完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

ダイエットで肌がボロボロにならない食事の基本

2019.12.11

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

ダイエットといえば食事を抜く。

極端な場合はこんにゃくしか食べない

1品ダイエットに走る人もいるでしょう。

ですがそれはせっかく痩せても

栄養不足でお肌がボロボロ。

髪も爪も綺麗な状態を保てなくなる可能性があります。

 

なにより健康にとって良くないので

食べないダイエットはNGです。

ダイエットにおいて食べないとは

食べ過ぎないの略だと覚えておきましょう。

せっかく痩せたのにお肌がボロボロにならないためにも

基本の食事はしっかり摂って

その上で無理なく健康的にスリムな体型を

目指していきましょう。

 

ダイエットに夢中になり1ヶ月で10㎏減!のような

無理な目標を立ててしまうとやってしまいがちなのが

食べないダイエット。

ただひたすらに食事量を減らすだけを目標にしてしまうと

体が本来必要な栄養まで摂れなくなってしまい

栄養不足でお肌はボロボロ。

そもそもダイエットの目的が綺麗になることであることを

考えるとこれは絶対に避けるべき事態です。

ダイエットにおける食事制限はよく考えて行いましょう。

 

 

無理な食事制限はNG

 

ダイエット時の食事制限は必要な場合もあります。

とはいえ、これは無駄に食べていた

「食べ過ぎ」の部分を減らす意味合いが大きく

基本の3食を減らすものではありません。

基本の3食はできればきちんと摂り

間食をするにしても低カロリーなものを選びましょう。

 

身体的に辛いと感じるような食事制限は

絶対にNGです。

無理をして痩せても健康を損なったり

ダイエット後のリバウンドを招くだけです。

そうならないように食事は無理のない範囲で

「制限」するというより「調整」する

イメージでいましょう。

 

ダイエット中でもきちんとした栄養摂取は必須です。

特に3大栄養素と言われている

脂質、糖質、タンパク質は摂取量をゼロにしてしまうと

体に悪影響が出てしまいます。

きちんとした食事の中で正しい栄養を摂っていくように

調整しましょう。

 

中でも、タンパク質とビタミンは美容にとって

非常に重要です。

しっかり摂って綺麗に痩せていきましょうね。

 

タンパク質は肌や髪ツヤに欠かせない

 

タンパク質は、体の中の多くの部分を作る

原材料となる成分です。

肉や魚に、卵に多く含まれており

筋肉だけではなく肌や髪を作る成分としても

欠かせない存在です。

 

タンパク質が不足すると肌や髪はツヤを失い

綺麗を損なう結果になってしまいます。

ダイエット中は野菜だけなどに食事が偏りがちに

なるかもしれませんが

卵やチーズを足すなどうまく工夫して

しっかりタンパク質を摂取しましょう。

 

タンパク質の摂り方としてはスーパーに欠かさず

置かれている卵を利用するのがオススメです。

卵は良質なタンパク質の塊で

茹でるだけ、焼くだけで食べることができる

手軽さも嬉しいところです。

特に忙しい朝のたんぱく源として

大活躍してもらいましょう。

 

ビタミンはしっかり摂って美肌を保とう

 

ビタミンは肌ツヤを保つ重要な栄養素です。

野菜や果物には、体に必須なビタミンCや

ビタミンA、ビタミンBなどが豊富に含まれています。

これらをうまく摂取することで

綺麗な肌や髪を保つようにしましょう。

何よりも健康にとっても重要なこと。

できることなら毎食野菜や果物を取り入れるように

意識してみてください。

 

炭水化物は程よく減らす

 

炭水化物はダイエット時に特に敵視されやすい存在ですが

体にとってはエネルギー源。

これがないと活動的に動くことができません。

ですから、全くゼロにしてしまうのではなく

例えば、毎日焼き菓子やスナック菓子を食べていたら

それを数日に1度にしてみるなど

無理にオールカットする必要はありません。

 

 

ダイエットの目的は綺麗になること。

痩せることにとらわれすぎず

バランス良く食べて綺麗に痩せましょう。

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (74)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)