完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

痩せすぎの人が身体に与える悪影響

2020.01.13

こんにちは(*^◯^*)

松山漢方相談薬局  桜木町店スタッフ茉佑香です。

 

ダイエットをして痩せて綺麗になりたい!と思う人が多いと思います。

しかし、痩せて細くなれば良いというわけではありません。

 

太っている人だけが病気になるのではなく、

痩せ過ぎて細い人も病気のリスクが高くなるのです。

 

まず、痩せ過ぎてしまう原因についてです。

 

① 栄養バランスの悪い食事

 

無理な食事制限によるダイエットを行ってしまって痩せた場合

健康に必要な栄養素まで摂れなくなってしまいます。

栄養が足りない状態が続いてしまうと、内臓機能が低下してしまいます。

胃の消化機能が低下してしまうだけでなく、

腸は上手く栄養を吸収出来なくなってしまうため、

さらに不健康に痩せやすくなってしまいます。

 

また、胃腸が元々弱っている人も消化吸収が上手く出来ない人になります。

 

② 拒食症の可能性

 

痩せなきゃ!という思いが強過ぎて、

食べ物が食べれなくなってしまい、

どんどん痩せてしまう可能性があります。

 

③ 胃下垂

 

胃下垂の人は太らないと耳にすることが多いと思います。

胃下垂は胃の位置が正常の人より下の位置にあることを言います。

 

特徴として

・食後に下腹部が膨れる

・便秘や下痢が多い

・胃がもたれる

・胃がムカムカし、不快感がある

・胸焼けや吐き気

・ゲップが多い

・胃酸過多による胃痛

 

など必ず上記の原因が胃下垂というわけではありませんが、

いくつか当てはまる人が居たら注意してみてください。

 

胃下垂によって腸が圧迫され、便秘の原因になってしまったり

栄養が十分に吸収出来なくなってしまうことで痩せる原因の1つとなります。

 

では、痩せ過ぎて身体に起こるデメリットについて

詳しく載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • 疲れやすく、ストレスが溜まる

  • 免疫力の低下

  • 冷え性

  • 糖尿病

  • 女性ホルモンが崩れる

 

疲れやすく、ストレスが溜まる

 

痩せている人はもともと筋肉量が少ないため、

ちょっと運動をしただけでも疲れやすくなってしまいます。

 

他にも、気分転換で外へ出かけることがあっても

あまり長時間歩くことが出来ないので、

家にいることが多くなってしまい、

ストレスを発散出来ずにどんどんストレスが蓄積されてしまいます。

 

ストレスが溜まった発散方法として、過食になる人も多ければ

かえって食欲を無くしてしまう人もいると思います。

 

きちんと食べていても、ストレスの影響で胃腸の調子が

悪くなってしまい、栄養がきちんと吸収されなくなってしまい

さらに痩せやすくなってしまいます。

 

免疫力の低下

 

無理なダイエットによって痩せ過ぎてしまうと、

栄養が不足してる可能性が高くなります。

 

身体に栄養が不足してしまうことで、免疫力が低くなり

 

・口内炎

・ヘルペス

・風邪

・インフルエンザ

・肌荒れ

・喉や鼻の炎症

・花粉症

・アレルギー

・病気や怪我の治りが遅くなる

 

などの病気のリスクが高くなってしまいます。

 

冷え性になりやすい

 

疲れやすい原因でも載せましたが、痩せ過ぎの人は筋肉が少なくなります。

 

筋肉は身体に熱を作りやすくしてくれる働きがあるため、

筋肉量が少ないことで、身体に熱を作れなくなって

体温が下がり、冷え性の原因となります。

 

さらに、無理な食事制限によるダイエットで栄養不足になり、

血液が栄養を運べなくなってしまい、

血液の循環も悪くなってしまうことも冷え性のもう一つの原因になります。

 

糖尿病

 

太っている人にしかならないイメージのある糖尿病ですが、

痩せている人や欠食・不規則な食事によっても糖尿病のリスクは高くなります。

 

糖尿病には種類があり、1型糖尿病と2型糖尿病が存在します。

詳しく載せていくと

 

1型糖尿病の特徴

 

・痩せている人が発症しやすい

・子供や若い人に多い

・遺伝が原因になる

・急に症状が出る

・症状の悪化も急激

 

2型糖尿病の特徴

 

・太っている人に多い

・中高年に多い

・主に食生活・生活習慣が原因

・緩やかに症状が出る

・症状の進行も緩やか

 

上記のことから痩せている人でも

糖尿病にかかってしまうことがわかります。

 

痩せている人が糖尿病になってしまう原因として

脳のエネルギー源としてブドウ糖が使われますが、

痩せすぎているとそのブドウ糖の摂取量が少なくなります。

 

そうすると膵臓のインスリン分泌機能が低下してしまい

インスリン量が減ってしまい糖尿病になりやすくなってしまうのです。

 

 

女性ホルモンが崩れてしまう

 

女性に限らず、生きていくには適度な脂肪が必要です。

特に女性の場合、脂肪は女性ホルモンを生成させるのに大切になってくるからです。

 

女性ホルモンが低下してしまうと

 

・生理不順(月経不順)

・生理不順が続くことによる不妊症

・肌荒れ

・精神的にも不安定

 

などになりやすくなります。

 

痩せ過ぎということは無理なダイエットによる栄養不足が考えられ、

優先的に栄養が心臓や肺・脳などに送られ、生殖機能(卵巣)まで栄養が

回らなくなってしまうことが原因になります。

 

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

ダイエットで何かお困りの人はご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたら

お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (15)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (255)
  • [+]2016 (279)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)