完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

体重が減っても見た目が変わりにくい原因

2022.05.02

こんにちは♪( ´θ`)ノ

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

体重は少しずつ落ちているのに周りから全く気付かれなくて

やる気がどんどん無くなってしまい、ダイエットのやる気が無くなって

きてしまった・・・

と悩まれている人も居るでしょう。

 

今日のブログは、痩せてもなかなか見た目に出ない人の原因や

見た目に出やすいダイエットのコツなどについて載せていきたいと

思います。

 

〜目次〜

 

  • 痩せたと気付いてもらえる体重は約3kg
  • 痩せても見た目に出にくい人の特徴
  • 見た目に出にくいダイエット
  • 見た目に出やすいダイエットのコツ
  • まとめ

 

痩せたと気付いてもらえる体重は約3kg

 

ダイエットを頑張っている人は、周りからの

『痩せたね・綺麗になった・格好良くなったね』などと言った言葉に

痩せて良かったと思ったり、さらに無理せずダイエットを頑張ろうなどの

やる気に繋がる言葉があります。

しかし、頑張って体重が減っているのになかなか周りから気付かれない

とやる気もどんどん落ちてしまう人も居るでしょう。

 

あくまでも目安としてなのですが、体重が落ちた時に気付いてもらえる

体重というのは『男性は4kg・女性は3kg』と言われています。

体重が5kgも落ちれば大体の人が気付けるくらいの見た目の変化となります。

 

運動をしないで正しいダイエット方法で体重を落とせば脂肪や筋肉量が落ちますが、

運動をしながら痩せることで身体が引き締まり、さらに見た目にわかりやすく

なると言われています。

 

 

痩せても見た目に出にくい人の特徴

 

では、体重が減っても見た目でわかりにくい人の特徴とは

何が原因なのでしょうか?

 

① もともとの体重が多い人

 

もともと体重が多く、太っている人は約3〜5kg落ちたとしても

体重が軽い人と比べたら見た目の変化はあまり期待出来ず、わかりにくく

なってしまうかと思います。

 

 見える部分が細くなっていない

 

スカートやワンピース・半袖やノースリーブなど着る洋服によって

肌が見える部分がありますが、他の人に肌が見える部分の脂肪が

落ちていないと痩せて細くなったという印象を与えられなくなって

しまいます。

 

また、身体の部位ごとに脂肪が落ちる順番が異なるため、体重が

落ちたとしても太くて気になっている部分がすぐに細くなるわけでは

ありません。

 

一般的に脂肪が落ちやすい順番は

 

 顔まわり

 ↓ 

ふくらはぎ

 ↓ 

二の腕・肩周り

 ↓ 

 太もも

 ↓ 

胸・お腹周り・腰

 ↓ 

 お尻

 

の順と言われています。

太る順番は痩せる順番の逆となります。お腹が気になる女性が多い

かと思いますが、お腹は脂肪が落ちにくい部位とも言われています。

 

③ 体重が落ちても気になる部位が減らない

 

体重が目に見えて減っているのに、太くて気になっている部分が

あまり細くならない場合は周りの人から気付かれにくくなって

しまいます。

 

④ 着ている洋服が大きい

 

常に洋服がダボダボしていると、身体のラインが出ないので

痩せても気付かれないことが多くなってしまいます。

 

 

見た目に出にくいダイエット

 

どんなダイエットを行えば見た目が変わりにくくなってしまう

ダイエットになってしまうのでしょうか・・・?

 

① 体重を1ヶ月以内にかなり落とすようなダイエット

 

無理な運動や無理な食事制限によるダイエットは、体重がすぐに

減りやすく結果にすぐ出やすいと言われています。

しかし、食事で栄養が摂れていないのに無理な運動を重ねてしまうと

体調不良の原因にもなります。

 

早く結果を出したいという気持ちもわかりますが、理想としては

1ヶ月で体重の5%落とすことが大切になると言われています。

例えば、体重が60kgの人の場合は、1ヶ月で体重を3kg落とすことが

理想とされています。

 

1ヶ月で落とす体重を5%に抑えることでダイエット終了後のリバウンド

の防止に繋がるのです。

 

② 栄養不足

 

無理な食事制限によるダイエットを行ってしまうことで、栄養が不足して

しまいます。

食事の栄養が不足してしまうことはダイエットが効率よく行えなくなるだけ

でなく、リバウンドの原因や体調不良の原因にもなります。

 

健康で綺麗に痩せるためには運動よりも食事が大切になると言われているので

バランスの良い食事を摂ることを心がけるようにしてください。

 

③ 運動を全くしないダイエット

 

コロナ禍で在宅ワークが増え、休みの日もなるべく家で過ごす人も

多いかと思います。

家で過ごす時間が多ければ運動量も自然と減ってしまいます。

 

外に出かけた時は身体をなるべく動かす工夫を意識してみたり、

外に出かけないのなら家の中で掃除や選択などの家事を行って

室内に居ても身体を動かすことを意識してみるとよいでしょう。

 

 

見た目に出やすいダイエットのコツ

 

周りからにても『痩せたね!!』と見た目に出やすいダイエットのコツ

 

① バランスの摂れた食事

 

ダイエットで大切なのは『食事:運動=9:1』と言われています。

どの季節に行うダイエットに関係なく、バランスの良い食事を摂る

ことは健康面やダイエットを効率よく行うためにはとても大切に

なります。

 

バランスの良い食事と言われても何を摂ったら良いのか難しいと

思う人が多いでしょう。

バランスの良い食事とは『主食・主菜・副菜』が揃っていることです。

 

★ 主食

主食は1食につき1品

・ご飯

・パン

・麺類

のことを指します・

 

☆ 主菜

主菜は1食につき1〜2品

・お肉

・お魚

・卵

・大豆製品

など、タンパク質を多く含んだ食材を指します。

 

★ 副菜

副菜は1食につき2品以上

・野菜

・海藻類

・きのこ類

など、食物繊維はもちろんビタミン・ミネラルが豊富な食材を指します。

 

定食のような献立を考えて食事内容を考えると良いかもしれません。

 

② 脂質や糖質の高い食べ物はなるべく避ける

 

夏場は手軽に食べられてカロリーも高い食べ物ではないため、素麺を

頻繁に摂ってしまうという人も多いかもしれませんが、素麺は糖質が

高く、体重が落ちたとしても脂肪は増えやすい食べ物になってしまいます。

 

カロリーが低く、体重が落ちやすいからとカロリーだけを意識するのではなく

糖質や脂質もしっかりと意識するようにしましょう。

 

③ 食べる順番を意識

 

太りにくい食べ方として、野菜から先に食べること。という言葉をよく耳に

したことがあるという人も多いでしょう。

タンパク質や糖質・脂質よりも先に野菜を摂ることで血糖値の急激な上昇を

抑えます。

 

血糖値の急激な上昇を抑えることで余分なブドウ糖を脂肪に変わるのを

防ぐことが出来ます。

 

④ 体重よりも体脂肪を落とすダイエット

 

みなさんはダイエットを行う際に体重の数字だけを意識して痩せようと

していませんか?

痩せるにあたって目に見えてわかるものが体重ですが、体重だけに意識

を向けていると脂肪に全く変化がないということがあります。

 

体重は減ったとしても脂肪が落ちていないとダイエットが成功した

とは言えません。

一番大切なことは体重を落とすよりも脂肪を落とすダイエットを

行った方がリバウンドもなく、綺麗に痩せられるかと思います。

 

⑤ 日常生活で運動を取り入れる

 

毎日ジムに通ったり。毎日ジョギングに行ったりと無理な運動を続ける

ことで消費カロリーは増え、痩せやすくはなりますが、辛いダイエット

方法となるので継続が出来ずにすぐに辞めてしまう人も多いでしょう。

 

ダイエットは一日二日行ったからとすぐに結果が出るものではありません。

 

毎日無理なく運動を続けることが大切になります。

・エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う

・電車やバスの中は座らないで立つように意識

・姿勢を常に正しくする

・足を組まない

・お腹を常に凹ませる

など、こんなのでダイエットに良いのか・・・?

と疑問に思う人も多いかと思いますが、その少しずつの毎日の積み重ねが

痩せやすい体質を作ることが出来ます。

 

 

まとめ

 

ダイエットを行って早く見た目に変化が欲しい・結果を出したい!!と思っている人も

多いかと思いますが、早く結果を出したいからと無理なダイエットを

行ってしまうとリバウンド・痩せにくい体質を作ってしまうことで

ダイエットが効率よく行えなくなってしまうだけでなく、体調不良の

原因にもなってしまいます。

 

見た目に早く変化が欲しいという気持ちもわかりますが、正しいダイエット

のやり方で痩せることが大切です。

見た目に変化が出にくくても焦らずにダイエットを行うようにしてください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・何をしても痩せられない

・痩せてもリバウンドしてしまう

・食生活や生活習慣を改善したい

・脂肪を落としたい

・健康で綺麗に痩せたい

などダイエットで何かお悩みのことがありましたらご相談ください。

 

他にも関節痛・肩こり・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・糖尿病・

皮膚の赤み・便秘・頻尿・目の疲れ・免疫力の低下・体重減少・不眠症・

不妊症・生理痛・生理不順・胃腸虚弱・ほてり・冷え症・むくみ

などの症状でお悩みの人もご相談ください。

ご予約はお電話かホームページからのお問い合わせにてご予約ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:日曜日・木曜日

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:木曜日

神奈川県横浜市鶴見区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

 

※ 鶴見店と桜木町店で定休日が異なりますのでご予約の際にはご注意ください。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2022 (16)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)