完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエットをしながら肌荒れを起こさない方法

2021.09.06

こんにちは(*☻-☻*)

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

コロナの影響により、1年中マスクをするということが当たり前と

なってきてしまっています。

特に夏は気温が高く、汗をかいてマスクがむれてしまうと肌が荒れてしまう・・・

と悩んでいる人も多いでしょう。

それだけでなくコロナで在宅・テレワークとなり運動量が激減し、体重や脂肪が

かなり増えて太ってしまったという人も多いでしょう。

 

そこで今日は美肌効果もあり、ダイエット効果も期待出来るメリットだらけの

食材について紹介していきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • ダイエット中に肌荒れしてしまう原因
  • ダイエット中でも必要な栄養素
  • 積極的に摂ってほしい栄養素
  • 美容にもダイエットにも良い、積極的に摂ってほしい食材
  • まとめ

 

ダイエット中に肌荒れしてしまう原因

 

ダイエットをしていたら肌が荒れてきた・・・

と悩まれた経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

ダイエット中に肌が荒れてしまう原因とは

 

① 栄養が足りていない

 

ダイエットと言えば食事制限で無理に食事を抜かしてしまったり、

食事量を極端に減らしてしまうと一時的に体重が落ち、ダイエット成功だ!!

と思ってしまう人も多いかと思いますが、脂肪が落ちているわけではなく

筋肉量と水分量が落ちているだけになるため、ダイエットが成功しているとは言えません。

 

肌を綺麗に保つためには食事からの栄養が必要不可欠となるので、

栄養が足りなくなってしまうと肌が荒れやすくなってしまいます。

 

糖質制限や脂質制限・野菜だけの食事・◯◯ダイエットといった1品ダイエット方法

も栄養のバランスが乱れやすくなってしまうので避けるようにしましょう。

 

② 睡眠不足

 

ダイエットと睡眠は関係ないと思う人も居るかと思いますが、

睡眠が摂れていない人と睡眠の質が良くない人は太りやすい体質になるだけでなく、

肌荒れの原因にもなります。

 

睡眠は体力を回復させるのに必要な行動となります。

仕事や家事・学校などで疲れた体力を回復させるだけでなく、太陽からの紫外線や

乾燥や湿気・ホコリなどによって受けたダメージを回復させるのにも睡眠は必要に

なります。

 

しっかりと寝ることや睡眠の質を向上させることで成長ホルモンが分泌し、

痩せやすい身体を作るだけでなく、美肌にも良いと言われているので睡眠を

摂るように心がけましょう。

 

③ ストレス

 

ストレスによって過食となってしまい、ダイエットが効率良く行えなくなって

しまうのはもちろん、ホルモンバランスが乱れてしまうことで、肌荒れを

起こしてしまいます。

 

ストレスを感じると

・暴飲暴食による過食

・偽の空腹

・免疫力の低下

・リンパや血液の流れの悪化

などの影響が出てきてしまうため、ストレスを溜め込まないように

きちんと発散させることが大切になります。

 

 

ダイエット中でも必要な栄養素

 

ダイエットを始めようと思った時に行うことと言えば

・食事制限

・運動

と答える人が多いかと思います。

 

健康的に痩せるのに必要なのは運動よりも食事の方が大切になります。

食事量を落とせば当然体重は落ち痩せることは出来ますが、正しいダイエットとは

言えないことと、痩せても肌が荒れてしまうなど健康面でも良いことはありません。

 

そこでダイエットを効率良く行いながら肌荒れを起こさずに健康的に痩せるには

どんな栄養素を積極的に摂れば良いのでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば五大栄養素が必要になり、

・糖質(炭水化物)

・脂質

・タンパク質

・ビタミン

・ミネラル

の5種類を摂ることでダイエットにも肌にも良いと言われています。

一つ一つなぜダイエットや肌に良いか載せていきます。

 

① 糖質(炭水化物)

 

ダイエットを行うにあたって、炭水化物を抜いてしまう人も多いかと思います。

糖質はブドウ糖の一種と言われ、脳・身体に必要なエネルギーとなるので

無理に抜くものではありません。

 

② 脂質

 

糖質と同じように抜いてしまいがちな栄養素が脂質ですが、

脂質は肌の乾燥を防ぐことと、肌の潤いを保つのに必要な栄養素になるため、

脂質が不足してしまうことで肌荒れの原因にもなります。

 

脂も摂った方が良いとは言いますが、マーガリンやラードなどの添加物が

含まれた物を選ぶのではなく、えごま油やオリーブオイルなどの健康にも

ダイエットに良い油を選ぶようにして下さい。

 

③ タンパク質

 

筋肉を作るのに必要なタンパク質ですが、タンパク質は筋肉を作るだけの

栄養素ではありません。

 

タンパク質には

・爪や髪の栄養になる

・内臓の機能の向上

・肌の向上

・老化防止

などの効果が期待出来ます。

 

④ ビタミン

 

ビタミンは美肌を作るのに必要な栄養素として良く耳にしたことがあるかと

思います。

ビタミンは美肌作りに欠かせないだけでなく、脂肪の燃焼や食べた物を代謝させる

手助けをする効果もあるため、ダイエットにも効果的と言われています。

 

⑤ ミネラル

 

ミネラルは身体の機能を調節したり維持する働きがあるため、生きていくのに

必要な栄養素となり、肌にも欠かせない栄養素です。

 

ミネラルとは

・ナトリウム

・マグネシウム

・カルシウム

・カリウム

・鉄

・亜鉛

・リン

などの栄養素のことを言い、酸素・水素・窒素・炭素以外の物で無機質とも

呼ばれています。

 

ミネラルは身体の中で作ることが出来ないため、食べ物から摂取する必要があります。

 

 

積極的に摂ってほしい栄養素

 

① 食物繊維

 

ダイエットと美肌作りで積極的に摂ってほしい物の1つは食物繊維です。

食物繊維がなぜダイエットと美肌作りに良いのかと言うと便秘解消という

イメージを持っている人が多いかと思います。

 

食物繊維を摂ることで腸内環境を整えます。

食物繊維は善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことが出来ます。

善玉菌が増え、腸内環境を整えることで栄養素の吸収率が上がることや、

腸を刺激してぜん動運動を活発化するため、腸内に溜まっている老廃物を

外へと排出します。

 

身体の中の老廃物が外へと排出することで便秘や肌荒れの改善に繋がり、

ダイエット効果と美肌効果が期待されています。

 

食物繊維を多く含んだ食材は

・きのこ類(椎茸・しめじ など)

・海藻類(昆布・わかめ など)

・豆類(インゲン・小豆・大豆 など)

・野菜類(ごぼう・ブロッコリー・かぼちゃ など)

・納豆

などに多く含まれています。

 

② 炭水化物

 

太りやすい栄養素として有名な炭水化物ですが、健康的に痩せるため・

美容にも必要な栄養素となります。

炭水化物には糖質を含んだ食材が多く、糖質を全く摂らなくなってしまうと

筋力が低下して代謝が下がりやすくなってしまったり、腸内環境が悪化して

しまったりと影響が出てきてしまいます。

 

糖質を多く含んだ炭水化物をまったく摂らないようにするのではなく、

食べ過ぎないように適量を食べることが出来れば太り続けてしまうことも

ないかと思います。

 

③ タンパク質

 

タンパク質は筋肉を作る材料の1つとなります。それだけでなく、

タンパク質を摂ることで代謝の向上・維持だったり、脂肪の燃焼効果が

あると言われているため、ダイエット効果や美容効果が期待されています。

 

お肉や魚・納豆などの良質なタンパク質を摂るように意識するように

心がけましょう。

 

 

この栄養素が良いからとその食材(栄養素)だけを食べることは避けて下さい。

どの栄養素もバランスよく摂ることが大切になります。

 

 

美容にもダイエットにも良い、積極的に摂ってほしい食材

 

どんな食材を摂ることで美容・ダイエットどちらにも期待出来るのでしょうか?

どちらの効果も期待出来る食材について載せていきたいと思います。

 

① ショウガ

 

寒い冬などに辛いものを食べると痩せると思って、唐辛子を摂っている人も

多いかもしれません。

しかし、唐辛子は一時的に身体を温めるだけで身体の芯の部分を温めることが

出来ないため、少し時間が経つと身体が冷えてきてしまいます。

身体を芯の部分から温めるためには『ショウガ』がオススメです。

 

ショウガを食べることで

 

☆免疫力の向上

ショウガには『ジンゲロール』が含まれていて、免疫力の向上が期待されています。

 

★血流改善

ショウガに含まれる『ショウガオール』という成分が血液の流れを良くするため

血流の改善が期待されています。

 

☆脂肪燃焼効果

身体の中に老廃物が溜まってしまっていると脂肪も蓄積しやすくなって太りやすい

体質になりますが、血流が改善されることで冷え症やむくみなどの症状が良くなり、

身体の中の老廃物が外へ排出されることで痩せやすい体質に変えることが出来ます。

 

★冷え症改善

冷えの原因として、血流の巡りが悪いことが考えられます。

ショウガを食べることで代謝が向上し、血流が良くなると全身に血液が巡りやすく

なるため、冷え症が改善されやすいと言われています。

 

② きのこ類

 

きのこは低カロリーなうえに満腹感も得やすい食材になり、ダイエット効果が

出来る食材になります。

また、きのこ類はダイエットだけでなく美容にも良いと言われているので

オススメな食材です。

 

きのこ類の様々な効果とは?

・低カロリー

・かさ増し食材

・脂肪吸収を抑制

・食物繊維が豊富

・糖質と脂肪の代謝のサポート

・ミネラルが豊富

・カリウムが豊富

・免疫力の向上

・抗酸化作用

・血行促進

・生活習慣病(高血圧や動脈硬化 など)

・コレステロール値の低下

・女性ホルモンを整える

などたくさんの効果が期待されています。

 

③ ほうれん草

 

ほうれん草は低カロリーでなおかつ、たくさんの栄養を含んだ野菜で『総合栄養野菜』

とも呼ばれています。

 

ほうれん草に入っている栄養素は

・ビタミン

・ミネラル

・鉄分

・ビタミンC

・カリウム

・ベーターカロテン

・葉酸

などの栄養素が豊富に含まれているため、ダイエット中に必要な栄養素が

揃っていることから栄養バランスを整えやすいというメリットもあります。

 

しかし、ダイエットや美容に良いからと過剰に摂ってしまうと

ほうれん草に含まれるシュウ酸が結石を作る原因になってしまうので、

食べる量には十分に注意して下さい。

 

 

まとめ

 

今までダイエットを行ったことがある人で肌が荒れてしまったという経験がある人は、

食生活や生活習慣にどこか問題がある人が多かったのかもしれません。

これからダイエットを行うという人は、今日のブログを参考に健康的にダイエットを

行いながら美肌を作り、綺麗に痩せてほしいと思います。

 

ダイエットでは食事が9割、運動が1割の割合で圧倒的に食事が重要になります。

自分が食べている物を書き出すことで食事のバランスやカロリー・食事量も

わかりやすくなり、体重のコントロールが出来るようになるので、リバウンド防止

となり太らない習慣を身に付けられます。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・リバウンドを繰り返している

・何をやっても痩せない

・運動が嫌い or 苦手

・どうやってダイエットをしたらよいのかわからない

など、ダイエットでお困りのことがありましたらご相談ください。

 

他にも目の疲れ・自律神経失調症・精神的不安・不眠症・動悸・息切れ・

高血圧症・めまい・手足の痺れ・関節痛・食欲の低下・便秘・下痢・

痔・口臭・風邪・鼻炎・喘息・アレルギー・皮膚炎・脱毛・白髪・冷え症・

腰痛・膀胱炎・不妊症・生理痛・生理不順・肩こり・五十肩・難聴

などの症状でお困りの人もお電話やホームページのお問い合わせにて

ご予約してご相談して下さい。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 3F

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (35)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)