完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

濃い味から薄味へ

2016.06.07

こんにちは(・◇・)/~~~

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

みなさんが作る食事の味付けは濃い味or薄味のどちらでしょうか?

今日は味付けによって身体への影響について載せていきたいと思います。

 

濃い味が身体に与える影響について

・喉が渇きやすくなってしまい水分量が増えてしまいます。また体内に塩分が多いとそれを薄めるために水分が多く溜まってしまうのでむくみの原因になってしまいます。


・味が濃い分ご飯やパンなどの炭水化物の量が増えてしまいます。そのことから中性脂肪が多くなり肥満の原因になります。


・素材本来の味がわからなくなり、味覚が鈍感になってしまう。


・塩分を摂りすぎることで高血圧になりやすく、高血圧になってしまうことにより循環器疾患や生活習慣病の危険性も出てきます。

 

薄味が身体に与える影響

・塩分を控えることでむくみを減少すること


・薄味にすることで食べ過ぎを抑えることで摂取カロリーを少なくする


病気にかかりにくい身体を作る

 

など味が濃いとメリットがありません。しかし、濃い味が好きな方がいきなり薄味に変えるのは物足りなさを感じてしまうと思います。

 

そこで薄味に慣れるには、味付けをだんだん薄くしていくことで慣れていく方法があります。いきなり薄味にしてしまうと味が無くなったことによりストレスを感じて食欲が増えてしまいます。

 

今日からでも出来るダイエット方法と症状を予防する対策にもなるので是非試してみてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

 

他にもストレス、自律神経失調症、心身症、うつ病、不眠症、不妊症、生理不順、つわり、疲れ、耳鳴り、便秘、低体温、皮膚の悩み、冷え性、喘息などの症状でお困りの方お電話でご予約ください。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (250)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (269)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)