完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

魚はダイエットに良い食材ですが、食べ過ぎたら太ってしまう?

2021.08.16

こんにちは( ・∇・)

KANPORO松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

ダイエットで大切なことは『食事:運動=9:1』と言われています。

ダイエットだけでなく健康のもとと言える食事ですが、どんな食材を食べたら

健康にもダイエットにも良いのか、食事の内容に頭を悩ませている人が多いかと思います。

 

健康にもダイエットにも良いと言われる食事が『和食』と言われますが、

和食を想像すると魚や味噌汁を想像する人が多いのではないでしょうか?

しかし、どの食材にも言えることですが、低カロリーで太りにくい魚でも

食べ過ぎてしまったり、カロリーが高い魚を食べる機会が多くなってしまうと

もちろん摂取カロリーが増え、太りやすくなってしまいます。

 

そこで太りにくい魚の種類などについて詳しく載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • 魚を食べ過ぎてしまうと太りやすくなるだけじゃない?
  • 魚を食べることでの様々な効果
  • 高カロリーでダイエットには向いていない魚
  • 低カロリーでダイエットに向いている魚
  • まとめ

 

魚を食べ過ぎてしまうと太りやすくなるだけじゃない?

 

魚はカロリーが低いからと食べ過ぎて良いだけではありません。

1日の摂取カロリーは、性別や年齢によって人それぞれ異なりますが、

いくらカロリーが低いからと言って、1日の摂取カロリーが超えて

しまえば太りやすくなってしまいます。

 

しかし、魚の食べ過ぎは太りやすくしてしまうだけでなく、

健康面でも様々な影響があると言われています。

 

① 痛風になりやすい

 

魚にはプリン体が含まれていて、プリン体を過剰に摂取が続いてしまうと

痛風や高尿酸血圧などといった病気のリスクが高くなると言われています。

 

② 腹痛や下痢の原因

 

魚にはセレンという成分が含まれていて、生きていくのには必要なミネラルの一種に

なりますが、過剰に摂取してしまうことで

・腹痛

・下痢

・吐き気

・疲労感

・脱毛

・爪の変形

・頭痛

・痺れ

などの様々な影響があると言われています。

 

③ 妊娠中の胎児に影響

 

魚には水銀が含まれた魚がいますが、水銀の栄養素を過剰に摂取してしまう

ことで、水銀が胎盤を通って胎児に移動します。

胎児にとっては水銀の刺激を受けやすいため、妊娠中の人の水銀の過剰摂取

には注意してください。

 

 

魚を1日で食べ過ぎたからと必ず上記のような健康に問題が起こるわけではありません。

継続して魚を食べ過ぎてしまった時に病気のリスクが高くなってしまうという

ことになります。

あくまでも参考として、食べる量には気を付けるようにしてください。

 

 

魚を食べることでの様々な効果

 

魚を食べることでダイエット効果だけでなく健康面でもどんな効果が

期待されているのでしょうか?

 

① ダイエット効果

 

まず、第一に低カロリーな食材によるダイエット効果です。

太ってしまう1つの原因として摂取カロリーが消費カロリーを超えて

しまうことが考えられます。

魚は低カロリーでダイエットに向いている食材となります。

 

しかし、魚の種類によっては脂が多く、食べ過ぎてしまうと摂取カロリーが

多くなってしまうので食べる魚の種類によっては注意が必要です。

 

② 血流の改善

 

魚を食べることによって魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)が血液がドロドロしてしまう原因でもある、

中性脂肪や悪玉コレステロールなどを減らす働きがあるため、

血液の汚れがなくなり血行が良くなると言われています。

 

③ 老化防止

 

鮭・エビ・カニなどに含まれる赤色の天然色素の一種であるアスタキサンチンが

身体の酸化を抑える抗酸化作用が期待されます。

酸化してしまう原因は様々で、ストレスや日光からの紫外線によってシワやシミ

を作ってしまいます。

アスタキサンチンは酸化から細胞を守ることで老化防止効果があると言われます。

 

④ 良質なタンパク質

 

筋肉を作るのにタンパク質の栄養素は必要不可欠です。

魚には良質なタンパク質が豊富に含まれているため、良い筋肉を作るには

とても良い食材となります。

 

 

高カロリーでダイエットには向いていない魚

 

魚は全種類がダイエットに向いている低カロリーの食材ではありません。

魚の中でも脂が多く、カロリーが高くなってしまう魚もあります。カロリーの

高い魚ばかり食べていたら摂取カロリーも増え、魚を食べていても

太りやすくなってしまいます。

 

あまり食べ過ぎてはいけない魚の種類とは・・・?

 

・ハマチ

・トロ

・サンマ

・サバ

・ウナギ

・イワシ

・サーモン

・タイ

・カンパチ

 

などが魚の中でもカロリーが高いと言われています。

 

しかし、サバやイワシ・サンマなどの青背魚(青魚)などにも血液をサラサラにしたり、

抗酸化作用によって老化防止効果も期待出来るので食べ過ぎなければ

問題ないかと思います。

 

 

低カロリーでダイエットに向いている魚

 

意外とカロリーが多く食べ過ぎてしまうと太りやすい魚について載せました。

逆にカロリーが低く、ダイエット中でも積極的に食べて欲しい魚について

載せていきたいと思います。

 

・タラ

・カレイ

・ヒラメ

・ししゃも

・ホッケ

・マグロ(赤身)

・アジ

・サケ

・アユ

 

などの魚の種類がカロリーが低くダイエット中でもオススメな魚になります。

 

 

魚は『赤身魚・白身魚・青背魚(青魚)』の3種類に分けられ、

それぞれカロリーも調理方法も異なります。

 

カロリーが高いから食べてはいけない・カロリーが低いからと食べ過ぎて良い

というわけではありません。

バランスの考えられた食事に食事量をきちんと意識することが大切になります。

 

 

まとめ

 

魚がダイエットに良いからと魚ばかり食べれば良いというわけではありません。

お肉もバランスよく食べ、食事のバランスを考えて摂る必要があります。

 

魚の種類はもちろんですが、調理方法や味付けが濃い物は太りやすくなってしまう

食事となってしまうので、魚を食べてるから太らない!!というわけではありません。

 

今の食生活で全く魚を食べないという人は、積極的に魚を摂るように食事の内容を

考えてみてください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・何をしても痩せない人

・年々体重が増加してしまう人

・痩せてもリバウンドしてしまう人

・脂肪をしっかりと落としたい人

・生活習慣と食生活を改善したい人

など、ダイエットで何かお困りの人はご相談ください。

 

他にも、不眠症・不妊症・生理痛・生理不順・貧血・目眩・動悸・

ニキビ・アトピー・アレルギー・ドライアイ・関節痛・頭痛・腰痛・

膝痛・痛風・胃腸虚弱・食欲不振・冷え症・むくみ・内蔵機能の低下・

免疫力・自律神経失調症・不安症・脂肪肝・生活習慣病・高血圧・便秘

など、お困りの症状がありましたらお電話やホームページの問い合わせにて

ご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 3F

〜京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜京浜東北線 桜木町駅より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045ー341−4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (35)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)