完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

ダイエット中の間違ったサラダの食べ方

2019.08.05

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

 

ダイエットと言えばサラダを食べるように

意識している人がとても多いと思います。

それなのにちっとも痩せない。という方。

太るサラダを食べていませんか?

今日は太りやすいサラダの特徴や

どんなサラダが良いのかご紹介していきます!

 

 

まず、一体どんなサラダが太りやすくなるのか

見ていきましょう。

 

マヨネーズを使ったポテトサラダ

 

じゃがいもにはビタミンCも含まれていて

お肌にも嬉しいですが

糖質も多くカロリーも高い野菜です。

マヨネーズも太りやすい調味料です。

茹でたてのじゃがいもに最初に塩を振って味付けして

オリーブオイルをなじませるだけでも

下味が付くのでマヨネーズの量も減らせます。

 

甘いカボチャ

 

ビタミンたっぷりの緑黄色野菜であるカボチャは

栄養面では良いです。ですがカロリーは高めです。

栄養がちゃんと含まれているので

もちろん食べるのは良いのですが

ポテトサラダ同様、マヨネーズを入れると

太りやすいサラダになってしまいます。

カボチャはオリーブオイルやニンニクで炒めて

ホットサラダで食べてみてください。

他の野菜と組み合わせるのもオススメです。

 

糖質が高いコーンサラダ

 

コーンがメインのサラダを作るとなると

どうしても糖質が高くなります。

ただ、彩りとしては美しくなるので

色味を活かす程度にサラダに加えると良いでしょう。

 

マカロニサラダ

 

マカロニなどのパスタ類は炭水化物です。

ご飯と一緒に食べるならご飯の量を減らすか

マカロニサラダの食べる量を減らしましょう。

 

 

このようなサラダは太りやすい傾向にあります。

では、どのようなサラダを食べれば良いのか

見ていきましょう。

 

色々な色を揃える

 

サラダを中心に食べるダイエットで心配なのが

栄養不足です。

カロリーが低くなるのは良いのですが

栄養バランスが悪ければ健康にも良くない上

太りやすくなります。

 

生野菜のサラダは見た目ほど量を摂れないので

食べているつもりでも1日に必要な

栄養摂取量に全然届かないということも有りえます。

サラダを食べるなら色々な色の野菜を取り揃えて

たくさんの種類を使って作ってください。

 

淡色野菜だけではなく

緑黄色野菜もプラスします。

そうすれば栄養バランスの良いサラダを

作ることができます。

 

例えば・・

緑・・ブロッコリー、枝豆、アスパラなど

黄・・黄パプリカなど

赤・・赤パプリカ、赤インゲン豆など

 

葉野菜だけではなく実ものの野菜もうまく取り入れて

ダイエット効果の高いサラダを作るようにしましょう。

 

生野菜だけではなく温野菜も

 

生野菜ばかり摂り続けていると

体が冷えてしまいます。

冷えるものばかり食べていると代謝が低下します。

低下することによって痩せにくい体質になります。

体を冷やさないようにするためにも

温野菜もぜひ取り入れてみてください。

もしくは温かいスープと一緒に食べても◎

特に夏は胃腸を冷やさないように気を付けてください。

 

 

★ ☆ ★

 

野菜を食べることはとても大切なことですが

野菜に含まれるビタミンやミネラルは

あくまでも体の調子を整えるものです。

脂肪を燃やしていくには

タンパク質などの他の栄養素も摂る必要があります。

 

サラダだけ食べていれば痩せると思ったら

大間違いなのです!

栄養の偏った食事はリバウンドにつながります。

きれいに痩せるために上手に野菜を利用してください♪

 

それでも痩せない!という方は

一度ご相談しに来てください(^▽^)/

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

では、また更新します★

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (77)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)