完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

心脾顆粒(しんぴかりゅう)

2020.01.27

・心脾顆粒について

 

脳の疲れを和らげ、精神を安定させる10の生薬を配合させたのが『心脾顆粒』です。

 

 

~~目次~~

  • 心脾両虚について。
  • 心脾両虚体質チェック。
  • 心血虚による症状。
  • 脾気虚による症状。
  • 心脾顆粒の成分・分量(用法・容量・価格)
  • 心脾顆粒の生薬について。
  • 取り扱い店舗

 

・心脾両虚について

 

ストレスや脳の疲れは『心脾両虚』を招き、健忘・不眠・貧血の原因となります。

 

心脾両虚とは、血を全身に巡らせる働きを持つ『心』と、消化吸収をつかさどり、気・血を生成する『脾』の両方が虚弱になった状態を表します。

ストレスや思い込み、考え過ぎなどで脳に過度な負担がかかると、心と脾に影響して機能が低下し、『心血虚』『脾気虚』の症状が同時に現れることが多くなります。

 

・心脾両虚体質チェック

 

・物忘れ(健忘)。

・人の話を理解できない。

・くよくよしたり不安を感じやすい。

・眠りが浅い。

・眠れない(不眠)。

・どきどきすることが多い。

・めまいや立ち眩みがある。

・貧血

・汗をかきやすい。

・疲れやすい、疲れている。

・食欲が落ちている。

・下痢ぎみ。

・便秘ぎみ。

・アザができやすい。

・尿に血が混じることがある。

・便が黒っぽい。

・経血が多い。

3つ以上あてはまる場合、心脾両虚の可能性があります。

 

・心血虚による症状

 

心は、精神・意識・思考・血脈をつかさどっています。また気血などのエネルギーが心神活動の基礎となります。

心血虚になると、脳に気血などの提供ができなくなり、物忘れ、人の話を理解できない、焦燥感、不安、眠りが浅い、不眠という症状を引き起こします。

 

・脾気虚による症状

 

脾は主に二つの作用があり、一つは食べ物を消化吸収し、気血などのエネルギーを生成し、それを全身に運ぶことであり、もう一つは血液循環を管理し、血液が血管から漏れ出ないようにすることです。

脾の働きが停滞すると、いわゆる『脾気虚』の状態になり、消化不良や全身の疲労感を招いたり、皮下出血や生理不順といった症状が現れたりします。

 

・心脾顆粒の成分、分量、価格など

 

<成分・分量>

本品1日量3包(6、0g)中、下記成分及び分量の生薬より製した帰脾丸エキス8,4gを含有します。

・オウギ ・・・・・2,10g

・サンソウニン・・・2、10g

・ビャクジュツ・・・2,10g

・ブクリョウ・・・・2,10g

・リュウガンニク・・2,10g

・オンジ・・・・・・1,05g

・トウキ・・・・・・1,05g

・カンゾウ・・・・・0、525g

・モッコウ・・・・・0、525g

・トウジン・・・・・4,20g

*添加物としてデキストリン、ヒプロメロース、乳糖、二酸化ケイ素を含有します。

 

<用法・容量>

成人(15歳以上)1回1包、1日2~3回、食間に温水で服用してください。

 

<価格>

・心脾顆粒 60包入り 9000円(税別)

 

・心脾顆粒の生薬について

 

心脾顆粒は、党参や竜眼肉など10の生薬を配合しております。

心血を養って、精神・意識・思考を安定させると共に、脾気を補い、胃腸の働きを元気にして、心脾両虚の症状を改善します。

 

・党参(とうじん)

キキョウ科のつる性多年草、ヒカゲノツルニンジンの根。

中国では古くから疲労・虚弱体質の体力低下に対して、強壮、強心、健脾生薬として使われてきました。

・竜眼肉(りゅうがんにく)

リュウガン(竜眼、龍眼)はムクロジ科ムクロジ属の常緑小高木またはその果実。

果肉を乾燥させたものを竜眼肉(りゅうがんにく)と呼びます。

補血安神、滋養強壮の効果があるとされています。

 

・脾気を補い、脾(胃腸)の働きを元気にし、脾気虚を改善します。

・黄耆(オウギ)、党参(トウジン)、茯苓(ブクリョウ)、

白朮(ビャクジュツ)、甘草(カンゾウ)

 

・心血を養い、神明(精神、意識、思考)を安定させます。

・当帰(トウキ)、竜眼肉(リュガンニク)

酸棗仁(サンソウニン)、遠志(オンジ)

 

・理気脾胃の気を整えます。

・木香(モッコウ)

 

・取り扱い店舗

 

KANPORO松山漢方相談薬局 横浜桜木町店〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町1-19-3 セルアージュ横浜桜木町ヴァルール101

TEL 045-341-4823

 

KANPORO松山漢方相談薬局 鶴見店

〒230-0062 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2 鶴見フーガⅡ 307

TEL 045-718-6801

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (28)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)