってくれるます。

 

大根

 

大根は低カロリーで歯ごたえのある野菜になるため、満腹感を得やすく食事量を全体的に抑えることが出来ます。

また、食物繊維も含まれているので腸内環境を整えやすくしてくれる食材になります。

 

豆腐とわかめ

 

豆腐にはレシチンという成分が含まれていて、レシチンという成分が脂肪肝を減少させ脂肪の代謝を活発にさせる働きがあります。

わかめにはアルギン酸という水溶性食物繊維の一種が含まれていて、働きとしては身体の中のナトリウムを吸収して排出することでコレステロール値を低くし、高血圧の防止となります。

また、豆腐とわかめの組み合わせは栄養を吸収するのにとても相性が良いのです。

 

豆腐と油揚げ

 

油揚げはカロリーが高いと思っている人も多いと思いますが、油揚げは湯通しをして油抜きをすることでカロリーを抑えることが出来ます。

豆腐と油揚げを組み合わせることでビタミンKが多く含まれていることで、カルシウムの代謝を助ける働きがあり、骨や歯を丈夫にしてくれるのです。

 

食事バランスや食事量を気にして、和食を食べているのだから少しでも効率よくダイエットがしたいと思うのはもちろんだと思います。

おかず一つ一つ工夫していけば少しでもダイエットが効率よく行えるので、正しい食生活を意識してみてください。

 

もっとしっかりと痩せたい人は松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたら、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)