完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

これからの季節はジメジメした湿気が多い・・・外に出るのも嫌・・・そんな時のダイエット方法は?

2021.05.22

こんにちは_φ( ̄ー ̄ )

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

週末に天気が悪い日が続いてましたが、ここ最近は晴れている日が少なく

曇りや雨の日が多くジメジメした日が多くなって来ました。

他の県では梅雨入りしたところもありますが、関東ではまだ梅雨入りを宣言

されていないため、まだ雨の日が続いてしまうかもしれません。

 

湿気が多くジメジメしている日は外で運動することも嫌になってしまい、

雨の日に外で運動することは難しくなってしまう季節でもあります。

 

そこで、ジメジメした梅雨の季節でも無理なくダイエットを続けるコツなど

詳しく載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • 梅雨の時期は痩せにくい?
  • 梅雨に太ってしまう原因
  • 梅雨太り対策
  • 梅雨が明けた時のダイエット方法
  • まとめ

 

梅雨の時期は痩せにくい?

 

梅雨の時期は雨が多く、外に運動しに出かける機会も少なくなる季節に

なり、運動量が少なくなっても食事量は変わらないため、太りやすく

なる時期になります。

 

湿気がある方が汗もかくし、痩せやすいのでは・・・?

と思っている人も居るかと思います。

しかし、湿度が高いと体温調節が上手く出来なくなり太りやすくなってしまう

とも言われています。

 

痩せやすい体質を作るには体温調節が自分で出来ることがポイントになります。

体温調節がきちんと出来ていることで、身体の機能も上手く働き代謝を向上

させることが出来ます。

 

運動量が減ってしまうのも太りやすくなる原因の1つとなりますが、

湿気で体温調節が上手くいかないことも痩せにくくなってしまう原因にもなります。

 

 

梅雨に太ってしまう原因

 

梅雨に体重が増えてしまう原因について載せていきたいと思います。

 

① 運動量が減り、食事量が変わらない

 

梅雨の時期はジメジメしていることや雨が続いてしまっていることで、

外出する機会が少なくなって天気が良い日と比べたら運動量が減ってしまう

人が多いかと思います。

運動量が減ったからと食事量を変えることもなく、いつも通りの食事をしている

と消費カロリーが少なくなっているのに摂取カロリーが変わらないと徐々に

体重は増えやすくなってしまいます。

 

② 空腹時がない

 

雨で1日中家の中に居る時はお腹が空いていないのに常に何か口にしている

ということはありませんか?

空腹時は食べ物だけでなく、糖質の入った飲み物を飲むことも間食に含まれます。

 

脂肪が落ちるのは空腹時の時=血糖値が下がっている状態となります。

カロリーのある飲み物や食べ物を食べてしまうと、血糖値が上がってしまうため

脂肪が落ちるタイミングが無くなってしまいます。

 

なので、梅雨の時期に限らず日常生活の中でもしっかりと空腹時を作る習慣が

太りにくい習慣と言えます。

 

③ 塩分の多い食事が多い

 

蒸し暑い梅雨の時期にはしょっぱい物が食べたくな人も多いかと思います。

塩分が多い食事が多いと血中の塩分濃度が濃くなってしまい、それを薄めようと

水分を良く摂るようになってしまいます。

その結果冷え症やむくみに繋がって、代謝が下げてしまうことで痩せにくい体質と

なってしまいます。

 

梅雨の時期に関係なく塩分の摂り過ぎはダイエットだけでなく、健康にも悪影響と

なるので十分に注意してください。

 

 

梅雨太り対策

 

では、梅雨に太らないようにするには何に気をつければ良いのでしょうか?

 

① 家の中で1日中動かないでゴロゴロしない

 

きちんと運動をしろ!というわけではなく、雨で運動量が減ってしまった場合は

家の中の家事を積極的に行うなど、身体を少しでも動かすように行動することが

大切になります。

 

また、梅雨の時期はむくみやすい季節でもあるため、ストレッチやマッサージなど

を行って、少しでも血流が良くなるような運動を取り入れると良いでしょう。

ストレッチやマッサージは筋トレなどと違って、簡単で手軽に始められるので

継続しやすいことがオススメです。

 

② 空腹時をしっかり作る

 

梅雨で家に居る時はついつい何か口にする機会が多くなってしまいがち

ですが、痩せる生活習慣を身につけるためには空腹時をしっかりと作り

食べる時と食べない時のメリハリをつけることが大切になります。

 

③ 夜更かしをしないで睡眠を摂る

 

質の良い睡眠を摂ることで自律神経のバランスが整いやすくなり、

健康にもダイエットにも良いと言われています。

また、しっかりと寝て朝日を浴びることで体内時計が整うのも

ダイエットを効率良く行える近道にもなります。

 

梅雨の時期は朝に目が覚めても曇っていて太陽の光を浴びることは

難しいかもしれませんが、生活習慣・生活リズムが整うだけでも

健康&ダイエットには良い習慣となります。

 

どの習慣も梅雨の時期だけでななく、1年中意識すると痩せやすい体質に

変わりやすくなるので意識してみてください。

 

④ 冷たい飲み物や食べ物は避ける

 

ジメジメした気温だからと冷たい飲み物を飲みたくるのも、冷たい食べ物を

食べてさっぱりしたい!という気持ちもわかりますが、冷たい飲み物や食べ物は

身体を冷やしてしまい太りやすい体質になり、ダイエットが効率よく行えなくなって

しまうことや健康面でも悪影響を与えてしまいます。

 

また、そうめん・うどんのように簡単に料理が出来て、ツルッとした食べ物が

食事で多くなってしまいがちですが、糖質を多く含む食材になるため

脂肪が増えやすくなると言われいます。

 

冷たい食べ物や飲み物を全く摂るな!というわけではなく、身体を温める物も

口にすると良いので、どちらもバランス良く摂るようにしてください。

 

⑤ シャワーだけでなく湯船に浸かって身体を温める

 

シャワーだけで済ませてしまうと身体の芯の部分まで温めることが出来ないため

代謝が上がりにくくなってしまいます。

気温が高い時はサッとシャワーだけで済ませてしまう人も多いかと思いますが、

暑い季節でも湯船の温度を39〜40℃くらいに設定して身体を温めるように

意識するようにしてください。

 

また、冷房が効いている部屋に長時間居ることも身体を冷やしてしまう原因になるので

身体を冷やさないことがポイントとなります。

 

 

梅雨が明けた時のダイエット方法

 

梅雨に太らない対策をしても太ってしまった・・・

という人が梅雨明けに行った方が良いダイエット方法とは?

 

① 運動量を増やす

 

ジムやランニングをして運動量を増やせ!というわけではなく、

日常生活において運動を取り入れる方法になります。

 

例えば・・・

電車の中は座る → 立つ

エスカレーター・エレベーター → 階段

乗る停留所から降りる停留所までバス → バスの停留所1つ分歩く

しゃがまないで雑巾掛け → しゃがんで雑巾掛け

など、日常生活の中で少しでも消費カロリーを多くするように身体を動かす

ようにしてください。

 

② むくみを改善させる食べ物を摂る

 

梅雨太りの原因の1つとして、塩分を摂り過ぎてしまうということのむくみ

が関係していると載せました。

身体の中のむくみを改善させるには余分な水分を取らなければいけません。

むくみ改善のために積極的に摂って欲しい物とは

・きゅうり

・アボカド

・セロリ

・とうもろこし

・貝類

・生姜

・りんご

・キウイ

などの食べ物があります。

 

飲み物にも利尿作用があるものもありますが、水分を摂り過ぎてしまうと

意味がないので今回は載せないでおきます。

これから夏が来て、暑い気温が続くと思いますが、喉が乾いたら飲むように

してください。

飲まないのも熱中症の原因にもなるので、無理に我慢しないで水分補給も

大切にしてください。

 

③ マッサージやストレッチ

 

マッサージやストレッチを行うことで血液の巡りを良くしてむくみを少しても

改善しやすくします。

どちらも湯船に浸かりながら、テレビを見ながらと何かしながら行える方法に

なるので、他の運動と比べて続けやすいむくみの解消方法でもあり、痩せやすい

体質作りの1つとなります。

 

 

まとめ

 

梅雨は自律神経が乱れやすく、痩せにくい時期でもあると言いましたが、

絶対に痩せないというわけではありません。

また、太りやすい梅雨の時期は体重を増やさないようにキープするだけでも

良いのではないかと思います。

 

もし太ってしまったとしてもそこでダイエットを諦める必要はありません。

そこからまた少しずつ頑張っていければ自分が目標にしている体重に近づけるはずです。

 

雨が多く嫌な時期が続きますが、ストレスを溜めないように

しっかりと発散するようにしてください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・リバウンドしてしまう

・運動が苦手や嫌いな人

・脂肪や体重をしっかりと落としたい人

ダイエットで何かお困りのことがありましたらご相談ください。

 

他にも不妊症・生理不順・生理痛・更年期障害・息切れ・動悸・めまい・

腰痛・膝痛・関節痛・肌荒れ・アトピー・アレルギー・白内障・緑内障・

慢性疲労・便秘・胃腸虚弱・食欲の低下・貧血・冷え症・体力の低下

などの体調不良でお困りの人はお電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (34)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)