完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

健康的に痩せたいならお肉は食べるべし!

2019.10.21

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

 

ダイエット中だからお肉は控えなきゃ・・

と思っている人もいるのではないでしょうか?

でも実はお肉はダイエットの味方です!

そこで、痩せるためにはお肉を食べた方が良い理由と

太りにくいお肉の食べ方をご紹介します。

 

 

ダイエット中こそお肉を食べた方が良い理由

 

お肉を減らすと体内のタンパク質が不足してきて

筋肉量が落ち基礎代謝が低下してしまいます。

そうなると運動しても脂肪が燃えにくくなります。

 

お肉は吸収、消化に時間がかかり

食べると体内で多くのエネルギーが消費されます。

つまりお肉は野菜よりもカロリーが高いですが

それがそのまま体脂肪になるのではなく

身につく分は少ないのです。

 

ダイエット中って無性に甘い物が

欲しくなる人も多いと思います。

それはお肉に含まれるチロシンというアミノ酸が

不足しているせいなのです。

チロシンが甘い物を食べたいという欲求を

抑えてくれます。

 

 

そして太りにくいお肉の食べ方もご紹介します!

 

赤身肉を食べる

 

お肉の赤身に豊富に入っているL-カルニチンという成分は

脂肪を燃焼させタンパク質を筋肉に変えてくれる

働きがあると言われています。

羊、牛、豚の順に多く含まれていて

鶏肉にはほとんど入っていないです。

 

ただ、牛などの脂肪たっぷりの霜降り肉は

赤身部位が少ないので

L-カルニチンを摂りたいのなら

避けた方が良いでしょう。

 

脂身が少ない部分を選ぶ

 

お肉を食べる時は牛肉なら肩、もも、

豚肉ではヒレ、もも、鶏肉なら胸、ささみが

オススメです!

サーロインやロースが食べたい時は

脂の部分を取り除くことでカロリーを

約三分の一ほどカットできます。

 

ひき肉に注意する

 

ハンバーグにつくね、餃子にミートソースのひき肉には

20%以上の脂身が混ぜ込んであります。

気付かないうちに脂を摂りすぎないように

意識しましょう。

 

脂を落とす調理法で

 

グリルやオーブンで調理すると脂は落ちてしまうので

余計な脂を摂取しなくて済みます。

煮る、蒸す、茹でる場合も脂が抜けるので

余計なカロリーを摂取せずに済みます。

しかし、煮汁やゆで汁を摂取する場合には

アクや脂を取り除くようにしましょう。

 

 

お肉は健康にもダイエットにも必要な食材です★

お肉は太るから。と避けていた人!

食べても大丈夫なんです!

ただ、お米の食べ過ぎには気を付けましょうね。

脂肪を溜め込みやすくなります。。

 

 

では、また更新します!

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (77)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)