鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年12月26日

ダイエットのための調理法アドバイス★ カテゴリー:

★ダイエットをしている方や健康に気を使っている方への調理法アドバイス★

普段行っている調理法にひと手間加えるだけでカロリーダウン出来ます。

毎日の積み重ねが脂肪の蓄積になりますので、日々の調理で試してみてください。

 

①蒸す・煮る・焼く

揚げる・炒めるは脂を使用します。それに比べて蒸す・煮る・焼くは油を使わないため、とってもヘルシーです。

素材の味を楽しみ、薄味にも慣れていきましょう。

②脂身を取る

鶏肉・豚バラの脂身は取っていますか?

お肉を選ぶ際は、赤身の多いものを選び、脂身がついている場合は、取り除くようにしましょう。

 

③あく・油を取る

煮物や汁物などを調理している時に浮き出てくる、あくや油をとりましょう。

冷めた後、浮き出てくる油は排除しましょう。

 

④電子レンジやオーブンを使う

油を落としながら調理してくれたり、油を使わないためヘルシー料理ができます

 

⑤揚げ物は控えめに

どうしても油を多く摂ってしまいます。

油はオメガ3のアマニ油・えごま油などを使うようにしましょう。

素揚げ→から揚げ→天ぷら→フライ→かき揚げの順に油を多く使います。

なるべく油の使わない調理法を選びましょう。

 

⑥ドレッシングはノンオイルを使用

普通のドレッシングは油が多いです。

オリーブオイルにお酢を入れヘルシードレッシングを作りましょう。

 

⑦フライパンを使い分ける

テフロンのフライパンを使用することで油を使わなかったり、少量で美味しい料理が出来上がります。

 

 

これが習慣化してくれば、ヘルシー料理に慣れていくでしょう。

毎日ヘルシーでは飽きてしまうため、たまに揚げものなどをプラスして美味しいご飯を作りましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などをチェックします。

そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人に合った方法を検討させて頂くからです。

興味がある方は、一度ご相談ください。

体質に合った漢方や自然薬を選ぶことが重要です。

体質改善や症状などにお困りな方、漢方・ダイエット・不妊症・自律神経失調症・更年期障害などのお悩みの方は、ご相談ください。

 


ページ上部へ