完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

レジ袋を使った簡単ダイエット方法

2019.02.26

こんにちは(@^^)/~~~

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

スーパーやコンビニなどでもらえるレジ袋ですが、ごみ袋に使う人やそのまま捨ててしまう人も多いのではないでしょうか?

 

レジ袋にほんのちょっと工夫をするだけで、ダイエット道具に変わるのです。そのほんの少しの工夫とは、レジ袋に空気を入れて結ぶだけ♪

風船のように膨らんだレジ袋を足先や膝で真上に蹴り上げ、そのままサッカーのリフティングみたいに蹴り続けるダイエット方法になります。

 

そのレジ袋を使ったダイエット効果とは・・・?

 

骨盤の歪みを改善

 

骨盤が歪んでしまうと姿勢も悪くなり、代謝が悪くなってしまうので下半身が太りやすくなるとも言われています。

太りやすくなってしまうだけでなく、腰痛や股関節痛などの痛みの原因にもなってしまいます。

 

レジ袋でリフティングの運動をすることで、腸腰筋(背骨と骨盤・両足を繋いでいる筋肉)が鍛えられので骨盤の歪みを改善しやすくします。

 

ポッコリお腹の解消

 

骨盤が歪んでしまうと太りやすい体質をつくるだけでなく、内臓の位置がズレてしまうためポッコリお腹の原因にもなります。

骨盤の歪みが解消されることで、内臓も正しい位置に戻りポッコリお腹も解消されやすくなるのです。

 

代謝アップで脂肪燃焼

 

レジ袋のリフティング運動は有酸素運動に入るため、代謝が上がりやすくなり脂肪燃焼効果にも期待できます。

回数を稼ごうとわちゃわちゃやるのではなく、1回1回しっかりとレジ袋を蹴り上げることがさらに脂肪を落としやすくさせるポイントになります。

 

便秘解消

 

足をあげてリフティングすることによって腸が刺激されます。

腸を刺激することで腸の働きが活発になり、消化や排便がスムーズになることで便秘解消にも繋がります。

 

身体の中に溜まった老廃物が身体の外に出ることによって、脂肪を溜めにくく痩せやすい体質になります。

 

むくみや冷えの改善

 

身体のむくみやすいのは上半身より下半身と言われています。

骨盤の歪みでさらに下半身がむくみやすかったり、冷えやすくなってしまいます。足を動かすことによって下半身に溜まってしまったリンパや血液・老廃物を上半身に流しやすくすることで冷えやむくみの改善になると言われています。

 

作り方とやり方

作り方は簡単です。レジ袋に空気を入れ、取っ手を少しきつめに縛り空気がもれないようにします。

レジ袋の大きさは何でもokです。しかし、レジ袋が小さいと落下速度が速くなるのでリフティングを続ける難易度は上がります。

 

やり方は膝を股関節より高い位置でリフティングをします。初めは続けてリフティングすることは難しいと思うので、少ない回数から始めていきましょう。慣れてきたらだんだん回数を増やすようにしてください。

最低でも毎日50回を目安に行ってみてください。

 

ダイエットは1日だけでなく、毎日の積み重ねが大切になります。

自宅で簡単に出来るので是非試してみてください。

 

もっとしっかりと体重や脂肪を落としたい人は松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (81)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)