完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

停滞期がきた時の対処法

2019.09.02

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

 

ダイエットを続けていると

必ずと言っていいほどぶつかる壁があります。

それは「停滞期」です。

この停滞期を抜け出すにはどうしたら良いのでしょうか。

その原因と対処法についてご紹介します!

 

 

体重が5%減った時に起こる停滞期

 

「うまく痩せてきたのに突然減らなくなった」

ダイエットの方法を変えたわけでも

誘惑に負けたわけでもないのに、なぜ減らない!!

こんな体験したことがある人、多いと思います。

これにも理由があります。

 

ダイエットによって体重が減少すると身体は

「餓死状態に陥っている」と判断し

体脂肪を蓄えようとしたり

エネルギーの消費量を抑えるといった状態に変化します。

 

停滞期は一般的に体重が5%減った時や

ダイエットを始めて1ヶ月ほど経った時に起こりやすく

個人差はありますが約2週間~1ヶ月程度続くと言われています。

 

これが停滞期の正体です!

自分だけが体重が減らなくなるのではなく

誰にでも起こることです。

 

頑張っているのに成果を感じられないと

モチベーションは下がる一方ですよね。

しかし、ここで諦めてしまうのはもったいないです!

このタイミングでダイエットを諦めて普段の食生活に戻すと

身体はエネルギーの消費量を抑えた状態のままなので

リバウンドしやすくなってしまいます。

 

リバウンドしやすいと聞いてしまうと

何としてもこの停滞期を早く抜け出したいものですよね。

では、どうすれば良いのか見ていきましょう♪

 

栄養バランスの良い食事を継続

 

停滞期に入ると「食べる量が多すぎた?」と感じて

さらに食事の量を減らそうとしていませんか?

大切なのは食事の量を減らすことよりも

必要な栄養をしっかり摂るということです。

 

ダイエット中は栄養が偏りがちになります。

停滞期に入った時は一度食生活を見直してみると

良いかもしれません。

 

主食や肉や魚、卵、乳製品、野菜やキノコ、海藻類などの

副菜が揃った栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく

 

ダイエット中に野菜を摂ろうとした時

一番選びやすいのが「サラダ」ではないでしょうか?

でも、サラダだけだと摂取する野菜がきゅうりやレタスなどの

淡色野菜ばかりになってしまいます。

停滞期を脱出するには色々な種類の野菜(特に緑黄色野菜)を

摂ることが大切です!

 

ほうれん草やトマト、ブロッコリー、小松菜などの

緑黄色野菜もバランスよく取り入れることで

代謝を促すために必要なビタミン、ミネラル類を

しっかり摂ることができます♪

 

温野菜や和え物、蒸し野菜、鍋物、野菜スープなどの

加熱料理でも野菜を摂取していくのがオススメです!

 

身体の冷えに注意

 

身体の冷えはダイエットはもちろん健康面からも禁物です。

身体や内臓が冷えると代謝が落ちて

痩せにくくなる可能性があります。

冷えた飲み物をよく飲む人や生野菜などの冷たい食べ物を

よく食べる人は冷えに注意しましょう。

 

冷たいメニューを食べる時は

温かい汁物やドリンクを摂取するなど

身体を冷やさないように心がけましょう。

 

 

停滞期と聞くとやる気がなくなってしまう人も多いと思いますが

停滞期に入ったということは

ダイエットが次のステージに進んでいるサインです★

ここで諦めずに続けていくということが

ダイエット成功への鍵になっていきます。

体重が減らなくなっても落ち込まずに前向きに

停滞期を乗り越えましょう!

 

では、また更新します!

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)