完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

副菜で迷ったら・・

2019.08.24

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

 

料理をする際、主菜は決まっても副菜を決めるのに

考え込んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今日はそんなときにぜひ活用してほしい

「おから」についてダイエットの効果など

ご紹介していきたいと思います。

 

まずおからは言わずと知れた大豆の搾りかすです。

おからは日持ちがしないなどから

あまり人気がないようですがメリットもあります!

早速そのメリットを見ていきましょう。

 

 

大豆の成分が脂肪を撃退する

 

大豆の成分自体に脂肪燃焼効果が期待できるので

大豆に搾りかすであるおからには

その成分がたっぷり含まれています。

 

・大豆イソフラボン(脂肪燃焼)

・大豆たんぱく質(脂肪燃焼)

・大豆サポニン(脂肪の蓄積を防ぐ)

・大豆レシチン(中性脂肪低下)

 

などです。

特に大豆サポニンは腸で吸収されたブドウ糖と脂肪が

結合しないようにすることで

脂肪が蓄積するのを防いでくれるところが注目点になります。

 

大豆ペプチドで筋肉を増やし体脂肪を減らす

 

大豆ペプチドはアミノ酸の一種ですが

身体への吸収がとても良いという特徴があります。

筋肉増強効果があることで知られています。

体脂肪は筋肉がないと燃えにくい=痩せにくいです。

大豆ペプチドで筋肉を増やすことで

基礎代謝が上がり燃えやすい身体に

体質改善していくことができます。

 

オリゴ糖で腸内環境を整える

 

おからには大豆オリゴ糖も含まれています。

オリゴ糖は腸の善玉菌のエサとなるので

乳酸菌やビフィズス菌の働きを活発にして

腸内環境を整えてくれるのです。

デトックスはもちろん、便秘も解消して

巡りの良い身体になりダイエットをサポートします。

 

少ない量でも満足できる

 

おからは水分を吸ってお腹の中で膨らむので

満腹感が得られます。

歯ごたえがなくても少量で満足できるので

食べ過ぎを予防することもできます。

 

 

おからを食事に取り入れる際に気を付けてほしいのが

食べ過ぎると便秘が悪化してしまうことと

おからは低カロリーですが

カロリーが低いからといって食べ過ぎると

ダイエット効果にはつながりません。

 

コツとしてはおからの副菜を作ったら

それを最初に食べるようにすると

ダイエット効果が高まります。

ゆっくり最初に食べるとお腹がいっぱいになるので

満腹感が得やすくなります。

 

おからと一緒に例えばブロッコリーやレンコンなどの

歯ごたえのある食材と一緒に食べると

より腹持ちが良くなって食べ過ぎ防止できます★

よく噛んで食べましょう。

 

また、味噌汁に入れるものオススメです。

具材に火が通ったらおからを軽く煮立てて

最後に味噌を入れるだけなので簡単にできます!

是非やってみてください♪

 

 

献立に迷ったら、おからを活用してみてください(^▽^)/

では、また更新します!

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)