完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

ブロッコリーとカリフラワーってどんな違いがあるの?

2019.09.28

こんにちは(・◇・)/~~~

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

ブロッコリーとカリフラワー形は、よく似てるけど色も含まれている栄養素も異なっているのです。

痩せるにはどちらの野菜を積極的に食べた方がダイエットに良いのでしょうか?今日はブロッコリーとカリフラワーの違いについて載せていきたいと思います。

 

ビタミンC

 

ブロッコリーにもカリフラワーどちらも同じくらいの量のビタミンCが含まれています。ビタミンCには生命を維持するのに大切な栄養素になるだけでなく、美肌効果がとても優れている栄養素になります。

 

調理をする際に茹でて調理をしてしまうと、ビタミンCの栄養素は失われやすくなってしまいます。しかし、カリフラワーは茹でてもビタミンCの栄養が失われないと言われていることから『畑のレモン』とも言われていることから、茹でて調理を行うのであれば、ビタミンCが失われないカリフラワーがオススメです。

 

βカロテン

 

ブロッコリーにはカリフラワーの約50倍となるβカロテンが含まれています。βカロテンは身体の中でビタミンAに転換し、皮膚や粘膜を丈夫にするだけでなく、視力の維持・ガンの予防・免疫力の向上・アンチエイジングなど様々な健康面によるメリットがたくさんあります。

 

 

どちらもメリットはありますが、カリフラワーが苦手な人も多いでしょう。

ブロッコリーの栄養価を下げないためのオススメの調理方法としては茹でるのではなく、電子レンジを使用した調理をすることです。

カリフラワーはブロッコリーと違い、生で食べることが出来る野菜になるのでオススメです。

 

ダイエットや健康に良いからと、野菜だけを食べるのではなく、バランスの摂れた食事がとても大切になります。

いつもの食事にブロッコリーやカリフラワーを使ったおかずを1品増やしてみてはどうでしょうか・・・?

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・健康的に痩せたい人

・食生活や生活習慣を改善しリベウンドのない生活を送りたい人

・運動が苦手な人

は松山漢方相談薬局までお相談ください。その人にあったダイエット方法をご提案いたします。

 

 

他にも体調不良で何かお困りの人は、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)