完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエットで皮膚が弛んでしまう原因とその改善方法について

2019.05.06

こんにちは(^_−)−☆

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

ダイエットしようと思ったが、テレビなどを見ていると痩せた人の皮膚が元に戻らずに弛んでしまった。という所を見ているので、自分もダイエットをして皮膚が弛んでしまったらどうしよう・・・と悩んでいる人も多いと思います。

そこで今日は、ダイエットをして皮膚が弛んでしまう原因とその改善方法について載せていきたいと思います。

 

皮膚が弛んでしまう原因として

皮膚は伸び縮みするので、太った時に皮膚の下の脂肪細胞が大きく膨らみ、皮膚が伸びた状態になります。痩せたことによって伸びた皮膚は元に戻るのですが、無理なダイエットが原因で急激に体重を落としてしまうことで、筋肉量が減り皮膚の下で空洞が出来、それが皮膚の弛みの原因となってしまうのです。

 

皮膚を弛まらせないで痩せる方法

適度なペースで体重を落とす

 

食事制限などによる急激な体重の変化による無理なダイエットが、皮膚が弛んで痩せてしまう1つの原因になります。

バランスの良い食事を摂りながら、徐々に体重を落とすことで皮膚を保ったまま痩せることが出来ます。

 

筋トレしながらダイエット

 

筋トレをしながらダイエットすることによって、筋肉量を少しでも維持出来るようになり、体重を落としていっても皮下組織と皮膚が隙間なくくっつくことで皮膚が弛まずに痩せることが出来るのです。

 

筋肉量ではなく脂肪を減らす

 

ダイエットで大切なことは筋肉量を減らすことではなく、脂肪を減らすことがとても大切になります。

もちろん、バランスの良い食事をしていても筋肉量は落ちますが、身体の水分・血中の糖質・血液の汚れが綺麗になることでも筋肉量は落ちて、自分にとっての適性の数値に徐々になります。

また脂肪をしっかりと減らさないとリバウンドの原因となってしまいます。

 

 

上記のことが原因で痩せることが出来ても皮膚が弛みやすくなってしまうのです。

ダイエットを行ったからと必ず皮膚が弛んでしまうわけではありません。正しい方法でしっかりとダイエットを行っていけば、皮膚を弛まらせることなく綺麗に痩せることが出来ます。

松山漢方相談薬局では、食生活や生活習慣をきちんと確認しながらダイエットに取り組むことが出来るので綺麗に痩せることが出来、リベウンドもありません。

ダイエットでお困りの人はご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたら、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045−718−6801

桜木町店 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)