完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

痩せる脳づくりで無理なくスリムに♪

2019.04.28

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です☆

 

痩せたいのに痩せられない。。

そういう現象を起こしているのは

脳だと言われています。

そこで今日は「痩せる脳」の作り方をご紹介します!

 

 

脳がストレスを受けニセ食欲に騙されている?

肥満は人間にはいますが野生動物はいないのは

なぜでしょうか?

実は野生動物にも人間にも生存のため

個体に合わせた適正体重が決まっています。

しかし、人間の場合はそれが守られず

適正体重を超えてしまうことがあります。

それは、ストレスを受けた脳が

食欲をコントロールできなくなっているからです。

 

太りたくないのに太ってしまう理由

①ストレスで脳が食欲抑制のコントロールができなくなる

人間の食欲は「胃腸」ではなく

大脳の「視床下部」がコントロールしています。

「接触中枢」が働くと「食べなさい」と指示が出てお腹が空き

「満腹中枢」が働くと「お腹がいっぱい」という

指示が出て食べられなくなります。

この中枢が交互に働き、適正な食欲がコントロールされます。

しかし、脳がストレスを受けて麻痺すると

このコントロールが効かず「何を食べても満足できない」

という状態に陥ってしまいます。

 

 

②情報を浴び続けることで脳が疲労しているため

情報化社会になり脳が情報を浴び続けることで

脳が栄養不足になり①の脳機能が

きちんと果たされないことにより

接触中枢が働いてしまうことが原因です。

 

 

③過去の習慣に基づくニセ食欲に騙されるため

学生の頃は3食きちんと食べ給食は12時だったと思います。

多少は朝ご飯を食べる時間に個人差はあると思いますが

朝ご飯をしっかり食べたのに12時にはお腹が空いてしまうのは

「12時だからランチを食べなければ」という

過去の習慣に基づいて摂食中枢を働かせ

ニセの食欲を掻き立ててしまうからなのです。

しかし、代謝の落ちる30代後半~40代を迎えて

学生時代と同じ食生活をしていたら

代謝されないエネルギーがどんどん脂肪となり太ります。

 

太陽の光でセロトニンを増やして食欲コントロール

脳がコントロールを失ったせいで太ってしまうのであれば

どのように脳をコントロールし

太らないようにできるのでしょうか?

 

①根本のストレスを把握し、食べること以外で解決する

脳がストレスを受けている中、

「食べ過ぎることをやめる」ことはできません。

自分のストレスの原因が何か

そしてどう変えられるのかを把握しましょう。

 

②幸せホルモン「セロトニン」を増やす

別名幸せホルモンと呼ばれる脳内ホルモン「セロトニン」は

ストレスの緩和や心を慎める働きがあり

これが多いことで脳は適正な食欲コントロールを保てます。

セロトニンは、ウォーキングや踏み台昇り降りといった

リズム運動を20分ほどすることで分泌濃度が高まります。

そして、一番よく知られているのが

起床後すぐに太陽の光を浴びることです!!

これにより脳内ホルモンのセロトニンの分泌が促進されます。

 

③過去の習慣を引きずらず腹7~8分目を意識する

「朝食を食べて数時間しか経っていないのに12時にはお腹が空く」

という場合はエネルギー不足で摂食中枢が働くというよりも

過去の習慣を引きずって脳が誤作動をしている可能性があります。

空腹を感じる時間と、その前の食事時間を振り返ってみてください。

また、満腹というのは業務効率を圧倒的に下げます!

あえて腹7~8分目を意識してみましょう。

 

食べ過ぎを制御できない人は

まずは太陽の光を浴びること、リズム運動で

セロトニンの量を増やすことから始めてみてください!

 

では、また更新します(^▽^)/♪

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

横浜桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (46)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)