完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

野菜ってなんで食べなきゃいけないのか?

2017.10.07

こんにちは♪(´ε` ) 松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。   健康やダイエットのために野菜を摂りなさいと良く耳にしますが、『身体に良さそうだから』『カロリーが少ないから』と皆さん曖昧な理由の人が多いでしょう。 今日は私たちが生きていくのになぜ野菜が必要なのか載せていきたいと思います。   野菜は他の食材と違って栄養がしっかりと入っていています。 野菜の種類にもよりますが、その中でもビタミン・カリウム・食物繊維が多く含まれています。   ①ビタミンは野菜に一番多く含まれていて、肌にも良く・骨を作る手助け・免疫力を高める・抗酸化作用・アンチエイジングなど様々な効果があります。   ②無機質(ミネラルでマグンネシウム・カリウム・ナトリウム・鉄分などの栄養あり)が多く含まれていて、その中でもカリウムが多く含まれています。 現代では塩分が多い食事が多くなっていて、カリウムは身体の中にある余分な塩分を外に排出する効果があります。   ③血糖値が急激な上昇をしてしまうと血液がドロドロになってしまい、血管が詰まってしまいます。血管が詰まってしまうと動脈硬化などの命に関わる病気になりやすくなってしまいます。 脂質が少ない野菜を食べることで血糖値の急激な上昇を抑えられるので、野菜から先に食べるようにと言われています。   野菜をしっかりと食べることで健康な体を作るための必要な栄養が含まれていることと、急激な血糖値の上昇を抑えるので命に関わる病気のリスクを低くすることが出来ます。 なので野菜は私たちが健康で生きていくのにとても必要な食材になるのです。      松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。 他にも体調不良で何かお困りのことがあればお電話でご予約しご相談ください。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)