完全予約制 お問い合わせ

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

長期ダイエットと短期ダイエットのそれぞれのメリットとデメリット

2021.01.16

新年あけましておめでとうございます( ・∇・)♪

KANPORO松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

今年も随時ブログを更新していきたいと思うので、

参考にしていただけると嬉しいです!!

 

皆さん今年の年越しはゆっくり過ごせましたか?

体重の方も上手にキープすることが出来たでしょうか・・・?

体重が増えてしまった!という人もここから気持ちを入れ替えてまた

ダイエットに取り組めれば全然痩せることは出来るので過去のブログも

参考にダイエットを頑張ってみてください。

 

今年初めてのブログの内容は

『長期ダイエット&短期ダイエットのメリットやデメリットについて』です。

 

みんながみんなどちらかのダイエットの方が効率が良いというわけではなく、

その人それぞれに合ったダイエット方法があるので、長期ダイエットと短期ダイエットに

ついて詳しく載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • 長期ダイエットメリット
  • 長期ダイエットデメリット
  • 短期ダイエットメリット
  • 短期ダイエットデメリット
  • 長期ダイエット短期ダイエットどちらがオススメ?

 

長期ダイエットのメリット

 

① 無理なく自分のペースで取り組める

 

ダイエットの目標を余裕を持って決めておくことで、無理な食事制限や運動を辛い思いを

しないでダイエットに取り組むことが出来ます。

あれやれ!!これやれ!!と制限されることもないので、ストレスを溜めにくくするため

過食や甘い物の食べ過ぎを防ぐことで摂取カロリーを抑えられます。

 

② リバウンドを防ぐ

 

短期で体重を落とす方法として、無理な食事制限をしながら身体を動かすことが

考えられますが、一時的に身体の中の筋肉量と水分量が落ちていることになるので、

ご飯をもとの量に戻した時や運動をしなくなってしまうとすぐに体重は戻ってしまいます。

長期でダイエットを行うことで無理な食事制限は行わずに、少しずつ体重を減らす

ことが出来るのでリバウンド防止になると言われています。

 

③ 健康の維持

 

長期で行うダイエットはしっかりと食事を食べて行うダイエット方法になります。

健康的で痩せるためには食事から摂る栄養が必要不可欠です。

食べて栄養を摂れることで体調不良の心配もなく、健康を維持出来ると

言われています。

 

④ 筋肉量が落ちにくくなる

 

無理な食事制限によって食事を減らしてしまうと身体の中の水分量や筋肉量が

落ちてしまうと言いましたが、長期ダイエットを行うことで筋肉量を落とさずに

痩せることが出来ます。

 

 

長期ダイエットのデメリット

 

① 継続が難しい

 

長期ダイエットの一番のデメリットとしてダイエットの継続が出来ないという

理由が多いかと思います。

長続きしない理由として、長期でダイエットを行なっていくため、目標もハッキリ

決めることもなければ、結果もすぐに出てこないことが多いため途中で嫌になって

諦めてしまって痩せられなくなってしまいます。

 

② ストレスが溜まる

 

始めはやる気満々で生活習慣や食生活を気にしていても、ある程度時間が経って

しまうと自分に甘えが出てしまい、ちょっとなら良いか・・・と食事量が少し増えてしまったり、

食事量を抑えていることや甘い物が食べられないことからストレスを溜めやすく

なってしまいます。

ストレス発散方法として食に走ってしまう人は過食の原因になり、リバウンドしやすく

なります。

 

 

短期ダイエットのメリット

 

結果が出やすい

 

短期間でダイエットをするメリットはただ一つ!

『すぐに結果が出る』ということです。

結果がすぐに出てくれば、やる気が上がり目標体重まですぐに落とすことが

出来るという人が多いかと思います。

 

何か目的があって痩せるのに短期ダイエットは良いのかもしれません。

短期間で痩せたい!と思う理由としては

 

・結婚式がある

・久しぶりに友人と会う

・同窓会がある

・好きな人と会う

 

など様々な理由があると思います。

ダイエットの内容にもよりますが、期間をしっかりと決めてダイエットに

取り組むことは良いことです。

 

 

期ダイエットのデメリット

 

① 筋肉量の低下

 

短期でダイエットを行うとなると食事制限によるダイエットか運動を

取り入れるかという方法になるかと思います。

大体の人は食事制限を行なってしまいがちですが、無理な食事制限による

ダイエットは筋肉量を落としてしまいます。

 

筋肉量が落ちてしまうことでどんな悪影響があるのか・・・

 

・免疫力の低下

・疲れやすくなる

・太りやすく痩せにくい

・ボディラインが崩れる

・身体が冷えやすくなる

・関節痛になりやすくなる

 

など様々な体調不良の原因となるので食事をきちんと摂って、

筋肉量を落とさないようにすることが大切になります。

 

② リバウンドしやすい

 

短期ダイエットといえば無理な食事制限や無理な運動をして痩せる!という考えの人が

多いかと思いますが、食事量を無理に減らして体重を落としていたのを、体重が減ったから

と言って食事を元に戻してしまうと、生活習慣や食生活が改善されていなければもちろん

体重はすぐに戻ってしまいます。

 

 痩せにくくなる

 

栄養が不足してしまうと代謝が悪くなってしまいます。

代謝が悪くなってしまうということは消費カロリーが減ってしまい、脂肪が燃焼

されずどんどん蓄積されやすくなり太りやすくなります。

 

④ 脂肪は落ちない

 

短期ダイエットで間違ったダイエット方法で落ちるのは筋肉量と水分量がほとんどです。

みなさんが落としたいと思っている脂肪はなかなか落ちません。

脂肪は落ちてないですが、筋肉量・水分量が減って体重が落ちたからとダイエットをやめて

普通の生活に戻してしまうと脂肪がさらに増えてしまうかもしれません。

 

⑤ 体調が悪くなる

 

無理なダイエットによる栄養不足などによって

 

・貧血

・生活習慣病

・脂肪肝

・耳管開放症

・骨粗鬆症

・拒食症

・過食症

・月経不順(生理不順)

・不妊症

 

など様々なリスクが高くなってしまいます。

 

 

長期ダイエットと短期ダイエットはどちらがオススメ?

 

長期間ダイエットと短期間ダイエットのデメリット&メリットを載せてきましたが、

結果的にはどちらのダイエットがリバウンドがなく、健康的にダイエットが出来る

のでしょうか?

 

どちらのダイエット方法もメリットとデメリットがありますが、絶対にどちらかが良い

というわけではありません。

自分に合っているやり方で行うことが1番だと思います。

ただ、短期のダイエットは正しい方法で行わないと体調不良やリバウンドの原因に

なるのでダイエットのやり方には十分に注意してください。

 

自分でダイエットを行う際に無理なく体重を落としても良いと言われているのは

『1ヶ月で自分の体重を落とすのは5%以内まで』と言われています。

例えば60kgの場合の人は1ヶ月以内で3kgの減量だったら無理のない体重の減量と

なります。

 

ダイエット期間を自分で決めてダイエットを行うことも大切だと思いますが、

そうすることがストレスになり上手く痩せられなくなってしまう人も多いので、

自分のペースで努力することも大切かと思います。

痩せる目的がしっかり決まっていることもダイエット成功にも繋がります。

ダイエットが上手くいっていない人は自分が何の為に痩せたいのか

もう一度振り返ってみると良いかもしれません。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

・健康的に痩せたい人

・リバウンドしたくない人

・どんなダイエットを行なっても痩せられなかった人

・脂肪をしっかり落としたい人

ダイエットでお困りの人はご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話でご予約して

ご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 3F

〜JR鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 横浜桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (17)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)