完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

食品カロリーを知っておくメリット

2019.12.15

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

今日は、食品のカロリーを知っておく

メリットについてご紹介していきます♪

 

 

 

1日の摂取カロリーを守ることができる

 

運動量や基礎代謝量によって変わることもありますが

成人女性の1日の摂取カロリーは

平均は1800~2200kcalと言われています。

 

「1日でこれだけ食べられるなら食事制限なんて必要ない」

と考える人も多いと思います。

しかし、夕食に洋食ディナーを食べるだけで

軽く1000kcalを超えることもあるんです。

 

「今日はあまり食べていない」と思っても

摂取カロリーを見ると大幅オーバーということも多々。

食材のカロリーを知ることは

1日の摂取カロリーをきちんと守れるようになる

第一歩になります。

 

小さくても高カロリー。見た目に惑わされない

 

ダイエット中でも甘い物が食べたくなる時、ありますよね。

我慢がストレスとなり返ってダイエットの効率を

下げてしまうということもあります。

暴飲暴食はNGですが食後に少しならOKです。

ただし、できるだけ低カロリーなお菓子やデザートを

選ぶようにしていきましょう。

クッキーやマフィンなど小さくても高カロリーな食材は

数多く存在します。

クッキー5枚でも1枚が100kcalを超えているなら

5枚で500kcal以上のカロリー摂取となってしまいます。

小さければ何でも良いという訳ではありません。

 

お菓子やデザートのカロリーもしっかり把握し

見た目に惑わされないようにしてください。

 

摂取カロリーと消費カロリーのバランスの把握ができる

 

今日食べたもののカロリーがわかれば

摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことが可能です。

摂取量よりも消費量が増えれば単純に痩せやすくなり

ダイエットの効率も一気にアップします。

 

もちろん極端に摂取カロリーを減らし

運動量ばかりを増やしてしまうのはNGです。

無理なダイエットは身体を壊すだけではなく

リバウンドを引き起こす原因にもなります。

 

摂取カロリーを大まかにでも把握しておけば

1日の摂取カロリーの範囲内で3食+デザートまで

食べることが可能になります。

 

低カロリーな食材を選び美味しく健康的な

ダイエットに励んでいきましょう。

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (82)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)