完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

シャワーよりも湯船に使った方がダイエットに良い理由

2020.11.17

こんにちは\\\\٩( 'ω' )و ////

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

朝晩は気温も下がり、風も冷たい寒い季節となってきました。

暑い夏は湯船にゆっくり浸かることが出来ずにシャワーで済ませてしまう人も

多いかと思います。それと比べ冬は外の気温が低いため、ゆっくり湯船に浸かって

身体を温める人も多いでしょう。

 

ダイエットに良いと言われるのは身体を冷やさずに温めることというのはよく耳にする

かと思いますが、身体を温めることでどんなメリットがあるのでしょうか・・・?

 

それぞれシャワーと湯船に浸かることでのメリットとデメリットについて、

載せていきたいと思います。

 

〜 目次 〜

 

  • シャワーだけデメリット
  • シャワーだけメリット
  • 湯船に浸かることでのデメリット
  • 湯船に浸かることでのメリット
  • 痩せやすいシャワーの浴び方
  • よりダイエット効果を高める入浴方法

 

シャワーだけデメリット

 

シャワーだけで済ませてしまうデメリット

 

① 疲れがとれない

 

シャワーだけで済ませてしまう人は、身体が芯まで温まっていないため

体温があまり上がらない状態となってしまい、血液の巡りも上がりにくく

なります。

 

血液には酸素や栄養を運ぶ働きがあります。血流が悪くなれば疲労回復が

遅くなり疲れもとれにくくなってしまうのです。

 

② 身体が冷える

 

シャワーでは身体の芯から温めることが出来ないので、身体は冷えてしまいます。

身体が冷えてしまうことで

・むくみ

・冷え性

・めまい

・肩こり

・腰痛

・頭痛

・疲労感

・ストレス

・睡眠の質の低下

・免疫力の低下

・老廃物の蓄積

など、身体が冷えてしまうだけで様々な体調不良の原因となります。

 

夏場でも冬場でも季節関係なく、身体を温めることはとても大切なこととなります。

 

〜朝シャワーを浴びるデメリット〜

ちなみに朝シャワーを浴びることのデメリットとは・・・

・すすぎ残し

・髪の毛を乾かす時間がかかる

・ヒートショックのリスク

 

ヒートショックとは・・・急激な温度差によって血圧が変動し、最悪の場合

            命を落としてしまう危険もある症状

 

朝バタバタしている時間帯ですのでゆっくりしている時間は少ないので、

雑になってしまう所もあるかと思いますので一つ一つ丁寧に行動するように

してシャワーを浴びてください。

 

 

シャワーだけメリット

 

シャワー だけ浴びるメリットとしてはどんなことがあるのでしょうか・・?

 

① 時間短縮

 

ゆっくり湯船に浸かる人は1時間〜1時間30分ほど入っている人も居るかと

思います。しかし、シャワーだけだと約10分〜20分程度となるので

だいぶ時間短縮になり、家事や趣味など他のことに時間を使うことが出来ます。

 

仕事が終わるのが遅く、早くご飯を食べて次の日のために寝たい・・・

という人や熱い所が苦手で・・・という人には良い時間となるでしょう。

 

また、湯船にお湯を溜める時間も短縮出来ます。

 

 暑い夏にもササっと入れる

 

夏は気温が高く湯船に浸かる人も少ないのではないでしょうか?

 

夏場は1日中汗をかき、身体がベタついてしまい気持ち悪いと感じる一番の季節

となります。

そこで、暑いからと手っ取り早くシャワーで済ませてしまう人がほとんどだと

思います。

 

〜朝シャワー浴びるメリット〜

また、朝シャワーを浴びるメリットとして

・目が覚める

・寝癖が治る

・体臭予防

 

朝シャワーを浴びるメリットについて載せました。

朝必ずシャワーを浴びなければ1日が始まらないという人も居るでしょう。

そういう人はデメリットでもあったシャンプーやリンス・石鹸などの濯ぎ残しや

ヒートショックに十分注意し入るようにしてください。

 

 

湯船に浸かることでのデメリット

 

湯船や浴槽に浸かることでのデメリットについて・・・

 

① 時間がかかる

 

シャワーと違い、湯船に浸かるとゆっくりしている時間が長いのでどうしても

時間がかかってしまいます。

せっかくお湯を溜めたのだからと1時間くらい入っている人が多いのではないでしょうか?

あまり長く浸かっていると他のことに時間を使っている余裕が無くなってしまい、

睡眠時間が削られて寝不足になってしまう人も多く居るかもしれません。

 

② お金がかかる

 

お水を出すには水道代、お湯を出すのも温度を維持するのは電気代やガス代が

かかります。

湯船に使ったお水を洗濯に使うという家庭は、その分水道代を節約することが出来る

のでオススメです。

 

③ 急な温度変化による体調不良

 

特に今の季節は気温が低く、身体が冷えてしまっている状態になるので、

いきなり熱い湯船に浸かってしまうと血圧に悪影響を与えてしまい、

体調不良の原因となります。

 

いきなり浴槽に浸かることをしないで、足下からシャワーをかけて

徐々に身体を温めるようにするようにしてください。

 

 

湯船に浸かることでのメリット

 

では、湯船に浸かることのメリットについて載せていきたいと思います。

 

① むくみ解消

 

身体がむくんでいるという人は身体の中に余分な水分が蓄積されてしまっている

状態になり、むくみが原因でダイエットに悪影響を与えてしまったり、健康面でも

体調不良などの原因となります。

血流が悪くなる原因の1つが『むくみ』ですが、湯船に浸かることで身体全体に水圧が

かかり、血流やリンパの流れが良くなることでむくみが改善しやすくなります。

 

また、サウナや岩盤浴などで汗をかき体重の減少が激しい人は、身体の中の余分な

水分が抜けている証拠です。

 

② 睡眠の質の向上

 

湯船に浸かり体温が上がって、その後家の中でゆっくりしているうちに体温は下がります。

その体温が下がった時に自律神経である副交感神経が優位になり、眠気が起きるため

睡眠の質が良くなると言われています。

 

睡眠の質が良くなることで

・食欲のコントロール

・太りにくい体質を作る

・免疫力の向上

・記憶力の向上

・精神面の安定

などダイエット効果だけでなく、他にも健康面でも様々なメリットがあります。

 

③ 疲れがとれやすくなる

 

身体が温まり、血流が良くなることによって身体の中の老廃物や疲労物質が外へ

排出されやすくなります。

さらに、リンパの流れが良くなることで内臓の働きが活発になり、筋肉の緊張が

緩くなるためコリや張り・疲れなどの解消にも良いと言われています。

 

④ リラックス効果

 

湯船に浸かるだけでも疲れがとれやすく、1日のリセットとして入浴する人も

多いかと思いますが、入浴剤を入れて匂いをつけることでもリラックス効果は

あります。

 

他にも自律神経が整い副交感神経が優位になることでリラックス効果が期待

出来ます。

 

 

痩せやすいシャワーの浴び方

 

湯船に浸かる方が痩せやすいけど、シャワーだけでもダイエット効果の期待出来る

浴び方があったら試したい!!という人も多いでしょう。

そこで、少しでもダイエット効果を高めるシャワーの浴び方のコツについて

載せていきたいと思います。

 

① 温水と冷水のシャワーを交互に浴びる

 

理想のお水の温度として

 

温水・・・42℃

冷水・・・35℃

 

と言われています。

冷水と言っても冷たいお水を浴びる必要はありません。

 

ポイントとしてはシャワーから出る時は、温水ではなく冷水を最後に

することを意識してみてください。

 

② 首周りにシャワーを当てる

 

シャワーの水圧を使って首周りのリンパに刺激を与え、痩せやすい体質を

作りやすくするといった方法になります。

 

やり方はとても簡単♪

シャワーを左右の首筋に交互に1分間ずつ当てることを複数回繰り返すだけです!

 

③ 足にシャワーを当ててむくみ解消

 

シャワーの水圧を使って足のリンパを刺激し、血流改善によって身体の中に溜まっている

老廃物や余分な水分を外へ排出しむくみを解消しやすくする方法になります。

 

やり方

かかと→膝裏へと下から上へと数回シャワーをかけ、

膝裏→足の付け根へと同じく下から上へと数回シャワーをかける

※ お湯で足の裏側をシャワーで刺激

 

お尻も水圧で刺激するとより下半身から上半身へリンパや血流が良くなるので

さらに巡りが良くなると言われています。

 

③ お腹にシャワーを当てて便秘解消

 

女性の場合は特に冷え性でお腹が冷えやすい人も多いと思います。

そこで、シャワーをお腹に当てて温めることによって腸の活動を

活発にして、便秘が改善されやすくなります。

 

やり方

おへそにシャワーを当ててゆっくりと時計回りでシャワーを動かす

だいたい2〜3分行います。

 

 

どの方法も簡単な方法ばかりで時間もそんなにかからないと思うので、

時間がなくシャワーで済ませてしまう日は是非試してみてください。

 

 

よりダイエット効果を高める入浴方法

 

時間がなく、シャワーだけで済ませてしまう人を少しでも痩せ体質に

変えやすくする方法について載せました。

今度は湯船に浸かっている人でさらに痩せ体質を作りやすくする方法に

ついて載せていきたいと思います。

 

① 高温反復入浴方法

 

高温反復入浴方法とは、熱い湯船に浸かって出るを繰り返し行う方法となり、

消費カロリーの高い入浴方法と言われています。

 

やり方

お湯の温度を40〜43℃に設定

  ↓

5分間、肩までお湯に浸かる

  ↓

5分間、湯船から出て休憩

  ↓

3分間、湯船に浸かる

  ↓

5分間、湯船から出て休憩

  ↓

3分間、湯船に浸かる

 

といった方法になります。

お風呂から出たら水分をしっかりと摂って、体調が良くない時は高温反復入浴方法は

控えるようにしてください。

 

② 半身浴

 

お風呂のダイエット方法として一番聞いたことがある方法は半身浴だと思います。

半身浴が良いと言われていても正しい方法で行わなければいけません。

 

☆ 半身浴のコツ

・お湯の温度は38〜40℃

・浴室を温める

・お水の量はみぞおちくらい

・入浴時間は20〜30分

・首を出し、浴槽のふたをしめてサウナ状態にするとより良い

と言われています。

また、上半身には身体の乾燥防止で乾いたタオルをかけると良いでしょう。

 

半身浴を行う時の注意点

・30分以上浸かる時は休憩を入れる

・食後は避ける

・体調が悪い時は行わない

・お酒を飲んだ時は避ける

 

などの行動には注意するようにしてください。

 

少しでも効率良くダイエットが出来ればと入浴時のコツを載せました。

是非参考にして試してみてください。

 

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

・リバウンドを繰り返してしまう

・何をやっても痩せられない

・途中で諦めてしまう

・ダイエットをして体調を崩してしまった

・運動が嫌い&苦手

などダイエットでお困りのことがありましたらご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話でご予約して

ご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 3F

〜JR鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19ー3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (81)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)