完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

年末まであと少し!!太りやすい年末年始でも体重をキープする方法

2020.12.29

こんにちは( ・∇・)

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

今年も残りわずかとなりました。

 

年末年始=必ず太る・・・と実感している人が多いかと思います。

特に今年はいつもの年末と違って実家でゆっくり過ごされる人も多いでしょう。

ただでさえ年末年始は特に体重が増えやすいのに、どこにも出かけずにダラダラと家で

過ごしていたら、さらに体重が増えやすくなってしまいます。

 

そこで太りにくい年末年始の過ごし方について載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • そもそも年末年始になぜ太る?
  • 年末年始といえば『おせち』ですが・・・
  • 正月太りを防ぐ方法
  • もし正月太りになってしまったら・・・
  • まとめ

 

そもそも年末年始になぜ太る?

 

そもそも年末年始という行事はなぜ太りやすいのか、その太ってしまう原因について

詳しく載せていきたいと思います。

 

① 運動不足

 

働いている環境にもよりますが、年末年始にお仕事や学校がお休みになるところが

ほとんどで、通勤や通学をしなくなります。

毎日習慣として行っていた消費カロリーが無くなってしまい、食べる量が変わらなければ

摂取カロリーだけが増え、太りやすくなってしまいます。

 

また、年末年始で家にいる間は普段よりも行動しなくなり、さらに消費カロリーが

減ってしまいます。

年末年始は1日中1歩も外へ出ていない・・・という人も居るかと思いますが、

20分、30分でも良いので外へ出て少しでも外の空気を吸って歩くように意識

すると良いでしょう。

 

② 1日中何かしら食べている

 

脂肪が落ちる1つの条件としては、空腹時を作ることです。

普段は仕事をしているので休みの日よりかは間食をしてしまう機会も減っている

と思いますが、1日中家に居て手に届くところに食べ物があれば食べてしまう・・・

といった経験をしている人も多いかと思います。

間食は噛んで食べるものだけでなく、甘い飲み物や炭酸飲料なども含まれます。

 

お仕事がお休みの日でも食べる時と食べない時のメリハリをしっかりとつけて

空腹時を作ることが太らない工夫の1つとなります。

 

③ 夜更かしや睡眠不足

 

普段の生活からも言えることですが、寝不足は太りやすい体質を作る1つの原因と

言われています。

特に年末年始は連休だからといって毎日毎日夜更かししてしまうという人が多いかと思います。

夜更かしをしてしまうと生活リズムが乱れてしまい、さらに太る体質となってしまいます。

 

夜更かしや睡眠不足になることによってホルモンバランスが乱れてしまい、食欲を増進

させるホルモンが多く分泌されて過食につながってしまいます。

また、脳に甘いものを欲したがるように刺激を与えやすくなってしまうので、甘いものが

いつも以上に食べたくなるようになってしまい、そこで甘いものを食べてしまうと

脂肪が蓄積されやすく摂取カロリーも増え、太りやすくなってしまいます。

 

④ アルコールを飲む機会が増える

 

年末年始で連休となればお酒を飲む機会も多くなってくるかと思います。

お酒を飲むと食欲が上がり、塩分が濃いものを好んで食べたくなるため、

飲み会に行くとついつい食べすぎてしまって太ってしまうのです。

年末年始によってお酒を飲む機会が増え、おつまみや食べる量を気にしていなければ

どんどん体重が増えていってしまいます。

 

上記のことなどが年末年始に体重が増えてしまう原因と考えられます。

 

 

年末年始といえば『おせち』ですが・・・

 

年末年始の食べ物といえば、おせち料理と想像する人が多いかと思います。

おせち料理は和食で太りにくいイメージがあると思いますが、実はおせちは

カロリーが高い食べ物も多く含まれているので、カロリーが高いものを

食べていればもちろん太りやすくなってしまいます。

 

太りやすいおせち料理といえば

・栗きんとん

・黒豆

・伊達巻たまご

などの食べ過ぎには注意が必要です。

 

太りにくいおせち料理とは

・野菜やお魚を使った酢の物(なます)

・筑前煮

・酢れんこん

などといった食べ物になります。

 

おせち料理の食べる食材にもよりますが、

他にもおせち料理が太る原因として

・甘味料を多く使用している(砂糖やみりんなど)

・塩分が多い(味付けが濃い)

・炭水化物が多い

などといった理由が考えられます。

 

おせち料理を食べる時には食べる順番や食べる量を意識するようにしてください。

普段の食事でもおせち料理を食べる時、どちらにも言えることですが、大皿ではなく

小皿に取り分けて食べることが自分が食べた量を把握することが出来るので

1番良いと言われています。

 

 

正月太りを防ぐ方法

 

では、太りやすいお正月をどう乗り越えていければ体重を増やさずに、キープして

いけるのでしょうか・・・?

年末年始の太らない過ごし方について載せていきたいと思います。

 

① 生活リズムを崩さない

 

連休だからと夜更かしをして寝不足になってしまうと生活リズムが崩れてしまいます。

生活リズムが崩れることによって食事の時間や就寝時間もズレてしまいます。

決まった時間に食事を摂ることで、血糖値の急激な上昇を抑えることが出来たり、

食事を抜いたことによる過食を抑えることが出来ます。

 

それだけでなく朝起きて朝日を浴びることで体内時計がリセットされるため、

痩せやすい体質を作れます。

 

② 空腹時を作る

 

年末年始はお友達や家族と過ごすことが多く、1日中お酒を飲んで楽しむことや

お菓子を常に口にする機会が多くなると思います。

 

脂肪を落とす条件の1つとして空腹時が必要となるので、お休みの期間でも

間食をしない習慣をきちんと守ることで習慣を崩さないようにすることと

余分な摂取カロリーを抑えることが大切になります。

 

③ 適度な運動

 

気温も低く寒い日が多いので、外に買い物にいく機会も少なくなってしまうと

思います。

また、今年はコロナの影響で外に出かけないようにする人も多いでしょう。

だからといって年末年始をゴロゴロして過ごすのではなく、家の家事を行って家の中で

少し動くように心がけましょう。

 

④ 食べる順番

 

普段の食事を摂る時でも言えることですが、血糖値を急激に上てしまう食べ方を

してしまうと、お腹が空きやすくなってしまったり、太りやすい体質に変わって

しまいます。

血糖値の急激な上昇を避けるためにも野菜や味噌汁やスープなどの料理から食べる

ようにしてください。

血糖値を上げにくくするものはGI値が低いものを選ぶようにしてみてください。

 

⑤ 腹八分目を意識

 

食べ過ぎてしまいがちな年末年始は特に腹八分目を意識することが大切になります。

腹八分目が習慣になれば普段の食事でも食べ過ぎを防止することが出来ます。

ダイエット効果だけでなく、他にも

・消化器官の負担が軽減

・頭がスッキリ

・寿命が伸びる

・健康維持

など様々な効果があると言われています。

 

今日からでも腹八分目を意識して生活してみるとより良いと思います。 

 

 

もし、正月太りになってしまったら・・・

 

どれだけ注意していても、ついつい食べ過ぎてしまった・・・と後悔する人も

多いかと思います。

そこでダイエットを諦めてしまう人もいるかと思いますが、諦める必要は全くありません。

年越しで太ってしまっても年始に少し頑張ればまた体重は元に戻ります。

体重が増えてしまった後に少しでも体重を元に戻す方法について載せていきたいと思います。

 

① 3食しっかりと食べて消化に良い食材を選ぶ

 

とにかく体重を早く戻したいからと、無理に食事を抜いて体重を落とす方法を選ぶ人も

多いかと思いますが、無理な食事制限によるダイエットは何度も言っている通り行っては

いけないダイエット方法になります。

 

そこで、積極的に食べて欲しいオススメ食事は消化に良い食べ物です。

消化に良い食べ物を選ぶことによって胃腸に負担をかけないようにし、消化機能を正常に

することが出来ます。

 

夜ご飯の食事量を腹八分目ではなく、いつもより少なめで腹七分目で調節するだけでも

摂取カロリーを少しでも抑えられるので意識してみるようにしてみてください。

 

 身体を動かすことを意識する

 

連休に入る前に当たり前のように行っていた行動にプラスで身体を動かすことを

取り入れると消費カロリーも上がり、痩せやすくなります。

掃除機を毎日かけるように意識する。などほんの些細なことでも良いのでいつもより

身体を動かすことを心がけましょう。

 

③ 生活リズムを整える

 

お正月に体重が増加してしまう原因の1つとして睡眠不足や夜更かしからの

生活リズムの乱れが考えられます。

なので痩せやすい体質に変えるためにも生活リズムをきちんと整える必要が

あります。

 

 

どんなダイエット方法でも無理に体重を落とすダイエットは正しい痩せ方とは言えません。

きちんと3食、食事を摂って食事量を調節し、いつもよりも少しでも多く身体を動かすように

して無理なく体重を落とすようにしましょう。

 

 

まとめ

 

年末年始は必ず太るからダイエットは諦めてしまうという人も多いかもれません。

体重を増やさずにキープするだけでもその後のモチベーションにも繋がります。

 

年末年始だからと生活リズムを崩してしまうのではなく、今までの食生活や生活習慣

を変えずに年末年始を過ごすことが大切になります。

お餅もカロリーが高いので食べる量には十分に気をつけてください。

 

今年は自粛期間の一年となりますが、一年に一度しかない年末なので

ダイエットも気にしながら、楽しい年末を過ごしてください。

 

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

・太ってしまう原因が知りたい

・正しく健康的にダイエットを行いたい

・リバウンドを避けたい

・何をしても痩せられない

などとダイエットでお困りのことがありましたらお電話でご予約してご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話でご予約してから

ご相談ください。

 

年内のブログの更新は今日で最後となります。

1年間ありがとうございました!!

また来年も更新していきますのでよろしくお願いいたします。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 3F

〜JR鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19ー3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (1)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)