完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエットを行って痩せたけど、なんか老けた。。。?健康的に見えない間違った痩せ方とは?

2021.07.10

こんにちは( ´ ▽ ` )

KANPORO松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

ダイエット行ったことがある!!という経験がある人も多いかと思います。

しかし、ダイエットは辛い・苦しいというイメージが多く、途中で諦めて

しまう人も多いでしょう。

 

また、ダイエットを行って体重を落としても、頬がこけた痩せ方や体調を崩して

しまっては、それは正しいダイエットとは言えません。

 

せっかくダイエットを行うのであれば、誰から見ても健康的に痩せることや

痩せても体調を崩さないダイエットをしなければなりません。

今日は、間違ったダイエットによって老けて見られてしまう原因や

健康的に痩せるためには、どんなダイエットを行えば良いのか

載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • 痩せても老けて見られてしまう原因
  • 痩せても老けて見られてしまうダイエット方法
  • 痩せても体型が変わらない原因
  • 健康的に痩せる方法
  • まとめ

 

痩せても老けて見られてしまう原因

 

① 筋肉量が落ちてしまっている

 

筋肉量が落ちてしまうと内臓などが正しい位置をキープ出来ずに

重力に負けて下に落ちてきてしまいます。

顔の筋肉なども一緒で下に落ちてきてしまい、弛みの原因となるのが

老けて見られてしまう1つの原因と言われています。

 

② ストレス

 

無理なダイエットを行ってしまうことで、食べたい物を我慢して

食事量も好きなだけ食べることが出来ない食生活を送っていると

もちろんストレスはどんどん溜まっていきます。

 

ストレスを感じることで老け顔になりやすくなってしまいます。

 

③ 栄養不足

 

無理なダイエットなどによって食事を抜いたり、極端に食事量を

減らしてしまうことで栄養が偏ってしまうだけでなく、栄養不足に

なってしまいます。

美肌作りに欠かせない栄養も足りなくなってしまうので、肌はどんどん

老化していきます。

 

 

痩せても老けて見られてしまうダイエット方法

 

① 無理な食事制限によるダイエット

 

無理なダイエットは

・炭水化物抜きダイエット

・食事を抜く

・〇〇ダイエット(ex りんごダイエットやバナナダイエット)

・糖質制限

・野菜ダイエット

などのダイエット方法のことを言います。

 

無理な食事制限ダイエットを行ってしまうと、栄養が偏ってしまい

栄養が不足してしまいがちになります。

 

栄養が足りないと体調を崩しやすくなってしまったり、ダイエットが

効率良く行えなくなって痩せにくい体質に変わってしまいます。

 

一時的に体重は落ちますが、脂肪が落ちているわけではありません。

栄養が不足してしまい、筋肉量や水分量が落ちているだけになるので

不健康な痩せ方になり、老けて見られてしまいます。

 

健康的に痩せるには、バランスの良い食事を心がけることが大切に

なります。

 

② 運動を全くしないダイエット

 

運動を全くしないダイエットと言っても、無理にジムに通って運動したり

ジョギングを必ず行いなさい!!というわけではありません。

日常生活の中で掃除をしたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに

階段を使うようにする。などといった少しの工夫だけでも良いのです。

 

適度な運動も無くなってしまうと筋肉量が落ちてしまい、老けてしまう

原因になります。

 

 

ダイエットで大切なのは運動よりも食事です。

食べて痩せるというのは難しいことと、インターネットやテレビなど

からの情報が多いため、何が本当で何が嘘なのかわからずに、間違った

ダイエットを行ってしまっている人も多いかと思います。

 

そのダイエットの情報が正しいのかを判断しなければなりません。

 

 

痩せても体型が変わらない原因

 

ダイエットを行って頑張って痩せたけど、体型がほとんど変わらず、周りから

痩せたことに気付かれない・・・という人も居るかと思います。

 

人は3kg痩せることで見た目が変わると言われていますが、体重を落として

痩せたのに気付かれないのは何が原因になるのでしょうか?

 

ダイエットで一番大切なことは体重を落とすのではなく、脂肪を落とすことが

大切になります。

一時的に筋肉量や水分量などが減って体重が落ちたとしても、水分や食事を

摂ることで体重はすぐに戻ってしまいます。

 

見た目が変わる痩せ方は、体重よりも脂肪が落ちること

見た目が変わらない痩せ方は、筋肉量と水分量が落ちている

ことが原因だと言われています。

 

体重は数字ですぐにダイエットの結果が見れるので、効果がすぐに実感出来ますが、

ダイエットが終わってからリバウンドしてしまう人も多く、最終的には失敗して

しまう人がほとんどだと思います。

体重の数字だけを気にしすぎないようにすることも大切かと思います。

 

 

健康的に痩せるコツ

 

健康的に痩せるにはどんなダイエットを行えば良いのでしょうか?

 

① 体重を落としすぎない

 

1ヶ月に落として良い体重は人それぞれ異なって、

『その人の体重の5%まで』と言われています。

 

例えば、体重が60kgの人だとすると

60(体重)×0.05(5%)=3kg

となって、1ヶ月に落とせる体重は3kgまでとなります。

 

それ以上落としたいという人は、無理な食事制限や運動などで

痩せる人が多いため、リバウンドしやすくなってしまいます。

 

しっかりと栄養を摂りながら痩せているのであれば、それ以上落としても

健康には問題ないかと思いますが、食べないで栄養を摂ることは

難しいでしょう。

 

目標である落としたい体重にもよりますが、短期間で体重を落とそうと

しないで、長期間で無理せず体重を落とすことが健康的でリバウンドのない

ダイエット方法となります。

 

② バランスの良い食事

 

健康的に痩せるには食べて痩せることと言いましたが、どんな食事を

摂れば良いのでしょうか・・・?

それは『バランスの良い食事』です。栄養が偏ってしまっていることで

痩せにくくリバウンドしやすい習慣となってしまい、ダイエットが

効率良く行えなくなってしまいます。

 

簡単に言ってしまえば、バランスの良い食事は『和食』です。

主食がパンの場合は、おかずが少なく単品で食べてしまうことが多いため、

栄養が偏りやすくなってしまいます。

 

和食にすることで、ご飯やお味噌汁などの主食・主菜・副菜が揃いやすく

栄養バランスが摂りやすいと言われています。

 

③ 生活習慣を整える

 

生活習慣を整えることで痩せやすい体質を作りやすくします。

例えば

・早寝早起き

・朝日を浴びる

・夜更かししない

・ご飯の時間をズラさない

など平日・祝日関係なく、いつも通りに過ごすことも大切になります。

 

④ 適度な運動

 

ジムに通ったりジョギングなどを行ったりと、無理に身体を動かす必要は

ありませんが、日常生活の中で少し身体を動かす努力をするだけでも健康に

ダイエットを行うことが出来ます。

部屋の掃除を行うだけでもカロリーを消費出来ることと、部屋が綺麗になる

ことでダイエットのやる気にも繋がるので、ぜひ行ってみてください。

 

 

まとめ

 

せっかくダイエットを行うのであれば健康的に痩せたいと思うことは当たり前

なことかと思います。

正しいダイエットを行わなければリバウンドの原因になったり、体調不良の

原因になります。

 

ネットやテレビの情報などから、〇〇がダイエットに良いからと全ての

ダイエット情報を鵜呑みにしてしまうと、ダイエットが効率良く行えなくなる

こともあるので、情報が正しいかどうか慎重に判断するようにしてください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

・リバウンドを繰り返してしまう

・痩せられない

・運動が嫌いな人や苦手な人

・食生活や生活習慣を改善したい人

など、ダイエットでお困りの人はご相談ください。

 

他にも、皮膚炎・アトピー・ニキビ・アレルギー・花粉症・蕁麻疹・

頭痛・腰痛・関節痛・耳鳴り・不妊症・不眠症・坐骨神経痛・多汗症・

更年期障害・むくみ・冷え症・健康増進・身体がダルい・頻尿・胃腸虚弱

など、身体の不調がありましたらお電話やホームページからの問い合わせにて

ご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 3F

〜JR京浜東北線 鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急電鉄 京急鶴見より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR京浜東北線 桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン 桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (39)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)