完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

年齢によってダイエットで気をつけるところが違う?年代別のダイエットのコツ

2019.05.07

こんにちは(・Д・)ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

若い時は痩せやすかったのに年齢を重ねていくことで、どんどん痩せにくくなってきた・・・と悩まれている人も多いと思います。

今日は年齢によって異なるダイエット方法のコツについて載せていきたいと思います。

 

10代

 

10代は基礎代謝が一番高く、ダイエットを行うとすぐに結果が出やすい年齢になります。

結果が出やすいからと無理な食事制限によって体重を落としてダイエットをすると、女性の場合生理不順などの原因となってしまいます。

また、ジャンクフードが多い食生活になってしまっていることが、太ってしまう原因の1つとして考えられます。基礎代謝も1番高く、痩せやすい体質のためジャンクフードを食べないように心がけたり、普段の日常生活の中で少し運動を取り入れると良いかもしれません。

 

20代

 

10代の時よりも少し代謝が落ち、なかなか体重が減らないと極端に食事制限をしてダイエットを行ってしまう人も多いと思います。無理な食事制限によるダイエットを行ってしまうと栄養素が足りなくなってしまい、かえって太りやすくしてしまう原因になります。

 

20代は大学や就職してから生活習慣や食生活が不規則になってしまうことが多いことが、太ってしまう1つの原因と考えられます。

常にバランスの良い食事を意識し、食生活や生活習慣を見直してみてください。

 

30代

 

30代になるとさらに代謝を低下し、女性ホルモンの分泌も少なくなってくるので、脂肪が付きやすくなってくる年齢になります。

ストレスも感じやすくなり、ストレス解消のために食に走ってしまい太ってしまうのです。これくらい大丈夫かなと思っていても、それが習慣になってしまうともちろん脂肪が蓄積され太ってしまいます。

 

痩せるためにはしっかりと空腹時を作り、痩せるタイミングを作らなければなりません。食事制限によって急激に体重を落としてしまうとお腹の皮膚の弛みの原因となるので、適度なペースで体重を落とすようにしましょう。

 

40代

 

40代は更年期によって体調も変化しやすく、食欲が増してしまうこともあります。

食事は野菜を普段より摂るように心がけたり、和食を中心とした食事を意識するようにしましょう。

また、ストレスも溜まりやすいので、食以外でストレスを発散出来るものを見つけると良いかもしれません。

 

50代

 

50代は基礎代謝がとても低くなり、筋肉量が落ちやすくなります。

筋肉量少しでもキープするためにも、無理に運動してしまうとかえって体調不良になりやすくなってしまいます。

無理なくダイエットするには、食生活や生活習慣をきちんと見直し何が太ってしまう原因なのか理解することが大切になります。痩せたいからこそ3食バランスの良い食事を心がけることが大切になります。

 

 

上記のように年齢によって太る原因や、ダイエットを行う際には何を気をつけなければいけないのか異なりますが、あくまでも目安になるので必ず痩せるわけではありません。

脂肪・体重を落とすために自分にはどんなダイエット方法があっているのか、今の生活習慣や食生活を理解することが大切になります。松山漢方相談薬局では太ってしまった原因、どのようにダイエットを行うのか、しっかりとカウンセリングし、その人に合ったダイエットをオススメしています。

ダイエットで何かお困りのことがあればご相談ください。

 

ダイエットのご相談だけでなく、目眩や耳鳴りなどの体調不良でお悩みの人もお電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045−718−6801

桜木町店 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)