鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2015年03月20日

ダイエット中に避けたい食べ物! カテゴリー:

ダイエット中なのにも関わらず、ポテトやハンバーガーを食べたくなる時ってありますよね?

ジャンクフードが太ってしまう理由をまとめました★

 

ジャンクフードとは:栄養価のバランスを著しく欠いた食品のこと。

高カロリー・高塩分だが、身体に必要な栄養素であるビタミン・ミネラル・食物繊維があまり含まれない食べ物!

ジャンクとは英語で「がらくた・屑」の意味です!

ハンバーガー・ピザ・ドーナッツ・ホットドッグ・ポテトチップス・ポップコーン・カップラーメン・清涼飲料水・アイスなどを言います。

ジャンクフードは食感や味が良い・快楽や満腹感を目的とする食品が多いです。

しかし少量でもカロリーが高く、栄養が無いことから、肥満・糖尿病・脳心血管疾患・がんなどのリスクが上がると言われています。

 

幼少の頃から炭酸飲料水・清涼飲料水・チョコレート・クッキーなどのお菓子やジャンクフードを食べている人は、自分の重い通りにならないとすぐに感情的になりやすかったりとキレやすい子になるとも言われています。

 

①少量でも高カロリー

ジャンクフードは砂糖・油・小麦・塩などを大量に使用しており、とっても高カロリー!

●ハンバーガー:約300kcal

●フライドポテト:約400kcal

●ポテトチップス:約550kcal

●ピザ1ピース:約200kcal

 

とっても高カロリーなうえ、低栄養なんです!

 

②肥満や脂質異常症などの原因になる飽和脂肪酸を多く含んでいる

飽和脂肪酸は代謝に重要な役割を果たす身体に必要な栄養素ですが、

摂りすぎると血流の流れが悪くなり、中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があるため、

血液中に増えすぎると動脈硬化の原因になるとても悪いものです。

 

飽和脂肪酸を含む食材は

ラード・バター・牛乳・生クリーム・マーガリン・ショートニング・チーズ・牛肉・豚肉・卵などです。

これらが多く含まれた食材を頻繁に食べるのは止めましょう。

 

きちんと1日350gの野菜を食べていますか?

ジャンクフードを食べる前に、1日分の野菜を摂取できるような生活に整えましょう。

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを実施しています。

1週間に1度ダイエットに来ていただき、しっかり脂肪が減っているか確認しながらダイエットが行えます。

脂肪が減るのが目に見えるため、わくわく楽しくダイエットが行えます。

辛いダイエットは続きません★

一緒に太る原因を見つけ楽しいダイエットにしましょう。

お電話お待ちしております。

 

花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・めまい・腰痛などでお困りな方、お電話お待ちしております。

 


ページ上部へ