鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年08月09日

あなたの体温はいくつですか カテゴリー:

あなたの平熱はいくつですか?  

現代の日本人の体温は低体温化しています。

50年前の平均体温は、36.9℃程度とされていましたが、今は高い人で約36.3℃、ほとんどの人が35℃台と約1℃低下したと言われており、原因として以下のことが考えられます。

①筋肉運動や労働の不足 交通機関の発達、洗濯機・掃除機などの電化製品の発達、車の普及により体を動かす機会が昔より低下。

②塩分摂取の極端な制限 

③水分の摂りすぎ

④食べ過ぎ・体を冷やす食べ物のとりすぎ・甘いもののとりすぎ

⑤ストレス

⑥化学薬品、化学調味料、食品添加物の摂取

⑦シャワーで済ませる入浴習慣

⑧夏のクーラー                           などがあげられます。

体温が1度下がると、代謝は12%、抵抗力、免疫力は30%以上も落ちるといいます。体温が下がることで、エネルギーを消費しにくく、脂肪が燃焼されず、ダイエットの効率が悪くなります。

また、冷えることで血流が悪くなり、全身に栄養や酵素、白血球などを運んでいる血液の流れが滞るため、からだの働きが低下し病気になりやすくなります。さらに癌細胞は35℃台で一番増殖をするといわれています。

身体を温めることがいかに大切であるということが良くわかります。

今回は冷やす食材と温める食材について少し掘り下げてみます。

女性で、朝食はバナナとヨーグルトは欠かせない、あるいは昼食後のデザートはヨーグルトを食べるという方は多いと思います。

1950年代までの日本人は、生野菜を食べる習慣がありませんでしたし、パンや牛乳・ヨーグルト・洋菓子を食べれる人はごく少数であったようです。

また、バナナやパイナップル・レモンなど熱帯フルーツは、高価で一般庶民にとっては、高嶺の花だったのです。

昔はこうした体を冷やす食べ物を口にしておらず、体を温める食べ物を食べていたようです。

「青・白・緑」の食べ物は体を冷やすといわれています。

体を冷やす「青・白・緑」の食べ物も、熱や塩や圧力・発酵を行うと「赤・黒・橙」の温める食べ物に変わります。

同じカロリーの牛乳とチーズであれば、チーズのほうが温めます。

牛乳(白)→熱・塩・発酵→チーズ(黄)

白米(白)→熱→チャーハン(黄)

緑茶(緑)→熱・発酵→紅茶(赤黒)

白ワインよりは赤ワイン。白砂糖よりは黒砂糖。

陰性食品(冷やす食材)と陽性食品(温める食材)↓↓

 

陽性の温める食材を過剰に食べていると、陰が減ってくるため、相対的に陽が強くなってしまいます。体を温めからと言って陽性の食品を摂るのではなく、バランスよく摂る事が必要です。

朝食はヨーグルトは欠かせないという方は陽の食材も取り入れてみましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 


ページ上部へ