完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

そのダイエット方法間違えてませんか?かえって太りやすくしてしまうダイエットとは?

2024.02.27

こんにちは٩( 'ω' )و

 

ダイエットを始めて

『全然体重が変わらない』

『ダイエットを行う前より体重が増えた?』

と1度は思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

ダイエットは正しいやり方で行わないとリバウンドやかえって体重が

増えやすくなってしまう原因となってしまいます。

では、どんなダイエット方法が太りやすくさせてしまうのか、

痩せにくい原因について載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • 間違ったダイエット方法とは?
  • 痩せるために運動をしたのに体重が増えてしまう原因
  • 痩せてリバウンドしない正しいダイエット方法
  • 無理のないダイエット方法
  • まとめ

 

間違ったダイエット方法とは?

 

体重が増えてしまったり、なかなか痩せない原因を作ってしまっている

ダイエットとはどんな方法になるのでしょうか?

 

① 無理な食事制限によるダイエット

 

まず初めにダイエットと言えば食事制限!!と思い浮かべる人も多いかと思います。

早く結果を出したいからと無理な食事制限を行ってしまう人も居るでしょう。

 

無理な食事制限を行ってダイエットをしてしまうことで栄養が不足し、このままでは

死んでしまうと身体が反応し、栄養の吸収率がさらに上がってしまいます。

その結果あまり食べていないのに体重が増えてしまう状態になってしまうのです。

 

もちろん野菜だけ食べるダイエットや、バナナダイエット・りんごダイエットと

1品に偏った食材のダイエットも栄養バランスが偏る原因となります。

 

極端な食事制限によるダイエットは短期間で結果が出やすいダイエットとなりますが、

リバウンドの可能性や体調不良の原因にも考えられますので正しいダイエットとは言えません。

 

② 我慢しすぎて1食の量が増える

 

毎日のように間食をしていた人・何も気にしないで好きなものを好きなだけ食べていた

人がダイエットを始めた時、毎日のように間食をしていた人がいきなり間食を

無くすことは難しいことかと思います。

しかし、せっかく我慢してもそのストレスからいつも以上に昼食や夕食の量が多く

なってしまう人も多いでしょう。

例えば、1日の摂取カロリーが1800kcalだとすると3食で分けると1食分が

600ckalになります。

3食分で分けて食べる食べ方と1食でどかっと食べる食べ方では、1食で食事を

済ませてしまっている人の方が太りやすくなる習慣となります。

 

③ 数字だけを気にするダイエット

 

目に見えて痩せているなと感じる瞬間は、体重を測った時や体脂肪が減っている時

などの数字を見るタイミングかと思います。

数字が減っていればモチベーションにも繋がり、ダイエットに対するやる気も上がって

きます。

 

逆に頑張っているのに体重が減っていないとストレスになり、過食ややる気の低下にも

繋がってしまい、ダイエットが効率よく行えなくなってしまうのです。

数字を見ながらダイエットを行うことは体重を増やさないようにする大切な習慣に

なりますが、数字だけを意識しないように注意しましょう。

 

④ 間違った短期間ダイエット

 

無理な食事制限や無理な運動を取り入れたダイエットを短期間で行った場合、

一時的に摂取カロリーが控えられることや、消費カロリーを増やすことで

体重を落とすことが出来ます。

しかし、太ってしまった原因である食生活や生活習慣が改善されない限り

リバウンドしてしまう人が多いでしょう。

 

⑤ 運動を行うダイエット

 

痩せるためには消費カロリーを増やせば良いと思う人も居るかと思いますが、

ダイエットで重要なことは運動よりも食事の改善です。

いくら運動を増やして消費カロリーを増やしても太ってしまう原因である

食事内容が改善されなければ、運動をやめた時にあっという間に体重が戻って

リバウンドしてしまいます。

 

 

痩せるために運動したのに体重が増えてしまう原因

 

痩せるために運動を取り入れたのに、何故か体重が増えてしまうといった

経験をしたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

どうして運動を取り入れたことによって体重が増えてしまったのか、その

考えられる原因について載せていきたいと思います。

 

① 正しい運動が出来ていない

 

運動方法や筋トレのやり方が間違っていると引き締めたいor筋肉を付けたい

部分とは違う部位に筋肉がついて太く見えてしまったり、思ったよりも結果が

出なくなってしまいます。

 

運動したからとすぐに筋肉が付くわけではありません。

何事も継続していくことが大切になるので、正しい運動方法で続けるように

していくように頑張ってみてください。

 

② 脂肪よりも筋肉の方が重い

 

運動を続けるようになってから、見た目でもわかるように身体が引き締まっている

のに体重が減る減るどころか増えてきた、、、と感じたことがある人も多いと思います。

体重が増えてしまう原因は筋肉は脂肪よりも重いため体重が増えたと考えられます。

 

数字という体重で結果を確認することもダイエット成功のカギとなりますが、

見た目の変化も重要なことです。

以前よりも身体が引き締まっていれば、スタイルも良くなり満足感は得られるでしょう。

 

③ 運動を行うタイミングによっては睡眠の質が下がる

 

ダイエットと睡眠も大きく関係していて、睡眠の質が悪ければ食欲は向上

しやすく、満腹感も得にくくなると言われています。

寝る前に身体を動かすことによって交感神経(興奮作用)が優位になり、

寝つきを悪くしてしまうため睡眠の質を悪くしてしまうのです。

 

④ 食べる量・水分量が増えた

 

運動をしているからとお腹が減ってしまい、単純に食べる量が多くなって

しまっている場合があります。

運動量を増やしてもその分摂取カロリーが多くなってしまえば

結果的に体重が増えやすくなってしまいます。

 

摂取する水分量も同じように運動して汗をかいたからと、その分より多くの

水分を摂ってしまうと体重も増えやすくはなってしまいます。

しかし、運動して汗をかいているのに全く水分を摂らないということは、

脱水症状のリスクが高くなってしまうので細かく水分を摂るように

した方が良いでしょう。

 

 

痩せてリバウンドしないダイエット方法

 

健康的に痩せて、リバウンドしないダイエット方法とは、どんなダイエット方法

があるのでしょうか?

 

① 栄養バランスの整った食事内容

 

ダイエットは運動よりも食事改善をした方がリバウンド防止やダイエット効果

が期待出来ます。

食事改善と言っても食事の栄養バランスが偏っている食事はかえって過食やリバウンド

の原因となってしょまうので、正しい食事改善が大切になります。

 

まず、栄養バランスの整った食事って何を摂ったら良いの?と悩む人も多いと

思います。

何を食べたらよいかわからないという人は『和食』を中心とした食事を

意識するようにすると良いでしょう。

 

② 腹八分目

 

食事の栄養バランスが整っている状態で、満腹まで食べるのではなく、

少し物足りないなと感じる時に食事を終わらせると腹八分目となります。

徐々に満腹中枢も刺激され、腹八分目でも満腹感を得られることが出来ます。

 

③ 適度な運動

 

ジムに通ったり、ジョギングを無理に行う必要はありませんが、全く何もしなくても

良いというわけではありません。

日常生活の中で適度な運動は必要になります。

しかし、どんなことが適度な運動に入るのでしょうか?

・ストレッチ

・体操

・散歩

・家から駅までの距離を歩く

・電車の中は座らずに立つ

・姿勢を常に正しく

・エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う

など、無理に運動を取り入れなくても日常生活の中でも無理なく身体を

動かすことは続けやすいのです。

ダイエットの結果が見えてくるのに時間がかかるのがデメリットかと思います。

 

④ 身体を冷やさない

 

季節関係なく身体を冷やさないように身体を温めることも大切です。

身体が冷えてしまっていると

・ダイエットが効率よく行えない

・代謝が落ちる

・免疫力の低下

・むくみ

・冷え

・頭痛

・肌荒れ

・胸焼け

・便秘

・肩こり

・胃痛

など、ダイエットだけでなく健康面でもたくさんの悪影響が考えられます。

冬は外の気温が低く寒くなるので、身体を温めることを意識するかと思いますが、

夏場は気温が高く暑さがあるため身体を温めることが少ないでしょう。

しかし、夏場はクーラーや冷たい飲み物を摂る機会も多くなるため、身体は

冬場よりも冷えやすいとも言われいます。

健康やダイエットのためにも季節関係なく常に身体を温めることを意識して

過ごしてみてください。

 

 食べる順番に注意

 

糖質や脂質が多い食べ物から食べてしまうと血糖値が急激に上昇してしまい、

お腹が空くのが早くなってしまいます。

血糖値の上昇を緩やかにすることで様々な病気のリスクを軽減することが出来ます。

 

 

無理のないダイエット方法

 

痩せたいのにどんなダイエットも続かない・・・と悩まれている人も

多いかと思います。

そこで、無理のないダイエット方法について載せていきたいと思います。

 

 適度な運動

 

痩せたいのに運動がどうしても苦手・・・という人も多いかと思います。

無理に運動を取り入れるダイエットを行ってしまうと、途中で挫折してしまう人が

多くなってしまい、ダイエットが失敗となってしまいます。

そこで、無理ない程度に日常生活に運動を取り入れるようにしましょう。

先ほども載せた通り

・エスカレーターやエレベーターではなく、階段を使用する

・電車は座らずに立つ

・時間がある時は家から最寄りの駅まで歩く

・姿勢を常に正しくすることを意識する

・家の中で手の届く範囲で物を置かない

など、ガチガチした運動ではなく、身体をなるべく使うように心がけてみると

ちょっとした運動にもなります。

 

 空腹時をしっかりと作る

 

1日の中で脂肪が落ちるタイミングとは空腹時で血糖値が下がっている状態

の時です。

間食に含まれる物は、飴やガム・甘いジュースも含まれます。

どうしても甘いものを食べたい時は食事の後に摂るようにするとしっかりと

空腹時を作れるようになるので意識してみてください。

他にも

・集中力の向上

・腸内環境の改善

・アンチエイジング

・病気の予防

などのメリットがあります。

 

③ 食事のバランス

 

何度も言うことになってしまいますが、無理なくダイエットを成功させるには

食事のバランス・食生活の改善が大切になります。

食事は和食を中心とした食事にすることを意識してみたり、1品料理などは

小鉢の野菜をつけるなど、少しでも野菜を摂ることを気にかけてみてください。

 

 

まとめ

 

今日は間違ったダイエット方法や、無理のない正しいダイエット方法などに

ついて載せてきました。

ダイエットを行ってなぜだか体重が増えてしまって困っていると言う人は

今日のブログを参考にしてもらえればと思います。

 

ダイエットは痩せたら終わりなのではなく、痩せた体重をキープ出来るかが

大切になります。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・生活習慣や食生活の改善

・脂肪をしっかりと落としたい

・どんなダイエットをを行っても痩せられない

・痩せてもリバウンドしてしまう

・ダイエットが辛い・苦しいとイメージを持っている

などダイエットに関してお悩みの人はご相談ください。

 

他にも、めまい、耳鳴り、貧血、食欲不振、免疫力の低下、むくみ、冷え、

便秘、頻尿、コレステロール、不妊症、不眠症、生理痛、生理不順、関節痛、

肩こり、乾燥、赤ら顔、声枯れ、ストレス、疲労、ドライアイ、口内炎、手足の痺れ

など体調不良でお困りの人もご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

定休日:水曜日・木曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 307

〜JR京浜東北根岸線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京浜急行電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL  045ー781−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

定休日:木曜日

営業時間 10:00〜20:00

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横濱桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北根岸線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL  045−341−4823

 

※ 鶴見店・桜木町店共に営業時間に変更はありませんが、定休日は異なりますので

  ご予約の際にはご注意ください。

  予約の方法は各店舗へ直接お電話していただくか、ホームページのお問い合わせの

  メールにてご予約をお願いいたします。

  メールでのお問い合わせの場合、返信にお時間をいただくことがありますので

  お急ぎの人はお電話にてご予約をオススメいたします。

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2024 (19)
  • [+]2023 (36)
  • [+]2022 (39)
  • [+]2021 (49)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)