完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

女性ホルモンとダイエットの関係

2014.11.18

★ダイエットでの影響がある女性ホルモンについてまとめました★

 

女性らしい体を作り出し、排卵や生理を起こす女性ホルモンの働きは、ダイエットにも大きく影響します。

太りやすい時期、痩せやすい時期をしっかり把握した上でダイエットに取り組みましょう。

 

女性のからだは、ホルモン周期があり、卵胞期・排卵期・黄体期・月経という4段階の周期です。

 この女性ホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類。

月経の周期は人によって20~40日と個人差があります。

★エストロゲン★

月経後~排卵前までに多く分泌されるホルモン。

この時期は、骨盤が閉じ身体のがスッキリし、便通がよくお肌も整う時期。

気分はスッキリしており、集中力も良い。

自律神経のバランスが整う。

 

★プロゲステロン★

排卵後~生理前までに分泌されるホルモン。

この時期は、むくみやすく太りやすい時期。

肌荒れが起きやすく、眠気やイライラも強い。

お腹が空きやすく、食欲旺盛になりやすい。


★ダイエットと女性ホルモンとの関係★

ダイエットが成功しやすいのは、エストロゲンが分泌される、生理後~排卵前までの2週間。

この時期は調子が良く、イライラが無いため、ダイエットに挑戦してもストレスになりにくい時期です。

 

★ダイエットをすると辛い時期★

ダイエット中に注意したいのが、「生理前のイライラ」の時期です。

この時期はどうしても蓄えようとしてしまうため、食欲が増してしまいます。

プロゲステロンの影響で、イライラしますので、食事制限がストレスに感じてしまいます。

 

女性の周期を把握した上で、ダイエットに取り組みましょう。

食欲を無理に抑えようとストレスをためず、時期がきたらストレスを解消できる生活を送るよう心がけましょう。

 

 

 

 

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

 

 

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

 

 

 

お電話お待ちしております。045-718-6801


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)