完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

冬に食べてほしい旬の野菜

2019.11.27

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

カロリーが低くてミネラルやビタミンも補給できる

野菜はダイエットにも健康維持にも欠かせない食材です。

今日は、冬の旬のオススメの野菜をご紹介します!

 

 

キャベツ

 

冬にも旬を迎えるキャベツはカロリーも控えめな上

ビタミンUとビタミンCが豊富な野菜です。

トマト鍋などの洋風のものや豆乳系とも相性が良いので

鍋料理にもっと活用したい野菜の一つです。

 

キャベツのビタミンUは胃腸の調子を整える脂溶性ビタミンとしても

知られています。

内臓の健康は肌にも表れるので意識してたくさん食べたいですね。

ビタミンCはコラーゲン生成をサポートしてくれます。

キャベツのビタミンは外の緑の部分と芯の部分の両方に多いので

上手に活用してみましょう。

 

小松菜

 

今の時期が一番美味しい小松菜。

やはりカロリーも低めでカロテンやカルシウムの多い野菜です。

鍋野菜の青味として春菊よりもアクが少なくて

様々な鍋に相性が良いのも小松菜の特徴です。

 

カロテンは肌や粘膜を丈夫にしてくれるので

美肌の強い味方です。

カルシウムやビタミンKが骨の成長を助けてくれるので

若々しい姿勢を維持したい方にも!

 

大根

 

水分がたっぷりでカサのわりにはカロリーも控えめ。

食物繊維が豊富なので食事に取り入れることで

体脂肪合成をブロックしてくれます。

薄くスライスしたり千切りにしたりすると

いろんな鍋に使えて便利です。

お味噌汁にも良いですね♪

 

大根には消化を助けてくれるアミラーゼ、リパーゼ、

プロテアーゼという酵素も含まれているので

ごちそうが続いた時などに大根おろしにして

食卓に取り入れましょう。

 

ブロッコリー

 

緑黄色野菜であるブロッコリーは体脂肪をつきにくくしてくれる

食物繊維の他、肌や粘膜を健康に守ってくれるカロテン、

肌のコラーゲン生成を促してくれるビタミンC、

抗酸化作用のあるビタミンE、脂質の代謝を高めてくれるビタミンB2、

などが含まれていて綺麗を作ってくれる野菜です。

 

少しだけ油をプラスすると効果が高まるので

洋風に調理するのは理にかなっているのです。

あまり煮すぎないで食べると栄養価が逃げ過ぎず

食感も残ってダイエット向けになります。

 

ほうれん草

 

体脂肪ブロックに効果が期待できる食物繊維や

広く知られている鉄分が豊富な上

肌の健康に役立つカロテン、糖質の代謝を高めるビタミンB1、

脂質の代謝を高めるビタミンB2、

肌の弾力を維持するビタミンCなども豊富で

栄養価の高い緑黄色野菜です。

 

葉物野菜は長時間茹でたり長時間水にさらしたりすると

ビタミンが減ってしまうので

調理は素早く行うのがコツです。

鍋を作る際にも仕上げに短時間で煮ると良いでしょう。

 

 

野菜の効果を知れば食べるモチベーションも上がります。

この冬も一層健康と美を維持しましょう♪

 

では、また更新します(^▽^)/

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)