完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

漢方で言う「気」ってなに?

2016.07.17

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

現在産休中で松山漢方相談薬局にはいませんが健康情報を載せていきます。

 

昨日は漢方の五臓ってなに?を載せました(#^^#)

今日のテーマは東洋医学の基礎

[気][血][水]を詳しくまとめます。

 

[気]は生命活動を支えるエネルギー源

身体の各臓器を動かし、血液や水分の流れを巡らせて、新陳代謝を促す働きを持っています。

また、体温を保持するほか外部から風邪などの原因となる邪の侵入を防いでくれます。

他の血や水を作り出しつつ、余分なものは排泄にもっていくという大切な働きを担います。

 

[気]が不足する気虚になるとだるい・気力の低下・疲れやすい・声がかすれるなど。

[気]の流れが滞る気滞は抑うつ・のどのつかえ・胸が詰まるなど。

[気]が逆流する気逆は冷え・のぼせ・頭痛・動悸・げっぷ・驚きやすいなど。

 

これらの症状で気になる方は松山漢方相談薬局にご予約ください。

御相談承ります。

自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・月経不順・めまい・頭痛

耳鳴り・アレルギー・ダイエットなどでお困りなかた。

 


この記事を見た人はこの記事も見ています

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (120)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (271)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)