完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

揚げ物は食べ方次第で太りにくくできる

2019.05.07

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

スタッフの美憂です★

 

揚げ物=太りやすい

というイメージがありますが

揚げ物を食べる時に3つのポイントに気を付けるだけで

太りやすい食べ物から太りにくい食べ方に

変えることができます!!

揚げ物は好きだけどダイエットしているし・・という方は

今から紹介するポイントを意識してみましょう。

 

 

食べ合わせ

揚げ物には野菜や海藻、きのこ類などの

食物繊維が豊富な食材を副菜に加えましょう。

食物繊維には、脂肪を吸収を抑制する働きがあります。

揚げ物の定番であるキャベツの千切りも

食物繊維が豊富なだけではなく

生で食べることによって食物酵素を摂ることもできます。

揚げ物を食べる前に先にキャベツの千切りを食べると

血糖値の上昇を緩やかにすることができるので

太りにくくするならいきなり揚げ物に手をつけない方が

良いでしょう。

 

また、酵素という点を意識するのであれば

揚げ物に大根おろしを添えたりレモン汁をかけるのが

オススメです★

脂肪の吸収を穏やかにし、代謝を促す働きがあります。

食べる時間帯

揚げ物は夕食のメインになることが多いかと思いますが

体脂肪に変えないようにするには

できるだけお昼に食べるのがベストです。

起床後間もない朝食では胃腸に負担がかかります。

夕食だと活動的な日中と異なり

食後に消費するエネルギーが少ないだけではなく

夜に高カロリーな食事を摂るとエネルギーがあまり

脂肪として蓄積されやすいです。

 

それだけではなく、人間の体内時計にも大きく関係があります。

夜10時頃は体内時計の働きによって

「BMAL1」というタンパク質が急増して

脂肪の吸収を促進する働きが活発し

太りやすい状態になると言われています。

油の質

飲食店で食べる時は揚げたてのものを食べられますが

スーパーなどで出来合いの揚げ物を買う場合は

揚げてから確実に時間が経過しています。

揚げ油の種類によってその度合いは違うものの

油は時間の経過とともに酸化します。

出来合いのものを買って食べるよりも

自宅で作った揚げたてのものの方が

胃腸に負担をかけることなく食べることができます。

自分で揚げるならオリーブオイルがオススメです。

たっぷりの油で揚げるよりも少量の油で

焼くように揚げる方が余分な油を摂らなくて済みます。

 

 

ちょっと気を付けるだけで太りにくい食べ方ができるので

どうしても揚げ物が食べたいという方は

参考にしてみてください(⌒∇⌒)

では、また更新します!

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)